« ついに・・朝鮮戦争が“再開”か? | トップページ | 墓穴を掘ったら、今度は蜂に刺された »

2010年11月24日

先月のことは今回の布石だったのか?

先月(10月)始め、韓国のソウルでこんなニュースが流れていたのを思い出しました。

<ソウル10月4日聯合ニュース>
 8月23~25日に(
韓国の西海岸の一部地域でGPS衛星利用測位システム)の電波受信障害が発生したことについて、国防部の金泰栄(キム・テヨン)長官が「一部は北朝鮮が原因と判断される」と明らかにした。

韓国国会国防委員会によると北朝鮮は50~100キロメートルの距離でGPS受信を妨害する能力を有すると判断していると説明した。

韓国の西海岸と言えば、まさしく今回のミサイル発射した海域そののものですよね。

GPSを誤作動させ「韓国側に領海侵犯を誘う」または「北朝鮮の船が領海侵犯したことをごまかす」などの、意図があった?
ところが、さほど妨害能力が無いのを見た北朝鮮が、今回のような暴挙に出た

となれば、もうすでに2ヶ月以上前からミサイル発射を計画していたのではないかと言うことに成りますよね。

ただ、この10月4日のニュースを日本国内では政府もマスコミも国民も軽く見ていた気がするんです。
日本は政治家だけじゃなく国民そのものの危機感が薄いのでしょうね。私を含めてです。

本日、ミサイル攻撃で島の住民にも死者が有った事が確認されましたね

|

« ついに・・朝鮮戦争が“再開”か? | トップページ | 墓穴を掘ったら、今度は蜂に刺された »

コメント

う・う・・・・ん。若い息子が示威行為???どうなるのでしょう。どうして、あの国は何時までもあんな体制でいられるのでしょう。内部崩壊しないのでしょうか

投稿: 山口ももり | 2010年11月26日 10:19

山口ももりさんへpencil

あの国が絶対変わらない理由のひとつに、国勢選挙が“記名投票”であることです。
これを普通の国のように「無記名投票」に制度を変えて改めて、国の代表を決めれば少しは変化するでしょう
ただし、不正選挙が無いかを監視する組織がしっかりしていればですがね

投稿: 玉井人ひろた | 2010年11月26日 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/50119815

この記事へのトラックバック一覧です: 先月のことは今回の布石だったのか?:

« ついに・・朝鮮戦争が“再開”か? | トップページ | 墓穴を掘ったら、今度は蜂に刺された »