« ところ変われば品変わ・・り過ぎ | トップページ | 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” »

2010年10月18日

日本と中国の報道の仕方=似過ぎ!

今朝の朝刊を読んでいて、日本と中国の‘政府の対応の仕方、報道の仕方’、全てが協定を結んでいるかのようにそっくりなのには驚きました。

日本国

  • 政府>日本国民は中国のようにいたずらに過激な行動をつつしみ冷静になって貰いたい
  • 報道>中国ではデモ隊が反日の過激な行動を至るところで起こしているところの映像を放送し中国人を批判する記事を掲載
  • 日本での反中デモ隊の様子は国内テレビではほとんど報道されていない

中華人民共和国

  • 政府>中国人は日本人のように過激な行動をつつしみ冷静に対処願いたい
  • 報道>日本では右翼を中心に大規模な反中デモが行われ在日中国人が危険にさらされていると言う記事を掲載
  • 中国では反日デモ隊の様子は中国国内ではほとんど放送されていない

これは面白いですよね。欧米から見た「本当は日中はとっても仲が良いんじゃないの」と言われそうです

日本のマスコミは「中国の警察はデモ隊を止めようとせず傍観していた」と言う批判記事も載せましたが、日本の警察も日本国内の反中デモを遠巻きに監視していたのは報道していません。警察は壊したり被害を出さない限り日本も中国もデモ隊には手は出せないのは常識でしょうに、どこまで曲げて報道すれば気が済むのであろうか?

ところで、石原慎太郎氏が日本について面白い募集をしていましたのでご覧ください。

  1. 日本皇国
  2. 大日本帝国
  3. アメリカ合衆国日本州
  4. 日本官僚社会主義連邦共和国
  5. 不良外国人犯罪コンテスト実施場
  6. ニッポンマゾヒストジャパン
  7. 日本国(ひきこもりsince1945)
  8. 中華人民共和国日本省
  9. アメリカのアメリカによるアメリカのための統治により無責任天皇制(天皇を象徴とし、誰も責任をとらなくてもいいようにごまかすことのできる体制)を受け入れることにより自らを経済活動に傾向することによりごまかして来たが破綻し、その矛盾に耐え切れなくなり、実は反省していない戦争の惨禍に向かって歩む、アメリカを宗主国とする、特定の宗教に加担することはないことを宣言する日本社会自由民主共和国
  10. サービス残業国家日本国
  11. 以下は次のサイトへhttp://www.sensenfukoku.net/invite/name_b.html

どうですか?この日本名の数々・・中国人にも募集したらどんな名称を出してくるんでしょうかね。

デモ隊がかげるように「小国日本」が1位でしょうね。

中国のデモ隊は大多数はただ面白がっている参加者だそうですが、そのデモ隊のプラカードを持っていた人に一言。

総理大臣は小泉総理じゃないよ!そこ直して」 何人も変わって覚えられなかったんでしょうが、どうか、そこんとこよろしく!

|

« ところ変われば品変わ・・り過ぎ | トップページ | 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” »

コメント

まさかって?思いましたが、
なるほどね~
納得です。

投稿: もうぞう | 2010年10月18日 20:54

もうぞうさんへpencil

本当は日中政府は‘仲良しこよし’なんだと思いますよ

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月18日 21:43

う・う・・・・ん・・・
「ニッポンマゾヒストジャパン 」が妥当でしょうか??
菅さん、オドオドしすぎです。結局日本人が怖い。中国が中国人を怖がってるとこまで同じです。

投稿: 山口ももり | 2010年10月19日 18:28

山口ももりさんへpencil

理性の無くなった集団は、どこの民族も恐ろしいと言うことです

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月19日 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/49779256

この記事へのトラックバック一覧です: 日本と中国の報道の仕方=似過ぎ!:

« ところ変われば品変わ・・り過ぎ | トップページ | 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” »