« 不束者(ふつつかもの) | トップページ | “乱暴・危険な運転”の見本のようだった »

2010年10月31日 (日)

外来語は‘カタカナ’ばかりじゃない

最近はやたらカタカナの言葉が多くて一般人には分かり難いというか。なじめないことが多いですね

<田舎のおっさんのつぶやき>

どうも最近はやたらとカタカナの言葉を使う政治家や評論家とかテレビ(←和製英語)出演者というのが多くてまいっちゃうよな
なんだか政治家の先生もテレビに出るときは映りが良くなるようにって役者みたいに顔にドーラン(←ドイツ語)ていう練り白粉 塗るんだって?・・笑っちゃうな。

政治家でもピン(←ポルトガル語)から切りまであるんだろうけどさ、金使って和服の襦袢(←ポルトガル語)が綺麗な芸者とかと遊んで、うまい天ぷら(←ポルトガル語)食ってる政治家がの野郎には如雨露(←ポルトガル語)で頭から水でもかけたいね

そんな酔いつぶれた政治家でも秘書かなんかにおんぶ(←ポルトガル語)され「先生しっかりしてください」なんて運んでもらえるんだろうな
何か報道でデマ(←ドイツ語)でも流されないもんかねえ

雨降ったら、降ったで高級車でお迎え、それに引き換え俺たちは合羽(←ポルトガル語)着て外出の作業だ
夕飯にバーゲンのイクラ(←ロシア語)があったら贅沢品だ。これじゃ張り合いが無くてさぼり(←フランス語)たくなってもしょうがないだろう

だれか、金の無い俺にカンパ(←ロシア語)してくれないかな~。と、言いつつきょうもコップ(←オランダ語)酒だ。面子(←中国語)もあったもんじゃない

選挙じゃなく、毎回有権者全員にアンケート(←フランス語)ていう、俺でも知っているカタカナ語のをやってみるのもいいんじゃないかな~

さて、ここまでの小話の中に出てきた“外来語”の内、どのくらい外来語と知っていたでしょうか?参考サイト「日本語の中の外来語」http://eigo.be/expressions/katakana.htm

外来語は本来「カタカナ表記」ということになってきましたが、すでに日本語に溶け込んで漢字にまでなっているものは、もう外来語じゃなくなっていますね。

動植物にもそういうのがたくさんあり問題になっているのもありますが、そのうち言葉のように溶け込んでしまうのでしょうね

ハブの天敵マングースと同じく猫がネズミ駆除のために輸入された天敵用外来動物であるなんて誰も思っていないですよね。

|

« 不束者(ふつつかもの) | トップページ | “乱暴・危険な運転”の見本のようだった »

コメント

>バーゲン
確かこれもドイツ語ですね、ワーゲン・ビートルのワーゲンをドイツ語読みするとバーゲンになると思います。
ワーゲンは一般大衆車の意味だったと記憶していますね。故に安物といった意味で使われ出した思いますが・・・。
分からなかったのは、ドーラン、ビン、如雨露、おんぶ、合羽、イクラ、さぼり、カンパ、コップ、アンケートですね、コップはカップ(英)の訛りかと思っていました。

ドーランを塗るのはケネディーが最初だったと思います。当時TVが普及しこの影響を重視したケネディーはドーランによって顔色を白く見せて人相を良く見せ、宿敵ニクソンに勝利したとも伝えられていますね。政治家にとってドーランは必需品のようです。

カタカナ表記は、一体どこまで一般的に通用するのか、また、一般的になっているのかと言う事が気になりますね。あまりカタカナ語を出し過ぎるといかにもインテリ(確かロシア語のインテリゲンチャ)の様な嫌みを与えてしまい、また、一般的に通用しているカタカナ語を日本語で話すと、無学のように思われはしないかと考え、どうも話しをするのに気を使ってしまいますね。

投稿: HAPPY太郎 | 2010年10月31日 (日) 18:53

HAPPY太郎さんへ

外来語も直ぐに日本語で説明できる知識があれば一番言いのですが、そうもいかないし山椒のようにピリリとするくらいに使うのがよろしいかと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月31日 (日) 19:16

これで思い出すのが、たばこです。
タバコとも煙草とも書きますが、横文字ではtabacoと表記します。
やっぱり外来語?

投稿: もうぞう | 2010年10月31日 (日) 19:40

もうぞうさんへ

文中でリンクしているサイトにもありますが、
タバコ=ポルトガル語ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月31日 (日) 21:59

こんばんわ。
へぇ~、外来語って、それぞれ違った国の語があるなんて、知りませんでしたね。

投稿: H.K | 2010年10月31日 (日) 22:02

H.Kさんへ

外来語とはそういうものですよ

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月 1日 (月) 07:43

うわ~、たくさんあるだろうな~とは思っていたけれど、『ぴんからきりまで』の『ピン』がポルトガル語だなんてビックリです。
この言葉は、片方がポルトガルで片方が日本語で出来上がっている言葉なんですね。
玉井人さん、いつも勉強になります。

投稿: サンちゃん | 2010年11月 1日 (月) 09:18

サンちゃんへ

ぴん」は知らなかったですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月 1日 (月) 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外来語は‘カタカナ’ばかりじゃない:

« 不束者(ふつつかもの) | トップページ | “乱暴・危険な運転”の見本のようだった »