« オランダ“SAKE” | トップページ | エコポイント、もらえないかもしれない! »

2010年11月28日

ふくしま県内大流行中の“感染性胃腸炎”

現在、福島県内では「感染性胃腸炎」と言うのが2年ぶりの大流行の様相を呈してきていまして、県等が注意を呼びかけだしました。

わたしは、これに数年前になった事がありその酷さ、苦しさ、辛さ、地獄を経験しました(ロタウイルス感染)。
症状が非常にコレラに酷似した病気で、もう~絶対忘れることができない病です。
それに、コレラのように死者もでる油断できない病気ですが、これといった有効な薬が無いというのも怖い病です

どんなものか、県の保健所が出している説明を記載してみます

<感染性胃腸炎の基礎知識>

(1)原因
 細菌を原因とするもののほか、ノロウイルスロタウイルスなどのウイルスを原因として感染するものが大部分で、特に冬季に多く発生し、人から人へ感染する場合と食品から感染する場合がある。

(2)症状
 吐き気、おう吐、下痢、腹痛、発熱、ほとんどの場合1~2日で症状は治まるが人によって長引く場合もある。
ただし、症状は治まっても、1週間程度あるいはそれ以上にわたってウイルスの排泄が続くことがあるので、直接食品を取り扱う業務に携わっている者は仕事を控えることが必要

(3)潜伏期間
 感染してから通常1~2日で症状があらわれる。

(4)感染経路
このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられている。

  1. 汚染されていた貝類を、生あるいは十分に加熱しないで食べた場合
  2. 食品を取り扱う業務に携わっている者からの場合
  3. 家庭での調理を行うさいに食品から感染する場合
  4. 患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便やおう吐物から人の手などを介して二次感染した場合
  5. 家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合
  6. ノロウイルスに汚染された井戸水などを消毒不十分で摂取した場合

(5)感染性胃腸炎にかかったと思ったら
 
おう吐や下痢等の症状がある者は、早めに医療機関を受診。
特に、小さなお子さんやお年寄りのかたは、下痢やおう吐で脱水症状を起こすことがあるので、水分の補給を心掛けたい。
現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤は無いため、通常医療機関では、点滴などで脱水症状をとるような対症療法が主になる
 

<感染予防のポイント>

(1)手洗い・うがいの励行
  感染予防の最も有効な対策は手洗いです。トイレを使用した後や調理の前、食事の前には、必ず手を洗う

(2)おう吐物・便の処理
 おう吐物や便を処理するときには、使い捨てのマスクと手袋を着用し、おう吐物や便が飛び散らないようにペーパータオルなどでしっかりとふき取る。
なお、処理の時は、吸い込まないように、ビニール袋などに入れ、外に漏れないように袋の口を縛ってから捨て、おう吐物や便のあった場所は、うすめた塩素系消毒剤ペーパータオルなどにしみ込ませて拭き、さらにその後水拭きをするとよい

(3)消毒薬の調整
 ノロウイルスには、消毒用アルコールは効果があまり無い
そのため、次亜塩素酸ナトリウム(市販品名:ミルトン・ピューラックス・ハイターなど)で、塩素濃度が0.02%以上になるようにして使用。
家庭用漂白剤の場合は約200倍程度に希釈して使用。
希釈の目安としては、1000mlのペットボトル1本にペットボトルのキャップ1杯(約5ml)の塩素系消毒剤を入れる。
市販品は含まれる塩素濃度が異なるので、よく確認して希釈する。

子供たちがかかることがほとんどですが、この次期残業で疲れたり風邪などをひき体が弱って免疫力が低下している大人がかかると、私が経験したように地獄の苦しみを味わうことになります

十分睡眠時間をとったり、水分をとったりして気をつけましょう。そして、暴飲暴食も良くないですよ。

そして今年の初め、新型インフルエンザ流行で消毒剤が大量に設置使用されましたが、あれはアルコール系なのでこの感染性胃腸炎のウイルス感染の予防にならないこと、覚えておいた方がいいですよね

|

« オランダ“SAKE” | トップページ | エコポイント、もらえないかもしれない! »

コメント

私 免疫力落ちているので気をつけなきゃと
為になるお話でした。

「十分睡眠時間をとったり、水分をとったりして気をつけましょう。そして、暴飲暴食も良くないですよ。」

秋は美味しいので暴飲暴食しそうです


投稿: kiyoka | 2010年11月28日 09:08

kiyokaさんへ

辛くない病気は無いですが、これは酷い症状を伴いますから気をつけたいですね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月28日 10:54

そんなに苦しいものだとは知りませんでしたね。
アルコール系消毒薬も効かないのも知りませんでした。
そちらで大流行ならこちらにも来そうですね。
簡単に出きる対策は「手洗い」でしょうね。
ふと気付きましたが、スーパーなどで売っている惣菜(パックしていないもの)などは控えるか再加熱した方が良いですね。

投稿: HAPPY太郎 | 2010年11月28日 11:50

HAPPY太郎さんへ

健康を考えて生活していれば、そんなに過敏になる必要は無いと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月28日 18:19

恐ろしや。。。
それにしても感染症って、次から次と形を変えて出てきますね。
単細胞なくせにな~

投稿: もうぞう | 2010年11月28日 19:22

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
良く読んでみると、怖くて恐ろしい病気ですね。
自分も、気を付けないといけませんね。((゜;)プルプル(;゜))

投稿: H.K | 2010年11月28日 22:18

もうぞうさんへ

こういう風に合併して襲ってくる病は怖いですよね
 
 
H.Kさんへ

お気をつけください

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月29日 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふくしま県内大流行中の“感染性胃腸炎”:

« オランダ“SAKE” | トップページ | エコポイント、もらえないかもしれない! »