« 自然の摂理・・というものです | トップページ | 携帯電話は‘寒いのがお好き’?! »

2010年6月22日

電力会社のホームページに無いもの

昨日の夜9時ちょっと前に突然停電がありました。「なんだ!?」とウロウロしているうちに直ぐに電気が点いたのです。
その時間、たぶん1~2分くらいだったのかもしれませんが、「いったい何が原因だったのだろう?」と、気になるものです

一瞬の停電なのでわざわざコールセンターに電話するのも面倒なので東北電力のホームページにアクセスすれば電話会社みたいに“○○時ごろ・・がありましたが現在は・・・”みたいな何らかの掲示がなされているのではないかと覗いてみることにしました

いざ、東北電力のサイトにアクセスしたら「今日の停電情報」とか「今週の停電情報」などといったものが無いのです。
それどころか「電力トラブル情報」そのものがまったく無いのです(落雷等の古い情報は有る)

どこのサイトでも「緊急情報」とか「トラブルのお知らせ」とかは有るのが常識だと思っていた私はサイト内をキョロキョロしてしまいました。

東京電力も同じだとか・・・「電力会社って競争相手が無いからこういうのは必要ないのかもしれない」なんでしょうかね。不親切ですね

それとも、見落としたかな?

|

« 自然の摂理・・というものです | トップページ | 携帯電話は‘寒いのがお好き’?! »

コメント

私の地域で停電と言うのは落雷の時のみと言っていいほどですので、停電原因が分からないと言う事はこの地域ではまずないと思います。落雷で長い停電が有ったりすると「昨日の停電は長かったねー」と雷の激しさを語り合って終わりですね。のんきな人間が多いんでしょうかねhappy01

投稿: HAPPY太郎 | 2010年6月22日 16:12

)HAPPY太郎さん

私のところでは、落雷、交通事故、生き物が電線でショート、強風、倒木、トランストラブル、電気工事、火災・・・その他いろいろと要因があります

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月22日 18:52

滅多にないからなのか?
独占企業だからなのか?
でも大災害時などは、公表して欲しいですね。

投稿: もうぞう | 2010年6月22日 20:21

)もうぞうさん

そういうのはやっているようですね。

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月22日 21:41

この記事を読んで思い出したのですが、数年前に母が近くの医院で狭心症と診断され、大きな病院で診て貰おうと大学病院に行きました。
すると、担当医に『医院の紹介状が無ければ診ない』と追い返されたのです。
その大学病院のホームページの循環器科にはそのような記述が一切無いにも関わらず。
私が直接その医師に電話をして、『そんな記述は無いし、シンドイ思いをしながら行った年寄りを追い返すとはどういうことか』と糺すと、『そういう決まりだ』のひと言。
頭に来たので苦情係のような所にも電話して『このような対応をされたが、そちらのホームページにはそのような記述は無い。それが規則ならちゃんと明記しろ!』と言ってやりました。
暫くして覗いてみるとその文言が追加されていたのですが、情報というものはきちんと全てが伝えられなければ意味が無い場合も多いんですよね。
全ての職業はサービス業です。
競合が無いからと言ってサービスの質を追求しないのはどうでしょうね…。

投稿: がんさん@大和の国 | 2010年6月23日 10:43

)がんさん

企業のホームページは宣伝効果と言う目的もあると思いますが、その企業のより詳しい情報を伝える場でなければ意味が無いと思いますね。
それが電力や医療など人の生活に直接関係してくるところはなおさらだと思います
そうでなければパンフ1枚で済みますから、ホームページなんか要らないですよね。

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月23日 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/48688441

この記事へのトラックバック一覧です: 電力会社のホームページに無いもの:

« 自然の摂理・・というものです | トップページ | 携帯電話は‘寒いのがお好き’?! »