« 変な説明 | トップページ | 亀の甲より年の劫・・「〒」 »

2010年2月 7日

参議院議員という職に提案・・と選挙経費

今年は参議院選挙が有りまして各政党、とくに自民党と民主党はすでに選挙の活動を行っています。わがそんないにも次期立候補予定者の“後援会ポスター”が立札になってあちこちに見られます。

参議院選挙が近づくと出る話題に「参議院て有る理由は?本当に必要なの?」ではないでしょうか。
そこで、私の独断と偏見的なことですが今考えられる参議院という職に対して提案できることをここに掲げてみたいと思います

どれか、賛同できるものは有るでしょうか?実際に起こりえるのが有るでしょうかね~

それではwink

  1. 参議院は全て無くし本会議場は国会開始などのセレモニーだけに使用する
    理由>選挙費用がかからなくなるし参議院本会議場は議長席などが取り外しができ天皇陛下の「国会開始宣言」などするように舞台状にできるようになっているので便利である
  2. 参議院は無くしてここを全国都道府県知事会の総会議の議場にする
    理由>各地方自治体の生の声が国会議員に「陳情」という形じゃ無く全国放送で要望意見をすることになり発言力の弱い県も宮崎や大阪、東京の知事のように言いやすくなるのではないか
  3. 参議院は残すが定数を半分にし任期を伸ばし、さらに選挙は1回に統一する
    理由>現在のように半数ずつ選挙をやるより1度に済まし、さらに任期を延長すれば選挙経費や議員の人件費が大幅に節約できる
  4. 今のままで維持するが議員報酬を減らす
    理由>これが一番手っ取り早い節約方法だと思うが、国会に来た日だけ報酬を出すというのも良いのかもしれない。これは衆議院にもあてはまるだろう
  5. 参議院にも衆議院とは別の議決権を与える
    理由>現在、すべての最終議決権は衆議院に有るため衆議院と同じ内容の論議質疑応答は二度手間、国家予算を使ってやる国会なら分業して別の立法案の議決権が有っても良い

この私の提案の基本には「選挙経費節減」に置きました

知っているでしょうか?昨年の衆議院選挙にかかった選挙管理委員会などの経費を・・・選挙管理委員会が配ったチラシ、事務費、会場経費、人件費、その他諸費の総額は全国合計で
683億円」になったのです
投票所・開票所だけの経費でも総額で「255億4800万円」となったようです。

これに政党助成金総額「320億」を加えれば<1000億円以上の税金>が選挙経費につぎ込まれたことになりました

定数が少なくてもそれほど違いが無い額の税金が今回の参議院選挙にも費やされるのは「もったいない」ような気がするんですよねgawk
それを踏まえての今回の提案ですが、だれか国会でこれに近い提案する議員はいないのでしょうかね

|

« 変な説明 | トップページ | 亀の甲より年の劫・・「〒」 »

コメント

政党政治一辺倒になった参議院は、いりません。
どの政党にも属さない県代表の識者47人からなる参議院、いかがでしょうかね~
もちろん権限は今より小さくなります。

選挙についてはお金が掛かるのです。
それなのにすぐに解散総選挙だと主張する人や政治家が多くいますが、これも賛同できません。

投稿: もうぞう | 2010年2月 7日 20:44

こんばんわ。
・「政党助成金総額金」を見て。
coldsweats02えぇ~、凄い金額ですね。

投稿: H.K | 2010年2月 7日 22:09

)もうぞうさん

その考えも良いと思います
本来は政党に属さないのが参議院と教育委員会だったのですが、変えられてしまいましたよね
 
 
)H.Kさん

すごいんですよ。

投稿: 玉井人ひろた | 2010年2月 8日 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/47486199

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院議員という職に提案・・と選挙経費:

« 変な説明 | トップページ | 亀の甲より年の劫・・「〒」 »