« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月20日 - 2009年12月26日の7件の記事

2009年12月26日

‘暗い’お話は年内に

良くない話は年内に終えたい気持ちが日本人にはどこかにないでしょうか?
私にもそんな気持ちが有りまして、こんな話を今日はアップしたいと思います。

本年2009年の1月から11月までの国内の自殺者今年も人を超えてしまったそうで、このままでいけば昨年の322,249人も超す見込みだそうです
具体的には

  • 総 数⇒30,181
  • 男 性⇒21,566
  • 女 性⇒ 8,615

この数字は今年の交通事故死⇒約5,000人(内60%以上が65才以上の高齢者に比べると倍にもなる数字です

なぜこの記事を書いたかと言いますと、不名誉な記録ですがわが地域は県内ワースト3に入る自殺者が多いところで行政が頭を痛めていることの一つなのです。
もっと悪いことに他の市町村や県外からも“自殺者”が来ていて「なぜ?」と困惑しているわけです

ある心理カウンセラーが「自殺者ほど最後まで生きようとして戦っている人はいない」というのが有りましたが、どうかその戦いに勝利してもらいたいと願いたいものです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月25日

各省庁の役人曰く・・「たかが○億円」

私が購読しているメールマガジンに、良し悪しいろんな物議をかもしだしている「事業仕分け」をやっている民主党参議院議員「蓮舫(れんほう)議員」のも有ります
民主党内部の考えがよく分かるメルマガなので政治家の物としては面白いものです。

今回送られてきたメルマガの内容で、あの“事業仕分け”で蓮舫議員が役人に対し攻撃的なきつい口調になっていた理由の一つが分かった気がしました
それは呼び出されていた各省庁予算担当の“お役人”の答弁の中で全員に共通しているある言葉(言い回し)が頭にきていたようです

お役人の答弁その一
>「事業全体としては6億円程度ですが、その中の○○経費はたかが1億円です」

お役人の答弁その二
>「まだ詳細は詰めていませんが、見通しとしてはせいぜい2億円くらいかと・・」

続きを読む "各省庁の役人曰く・・「たかが○億円」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月24日

ロボットの警察官?

凄いニュースが流れましたね。アメリカのバージニア州で起きた人質を取っての立てこもり事件で、その犯人を説得というか、拳銃でひれ伏せさせて事件解決をしたのが「警察ロボット」だったそうです。

爆発物所持の可能性が有り危険な状態なのでロボットを使用したそうですが、アメリカですねえ

「爆発物処理ロボット」というのはかなり前から運用されていることは知っていましたが、
ロボットに拳銃を持たせて犯人に接触させ、事件解決に使用されるようになった事実、もう映画やアニメのSFの世界じゃ無くなったんですねえ

ロボットが誤作動して犯人を撃ち殺したり、もしくは人質に発砲する可能性が頭によぎった場合「恐怖」が先に立ち「投降」につながるのかもしれません

日本にもこ言うロボットが有るんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日

同じ・・76歳

今日は今上天皇(きんじょうてんのう)の76回目の誕生日で祝日となっていますね。
この天皇陛下は皇太子の際「憲法上の天皇のあり方」について少し意見を述べられ左派の人々からは物議が起きたことを思い出します

さて、福島県郡山市では先日殺人事件が有り、‘73歳の男性’が自宅前で亡くなっていた事件が有りました

その容疑者が昨日逮捕されたのですが、その容疑者の男性の年齢が天皇陛下と同じ“76歳”なんですよねぇ(本人は容疑を否認

「老老介護」という言葉が有りその辛い生活が問題になってますが、「老老殺人」の場合も辛いことです
ところが昨今はこの年代の犯罪や殺人事件が急増しているんですよね

交通事故も以前は一位で最も無謀運転をする年代と言われた18~25歳でしたが、これも70歳以上の方たちがこの年代の事故数(死亡事故)を追い越してしまっているわけです
そしてまた、これも高齢者同士の事故が目立つのです

続きを読む "同じ・・76歳"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月22日

北 限

わが村に隣接する福島県二本松市、そこにある「羽山897.1m)」と言う山は富士山が見える北限と言われています。

先月の4日(11月4日)伊達市にある福島県立保原高教諭「千葉茂樹さん」(福島市在住)は、その山頂付近から、富士山の写真撮影に成功したというニュースが報道されました。

その日の早朝は福島市、会津若松市で初霜と初氷が観測されるなど、放射冷却の影響で冷え込み、空気が澄んでいたのが撮影成功に繋がったようです。
こんな身近なところの県内で富士山が見えるのは不思議な気がします。

北限と言えば福島県の福島市は「ユズ生育の北限」と長年自負してきたのですが、現在はさらに北の宮城県でも栽培が可能となり、“北限”の座を奪われたようになっています。
その分、福島県いわき市ではミカン狩りが可能となり新たに「蜜柑の北限」になってきているようです

温暖化は産地の北限PRにも影響が出てきているようですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月21日

来年の干支(えと)は庚寅(こういん)

ここにおいで下さる方は毎年同じような記事を書いているのでお判りの方が多いと思いますが、来年の干支(えと)は“「虎」ではありません

西暦2010年・平成22年になる来年の干支(えと)=庚寅(こういん・かのえとら)」になっています。

  • 支の「干(え)」に当たる「十干(じっかん)」=庚(こう・かのえ)
  • の「支(と)」に当たる「十二支(じゅうにし)=寅(いん・とら)
  • 十二生肖じゅうにせいしょう)=虎(とら)
    ※、十二属相(じゅうにぞくしょう)とも言う

さらに陰陽道の「九星」が入ると「八白」、「土星」までを歳の名が入るようで
来年は<平成22年庚寅八白土星>という呼び方になるようです
※、九星⇒九紫・八白・七赤・六白・五黄・四緑・三碧・二黒・一白と毎年順に付けられているもので、十二支戸の組合せで36年周期で同じくなる

寅(いん)とは天文方位(時刻)の北東~東北東あたりになるようです。そこに虎を当てたのはまた別の意味が有るようです。

いずれにせよ寅(いん)は「陽」にあたり、庚(こう)は金の兄(かのえ)となりこれも「上昇期」に当たるようでして、来年は世の中が好転し始める年になるらしいです。

そうなるといいですね

続きを読む "来年の干支(えと)は庚寅(こういん)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月20日

運が悪い”と言うしかない

昭和35年(1960)の今日と同じ日の12月20日、日本では「道路交通法」(道交法)が施行されたそうです。
これを記念して毎年12月20日は<道路交通法施行記念日>に制定されているようです。

先週のことです。
真っ直ぐで片側一車線ながら大型車が楽にすれ違える広い道路、交通量は非常に少なく、ましてや歩く人などほとんど居ない田んぼ沿いの道路です。

そこをたまたまウォーキングしていた一人の女性がいて、そしてそこにたまたま通りかかった1台の車がいて、まっすぐで見通しも良く凍結も雨も降っていないのになぜか車は横転、その車は女性に向かって転がって行ったのです。
女性は車の下敷きになり死亡、運転手は軽い怪我で済みました

こんな不運なことが世の中には起きることが有るんですねえ。これは法などではどうしようもない、何か‘不可思議な力’に導かれたとしか言えません

こんなことが家族や身内そして自分自身に起きないことをがただ祈るばかりです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »