« ものすごく異様な公益法人団体 | トップページ | 電力会社のホームページに無いもの »

2010年6月21日

自然の摂理・・というものです

今の季節花がいっぱい咲いていますよね。そうすると蜜を集める蜂たちは大忙しで飛び回り満開の花の傍では羽音がものすごい。

我が家のサルナシの花が近年になく満開となりました。ところがこの木はキウイと同じマタタビの仲間ですから満開の花は葉の下に隠れて咲いています。

下からもぐって撮影しようとしたら蜂たちも飛んできて下向きの花にとまり蜜集めをしていました

Img_0085

一匹の蜂がまさにその最中かと思ったら・・・

よく見るとフォトのように花の中で待っていた「カニグモ」に捕らえられ息絶えた状態でした。

自然の摂理では有りますが、あまり心地よい光景ではないですね。

この通称ハナグモの仲間は見えないのでウッカリ手等を噛まれることがあります

そうすると、けっこう強い毒をもっているので激痛を伴いますから注意が必要ですね

|

« ものすごく異様な公益法人団体 | トップページ | 電力会社のホームページに無いもの »

コメント

蜘蛛は大嫌いですね。殺虫剤を持っていれば必ず殺します。手で触れません。靴を履いて足で踏むのも嫌ですね。私の地域にすむ大人しいヤマガチの方がまだましかも知れません。

投稿: HAPPY太郎 | 2010年6月22日 02:53

ホント、自然ってそんなに単純に愛せるってモンじゃないですよね。そんな蜘蛛のことは初めて聞きました。

投稿: 山口ももり | 2010年6月22日 07:26

)HAPPY太郎さん

あまり好きな人はいないようですね
 
 
)山口ももりさん

この蜘蛛は糸を出して蜘蛛の巣を作らず、こうして獲物を待っています。
とても走るのが速いんです

投稿: 玉井人ひろた | 2010年6月22日 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/48687253

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の摂理・・というものです:

« ものすごく異様な公益法人団体 | トップページ | 電力会社のホームページに無いもの »