« エコポイント、もらえないかもしれない! | トップページ | 地デジだと、テレビ局が二つになる?! »

2010年11月30日

イギリスの「ウィキリークス」

イギリスの内部告発サイトを運営する、なんなんでしょうか?アメリカの外交機密文書を次々に暴露していますよね。

英BBC中国版放送>

「ウィキリークス」によると、
韓国外交通商省次官の「千英宇(チョン・ヨンウ)氏」が、アメリカのスティーブン韓国大使に「○○」という中国の高官から「朝鮮半島は韓国が統一すべきである」と、いう話をされたことを打ち明けた事実があったことが明らかになった

今日のNHK放送>

「ウィキリークス」によると、
「わが中国は日本の国連常任理事国入りに反対である」ということをアメリカに伝えていた事実が発表された

なんと言うメディアでしょうか。全部情報元はアメリカなのですが、どういうやり方で“機密文書”が流れているのでしょうか?

日米ともこのサイトを非難するコメントを出しましたが、簡単に流しているアメリカの内部をもっとしっかりさせることが大切でしょう。

しかし、外交とは「秘密の塊」とよく聞きますが本当なんですね

|

« エコポイント、もらえないかもしれない! | トップページ | 地デジだと、テレビ局が二つになる?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/50174846

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの「ウィキリークス」:

« エコポイント、もらえないかもしれない! | トップページ | 地デジだと、テレビ局が二つになる?! »