« 何か良いことあるの?・・・かな、2並び | トップページ | どんな風に通訳されたんだろう・・? »

2010年2月24日

争いとトラブルの元だ!

フィギアスケート、シンクロナイズスイミング、新体操・・・・これらのスポーツ選手は物凄い練習を重ね大会に臨みます。
そして鍛錬された技はすばらしいものです。

しかし、その優劣の差は上位選手ほど僅差ですし、微妙ですよね

そう思うのは、これらが「主観採点競技」という極端にいえば「好き嫌い」で点数が出てくるからです。ですから国内や国際大会でも「えっ!?」というのが必ず出てきます。

それを選手は「運が・・あった・・・無い」とか「もっと努力が・・・」とか記者会見では話しますが、負けた方は悔しいでしょう。

主観が入るスポーツをやっている選手はなんとなくですが、タイムなどで争う選手よりどこか平等じゃない気がします。

個人的な“主観”ですがねcoldsweats01

|

« 何か良いことあるの?・・・かな、2並び | トップページ | どんな風に通訳されたんだろう・・? »

コメント

もちろん審査員は一流でしょうし、場合によっては、最低と最高点を審査から外したりします。
それでも、場合によっては不公平感があるときもありますからね・・・

それと競技によっては、1回きりでメダルが決まる場合と、2回で、それも合計の場合とどちらか点数の良い方の場合もあります。
それぞれ言い分があるのでしょうがね~


投稿: もうぞう | 2010年2月24日 19:06

)もうぞうさん

国や個人の主観が入らないように対策は講じられていると思いますが、フィギアのように会場の雰囲気で少し数字に変動が有ったりとか、している気もするんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年2月24日 20:36

こんばんは。
確かにタイムなどで数字にはっきり出れば納得もできますがね~
>フィギアスケート、シンクロナイズスイミング、新体操・・・・では主観採点以外にいい採点方法はないものか?

投稿: やまちゃん | 2010年2月24日 21:50

)やまちゃん

それらの競技自体、人が体で作るアートですからね。
難しいでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年2月24日 22:05

今注目の女子フィギュアスケートもそうですね。
「キム・ヨナの得点が何故あんなに高いんだ?」なんてのはネットのいろんな所で目にします。
フリーで逆転してそういう疑問を吹き飛ばして欲しいと願います。
日の丸が2つ以上揚がって欲しいですね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2010年2月25日 08:36

私はタラソナは、もう古いとおもいます。彼女は自分では滑らないし、もう時代遅れです。浅田選手もコーチを代えてほしいなあ

投稿: 山口ももり | 2010年2月25日 09:19

)がんさん

ショートで1位の人がフリーでも1位になる場合はかなり確率が低いどころか、ほとんど無いのが国際大会のようですね。期待したいですね
 
 
)山口ももりさん

最近ロシアがメダルを取れないでいるところを見ると、そうなのかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年2月25日 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/47652400

この記事へのトラックバック一覧です: 争いとトラブルの元だ!:

« 何か良いことあるの?・・・かな、2並び | トップページ | どんな風に通訳されたんだろう・・? »