« まだ書いていなかった桜の話題 | トップページ | エコとボディー »

2010年4月27日

オートバイ免許に興味ありますか

暖かくなってバイクで走っても辛くない季節になりまして、乗る機会が増えました。で・・思ったんですよ。

Q、「原付バイクのサイドミラーはなぜ片方(一つ)だけでも違反じゃないのだろう?」
A、「50cc以下の原付は速度が速くない(法定速度30km.以下)ため後方視界が確保できれば両サイドに無くても違反とならない」(ただし左片方装着は認められない

ということのようでした。
でも、原付に乗っている人は分かると思いますが右サイドミラーだけだと左カーブのときはどんなにゆるいカーブでも右ミラーでは後方がまったく見えない状態で走行しているんです
これは法定速度30㌔で走行する原付にとって遥かに速い速度で背後に迫る普通車等の危険を察知できないためとても危険なんです(バイクは自動車のエンジン音もほぼ聞こえない)。

でも、左サイドミラーが有るとしっかり後方が確認できるのです

片方だけでいい原付もちゃんとオプションで左サイドミラーが装着可能になっているのですから、最初から標準ですべての原付に装着するように法律を変えても良いのではないでしょうかね。
単価的にもほとんど変わらないし、メーカーに義務付けしてもらいたいものです。

私は左に自分で買って取り付けています(純正品です)。安全確保が第一ですからね。

ところで・・・

これを調べているときに知ったのですが、二輪車の免許制度ってだいぶ変わってしまっていたんですね

私の知っている道路交通法では、自動二輪免許はまず小型か中型免許を取得し、その後一定期間をおいてから大型自動二輪免許を「限定解除」と言う形で取得していくもので、大型自動二輪免許証は非常に取得困難なものだという考えでいました。

そしたら現行道路交通法では自動二輪免許と言うのは「普通自動二輪免許(400cc以下)」、「大型自動二輪免許(400ccを超える)」に区分され、それぞれが独立して別々に免許取得する法律になっていたんですね。ですからあまり居ないそうですが、今は大型自動二輪をダイレクトで免許取得が可能になったんだそうです(実技試験は自動車学校で可能)。

つまり、こんな違反行為をするとこうなります

<旧道交法>

  • 普通自動二輪免許で大型自動二輪を運転した場合
    条件違反、違反点数=2点の加点

<現在の道交法>

  • 普通自動二輪免許で大型自動二輪を運転した場合
    無免許運転、違反点数=19点の加点、免許取消

これは、驚きましたよね。

この法改正はアメリカから「大型二輪免許が取り難く、大型バイクが売れない」と圧力がかかって改正されたんだそうです。
いかにも日本政府らしいですねhappy01

もう一つ驚いたのは無免許運転て19点も加点されることです。
知っていましたか?皆さん気をつけましょうね

ついでですから、過去無事故無違反の人が違反した場合の違反点数別行政処分表を掲載しておきましょう(見たくないでしょうけど・・)

  違反点数   行政処分    処分期間
 1~  無し  反則金
  6~8 免許停止  30日
  9~11  〃  60日
12~14  〃  90日
15~24 免許取消   1年
25~34  〃   2年
35~39  〃   3年
40~44  〃   4年
45~49  〃   5年
50~54  〃   6年
55~59  〃   7年
60~64  〃   8年
65~69  〃   9年
70点以上  〃  10年

※、免許停止処分には<30日、60日、90日、120日、150日、180日>の6段階の日数が有る

上記はあくまでも過去に無事故で無違反であった場合のみの基準です。

|

« まだ書いていなかった桜の話題 | トップページ | エコとボディー »

コメント

「米国の植民地」だの「属国」だのと自嘲していたかと思えば最近は「屈中政治」という言葉も耳にするようになりました。
これも戦後の自虐史観のなせる業でしょうか。
恫喝されると検証も反論もせず、ただ「ごめんなさい」と謝って金を差し出す…。
情けないですね。
日本が独立国家の体を成していないことにこの国民は疑問も怒りも覚えないのでしょうか…。

投稿: がんさん@大和の国 | 2010年4月28日 11:06

)がんさん

大型自動二輪がほんの少しとりやすくなったのはいいことですが、改正理由が外交経済圧力と言うのがいただけないですね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年4月28日 12:21

私は夢の中で何度か大型自動二輪の無免許をしていますがhappy01・・・バブルの頃だったでしょうか、一時期アメリカのお陰で(笑)日本のバイク人口が増えました。しかしYH戦争(ヤマハとホンダのバイクの性能を競争)でも解るようにアメリカのお陰で儲かったのは日本のバイクメーカーだった様に思います。安くて速くてかっこいい、日本のバイクにはとてもハーレーは追いつけなかった様に思います。プラザ合意でも日本は打撃を受けましたが、結局そのお陰で日本のコストダウン力がUPし、度重なる逆境をも乗り越えられる力を手にした企業もあり、ある面得をしたのは日本の大企業側であったようにも思います。しかしそういった圧力への対策の一環が、現在の日本の雇用制度の悪化に繋がってしまったのは企業の堕落の様な気もしますが、何はともあれ、多くの国民の精神が変わらなければ何をやってもダメなのではないでしょうか。・・・次の夢では自動二輪車に乗らないように気をつけます。coldsweats01

投稿: HAPPY太郎 | 2010年4月28日 23:41

)HAPPY太郎さん

夢くらいはいいでしょう。
イージーライダーがヒットしたあのころ、ハーレーはベテラン職人の手作りにこだわっていましたから日本の合理的生産に負けたんです。
第二次世界大戦のときの戦闘機製造の仕方の逆をやったわけです。
戦闘機のリベンジをバイクが行ったというところでしょうか

投稿: 玉井人ひろた | 2010年4月29日 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/48197790

この記事へのトラックバック一覧です: オートバイ免許に興味ありますか:

« まだ書いていなかった桜の話題 | トップページ | エコとボディー »