« 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” | トップページ | 他県の人は知ってるかな?「ゼビオ」 »

2010年10月20日

アイドリングストップが招いた多重事故

JAF機関紙の‘JAF Mate’今月号に「●●エンジンを切ると、車は・・・●●」というタイトルのページでエコドライブの一つ「信号待ちなどのアイドリングストップ」を常に実践していたあるドライバーの多重事故についての記事が掲載されていました。

{事故のあらまし}

今年の6月、静岡市内の道路、事故を起こすことになるATの軽自動車のドライバーを仮にAさんとしておきましょう。
Aさんは前方が渋滞になったため下り坂の途中ブレーキを踏んで停止、そしていつものようにシフトを(ニュートラル)にしアイドリングストップのためエンジンを切ったOFF)。
そしたら前の車が動き出したのであわててエンジンを始動しようとしたが、エンジンがかからない。
エンジンがかからないまま動く車は、当然ブレーキは利かずハンドルもほとんど回せなくなる(重くなる)ため前にいる6台の車に次々とぶつかりながら進み、最後の7台目のトラックに追突してようやく止まった。
以上のような事故である。

静岡の担当した警察署の発表は
Aさんの軽自動車はブレーキを踏んでいないとエンジンをかけられないシステムのだったが、あわてパニックを起こしたAさんはブレーキから足を離していた(踏み忘れた)という単純ミスAさんはブレーキを踏んでいたかどうか記憶に無いと言うが招いた事故である。

以上のように結論付けた。

この文章を基にJAFの記事は専門家の言葉を借りこう注意を促していました。

専門家「モータージャーナリスト 菰田 潔氏」の意見

  • 信号待ちのたびに毎回エンジンを切るという行為は、
    誤操作が起きやすい
    右折の場合はウインカーが消えるので交通違反になる
    もしエンジンOFFで追突された場合エアバックも作動しない
    ・・・など、危険なことが多くなるので、短時間の信号待ちなら危険を回避するためエンジンを切るのはやめたほうが良い
  • 今回の事故のように、下り坂では大事故になりやすいので特にアイドリングストップは控えた方が賢明である

以前JFAが調べた結果で、「AT車は信号待ちのさいエンジンを切らないでDレンジのまま停止したほうが燃費が良い」というデーターがありましたよね

この記事をみて私が最初にとった行動が想像できますか?
私は直ぐに愛車のセレナに向かい。レンジでのエンジン始動がどうなっていたか調べました。
そしたら、私のはレンジではブレーキを踏んでいなくてもエンジンをかけられることが分かりました。
ちょっと安心したような、しないような・・・

ところで、話は戻り変わりますが・・・
この事故の記事で気になっているところが有ります、それは警察の判断です。
「事故はエンジン始動のときブレーキからAさんが足を話していたミス・・」と断定していますが、変だと思いませんか?

下り坂でサイドブレーキも引いていない状態それでドライバーがブレーキを踏んでいなかったなんて考えられませんよね。踏んでいなかったらとっくに走り出しています。

これは正確に言うと、ブレーキを踏んだ状態で一旦エンジンをOFFにするとブレーキセンサーもOFFになります。
そのブレーキセンサーOFF状態のままでブレーキを踏んでいたため、機械は“踏んでいない”と判断したためにエンジンが始動しなかったというほうが正しいと思います。
つまりこの場合、走り出したときにキーをONにしたときに“ブレーキペダルを踏みなおせば”センサーが働いて、エンジンが始動したんだと思います。

ところが下り坂で走り出した車を必死に止めようとするAさんは怖くてブレーキから足なんか離せず、踏み続けてしまったので事故になったんだと思います。

警察は一方的に悪い場合のドライバーの話は信じない人種ですからね~「踏んでいた」と、言っても絶対信じないでしょうが・・

警察の交通かは・よ~く調べたのかい?疑問だ

|

« 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” | トップページ | 他県の人は知ってるかな?「ゼビオ」 »

コメント

ほんとですね。
最近のクルマは、ほとんど電気的(電気式)に作動するようになっていますからね~
ハンドル・ブレーキなどめっきり効き目が弱い。またはまったく効かないこともありえますよね。

投稿: もうぞう | 2010年10月20日 19:37

もうぞうさんへpencil

メーカに言わせれば「動く」というんですが、電気的アシストの無くなった自動車のハンドルは動きませんよね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月20日 19:43

私は車の運転もできないんですが・・・大体安全装置がかえって、機器の寿命を短くしたり、操作ミスでとんでもないことが起こったり・・・肝心の判断は人間自身がするべきです。とは、メカオンチの古い人間が思うことです。

投稿: 山口ももり | 2010年10月22日 08:22

山口ももりさんへpencil

最終的にはドライバーたる人間が大事なんですよね。
ところが、その人間のやることが近い将来もっと減ることは間違いないです

投稿: 玉井人ひろた | 2010年10月22日 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/49797573

この記事へのトラックバック一覧です: アイドリングストップが招いた多重事故:

« 留学生驚愕の日本の“変わった習慣” | トップページ | 他県の人は知ってるかな?「ゼビオ」 »