« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日の7件の記事

2010年1月 2日

紅白と箱根駅伝

年末のテレビ番組と言うと「NHK紅白歌合戦」が有名ですね。この放送が初めて行われたのは昭和28年(1953)だそうです。

正確に言うと、
NHKは昭和28年(1953)実験放送を実施、そして同じ年の12月31日に第1回本放送開始、その後は毎年の大晦日の恒例の歌謡番組「紅白歌合戦」としてテレビ放送になったようですので1月2日は記念日となるのでしょうかね

でも私にとっては1月2日と言いば「箱根駅伝」です。今年も最後の山登りで大逆転がおこりました。
わが郷土福島県出身の東洋大の‘山の神童’とも言われる「柏原選手」がまたやってくれました。
1位との差4分以上をひっくり返し、さらに2位に3分以上の差をつける堂々の「逆転往路優勝」は、鳥肌が立つほど興奮する走りを見せてもらいました。
それも、自分自身が昨年作った新記録を破る新たな記録まで作ってしまいました。

初春からいいものを見せてもらいました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 1日

庚寅、平成22年 元旦

Cocolog_oekaki_2009_12_30_21_09

今年もよろしくお願いいたします

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年12月31日

三十日(みそか)過ぎの大取り

「三十」と書いて「みそ」と読み、それに「日(か)」がついて「三十日(みそか)」と読ませる言い方は、やがて毎月の最後の日を指す言葉になり、一年の最後の日を「大晦日(おおみそか)」と呼ぶようになって何百年たっているんでしょうか?

その経過した年数分、大晦日、新年の言葉が繰り返されてきたわけです。

毎年、毎年「来年こそ良い年でありますように」、「新年は悪いことが起きませんように」と願いながら人々はこの日を迎えてきたのでしょう。

そう考えると「ただの一日」ではないようにも思わされます。Img_3004

しかし、我が家の猫どもを見ているとやっぱり「ただの一日」でしかないような・・・
食って眠って、いたずらして叱られ逃げて、腹が減るとまた甘えた声を出す

人生について「一休み・・」といった一休上人のことばが少し分かるような気もいたします

来年はみなさま良いお年でありますように

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月30日

御節(おせち)・・むかし、むかし

 むかし、むかしの大昔の京の都に「仁徳大王(16代仁徳天皇のこと)」という御方がおりました
(※、天皇という言い方はもっと後の時代から始まった。天皇の言い方が一般的になったのはさらに後の明治政府ごろか始めた言い方で、それまでは「みかど(帝、御門)という言い方だった

お正月になり帝は高楼(こうろう=物見用の高い見晴らし台のような建物)に上がり正月の下々の町の様子を眺めたそうです
帝は正月を祝って各家々からお節料理を作るため竈(かまど)から白い煙があちこちに上がる様子を想像しておったようですが、民家からは一筋の煙も上がっていなかったのです

そこで不思議に思い近従に「どうしたことか?」と尋ねたら
曰く「今年は不作で下々の者は煮炊きする 食べものが無いのでございます

帝はそのことにとても気の毒に思いこう命令を出したのです
正月に竈から煙が出ていない家からは税金を取ることを禁止せよ

庶民はこの心遣いに感謝したそうですが・・・・賢い者たちはこんなことを考えだしました

続きを読む "御節(おせち)・・むかし、むかし"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年12月29日

門松は、いつ飾る?

我が家では昨日お正月の供え餅を母が作りました。
作るのは臼と杵じゃなく「餅つき機械」ですので「ペッタン ペッタン」というものじゃなく「ゴ~オオン ゴオオ~ン」と独特のモーター音が響いておりました。
夜の食事はそのため餅になりました。雑煮餅に納豆餅をめいっぱい食べました

きょうは門松を作る予定ですがが、皆さんの家では門松など正月飾りはいつ頃飾るのでしょうか?

ものの本によれば極月(師走)に入って“年末大掃除が終われば飾ってよい”というのが基本形のようです
ですから昔は「12月13日のすす払いの日」を過ぎれば飾っていたようですが、現代はクリスマスを過ぎてからの飾り付けとなるのが一般的でしょう。

クリスマス飾りと正月飾りが並んでいる光景はスーパーなど店舗の陳列スペースぐらいでしょうね

さて、それなら「いつ頃がいいのか?」

続きを読む "門松は、いつ飾る?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月28日

御用納め、始まったのは明治だったんだ!

今日28日は公官庁など役所関係は「御用納め」となり、一部のところを除き1年の最後の“仕事納め”となりますね(28日が土日の場合前日の27日からになる
それに合わせて一般企業も明日から年末年始の休暇になるところが多いようです

「御用納め」、この言葉 考えてみれば江戸時代などの古い武家社会の言葉ですよね
それもそのはずです。
これが法的に「官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とする」と定められたのはまだ「戊辰戦争」によってできた膨大な借金に追われる政府は巨額の国債を大量乱発し、田舎ではまだちょんまげの人々もいた明治年(1873)なんですよね
今から130年以上も昔の話なんですねえ

実は現代日本の法律の基本「六法」も明治時代にできたものを修正しただけで、ほとんど変わっていないわけです。
だから法律用語は難しく複雑、そのため専門家の間でも解釈に微妙な違いが出てしまって、論争の元になっているんですよね

そんな難しい話は置いといて、いよいよ注連飾りなど飾りつけが始まる本当の年末ですね。
ここで風邪などひいたら辛いです。お互いに気をつけましょうね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月27日

「はぐれ刑事純情派」、最終回は二本松市

はぐれ刑事純情派」というテレビ朝日系列で毎週放送されている「藤田まことさん」主演で、その藤田まことさんがふんする横手中央署の安浦刑事を中心とする非常に息の長い人気刑事ドラマなのですが、ご存知でしょうかねえ?

このドラマの最終回が昨日の26日(土)の21:00から2時間以上のスペシャルとして放映されました。今回の内容は↓をクリックしてみて下さい
http://www.tv-asahi.co.jp/hagure/
ドラマの内容はすばらしい内容で最後には政界汚職まで暴きだす、いつもながらの面白いものでした

今回は主人公の安浦刑事(藤田まことさん)が無実の罪で追われる恋人と逃亡する青年を追いかけ生まれ故郷の福島県二本松市にやってきました。
そのためドラマの約6割方は私の見慣れた二本松市の風景や名所、店や川が出てきてそれも面白かったですね

ただし・・・・あまりにも知っているだけに「えっ!」というのも沢山ありました

続きを読む "「はぐれ刑事純情派」、最終回は二本松市"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »