« 今月の‘クルマ川柳’より | トップページ | 自然の摂理・・というものです »

2010年6月20日

ものすごく異様な公益法人団体

まず下記の文章をしっかり読んでみてください

日本相撲協会の目的と運営
財団法人日本相撲協会は、公益法人として自らの寄附行為とその細則により運営されています。
我が国固有の国技である相撲道を研究し、相撲の技術を練磨、その指導普及を図るとともに、これに必要な施設を運営しながら、相撲維持発展国民の心身の向上に寄与することを目的としています。なお、協会の運営は理事会の決議により決定いたします。
日本相撲協会公式サイトより引用

※、「公益法人」とは社会公共の利益を図ることを目的とし、営利を目的としない法人プリタニカ大百科事典より引用

大相撲を運営する日本相撲協会は「公益法人」であったことをどのくらいの日本人が知っているでしょうか?ほとんどいないと思いますし、どう見たって「営利法人」です

協会が公益の法人だと知っていたら「朝青龍」についての「品格が無い」というバッシングに対し、「それほどのことじゃない。かわいそうだ。プロなんだから普通」などという言葉は出なかったかもしれません。

だって協会の目的である「国民の心身の向上に寄与」とは違った行動をやっていましたからね

そして今回の賭博問題、社会公益を目的とする日本相撲協会はいかなる対策を、いかなる思いでやるのでしょうか?難しいよ

ちなみに

Jリーグ日本プロ野球は「特例財団法人」というもので、簡単に言えば「公益法人」に近い「営利法人」だそうです

|

« 今月の‘クルマ川柳’より | トップページ | 自然の摂理・・というものです »

コメント

こんばんわ。
ここまで「賭博問題」が酷くなった以上は、厳しく罰則を与えるべきだと思いますね。
これが無い限り、「相撲人気」も危うくなると思いますね。

投稿: H.K | 2010年6月20日 22:02

)H.Kさん

もしかすると存続問題まで発展しかねないです

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月20日 22:30

**法人、多いですよね。
最近では横文字も・・・
日本相撲協会はプロ野球などとは違う気はしたんですが、やっぱりね~

投稿: もうぞう | 2010年6月21日 08:28

相撲の各部屋をある一定の資金を持った企業がスポンサーになって運営すれば良いのではないでしょうか。国民の心身向上という意味では野球、サッカー、他の武道、スポーツも同列ではないかと思います。有名企業がスポンサーとなればブランドイメージの観点から今よりもマナーは良くなるのではないかと思います。今回の賭博問題は相撲協会の対策を待つのではなく、文科省管轄から一時的、または恒久的に外し公益団体の認可も取り消す方向から解決した方がより良い解決になるのではないでしょうか。もちろん賭博に関与した力士は個々に公序良俗に従った法的措置をしなければならないと思います。

投稿: HAPPY太郎 | 2010年6月21日 09:00

お相撲って、どうも最近の日本人には会わないのかもしれません。だって、みんなガリガリに、これでもかこれでもかと、瘠せたがってるんですもの。維持していくのはむつかしいんでしょうねえ。

投稿: 山口ももり | 2010年6月21日 09:36

また相撲界が問題を起こしていますね。
あれは特定の誰かじゃなくて全体の問題として捉えた方がいいのでしょうね。
ああいう一般社会と隔絶した封建的な社会は腐り易い体質でもあるのでしょう。
公益法人格を与えた側も、ちゃんと公益法人に相応しい活動内容になっているのかチェックする必要があるのではないでしょうか。
「日本の国技」と自負するなら、自分達の精神もそれに恥じないものであって欲しいですよね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2010年6月21日 11:35

)もうぞうさん

「国技」とされていることで他のプロスポーツとは一線を引いているようですが、その線があやふやのようですね
 
 
)HAPPY太郎さん

ある人によればこういう法人の場合役員の3分の2以上は部外者から選ぶのが通例だそうで、100%元力士がやっている相撲協会は異常だそうです
 
 
)山口ももりさん

いろいろな意味で苦悩する相撲協会ですね
その改革の一つが貴乃花親方の初理事当選があったんですが、まだ効果はないようです
 
 
)がんさん

100%元力士で運営していることを変えるかもしれませんね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月21日 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/48679812

この記事へのトラックバック一覧です: ものすごく異様な公益法人団体:

« 今月の‘クルマ川柳’より | トップページ | 自然の摂理・・というものです »