« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »

2010年6月13日 - 2010年6月19日の7件の記事

2010年6月19日

今月の‘クルマ川柳’より

毎月楽しみにしているJAFメイトの「クルマ川柳」なんですが、今月のにも面白いのがありました。

愛知県73歳男性の作品(佳作)

カーナビで 交番探して 道を聞く

これは思わず笑ってしまいました。有りそうですよね

大分県55歳男性の作品(佳作)

検問で 声上擦って 怪しまれ

警官の制服姿とはそれだけでも犯罪や事故の抑止効果があるといわれます。
それは別の意味からいうと、なんでもなくても警官の姿にはプレシャーがかかり少し緊張するもので、こういうことが起こります

昔、高校生のころバイクで交差点に差し掛かったら警官が歩いてきて、それを見て緊張した私は操作がおかしくなってギヤが入らずバイクはストップしたのです。

そしたら即「不審行動」と見られ「職質」を受けることになってしまいました。この川柳はその当時の私を思い出させた面白い作品です

次号も楽しみです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年6月18日

「いか人参」VS「松前漬」・・ルーツ論争

昨日の日本テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」の新しい企画で「これさえあれば他におかずは要らない」というもので紹介されました福島県の食べ物は「いかにんじん」でした

スタジオでは大好評で福島県民としてはとても嬉しく見ていました。
しかし、この食べ物歴史についての説明には激怒してしまい、嬉しかった思いは消し飛んでしまいました。

番組での説明はこうでした

「1807年、北海道の松前藩が現在の伊達市周辺に国替えになった際、藩士たちが故郷をしのび、松前特産のイカと、福島で多く採れた人参を合わせて食べたのが始まりと言われているそうです」

これは違います
この説は北海道の松前の方たちが言っている「いか人参とは⇒‘松前漬がルーツ’」という、“北海道民の説”です

福島県の紹介だったのですから、番組としては「福島県説」を放送するのが当然なのに、何と腹立たしいことでしょう。

<福島県民の説>(松前漬とは⇒‘いか人参がルーツ’

昔、北海道から国替えになって福島県にやってきた松前藩の藩主松前氏が福島県の郷土料理「いか人参」を初めて食べ、あまりにもおいしかったので何年か後に再び北海道に国替えになったときにその味が忘れられずに地元北海道(松前町)でそれをまねて作らせ広めたのが松前漬の始まりと言われている

お分かりの通り、テレビで紹介されたのとはまったくの逆の説が福島県民の考え方です

実は、この論説は両者で論争になっているくらいなんですから、テレビとしては少なくとも両方の説を紹介するのが公平な報道だと思います。

福島県民は怒っちゃいますよ!即、日テレに私は抗議の意見メールを送りましたよangry

続きを読む "「いか人参」VS「松前漬」・・ルーツ論争"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月17日

体中がゾッと寒気立つ映像だった

日本が小惑星を探査するために「小惑星探査機」を飛ばしていたことを私は先日のニュースを見るまで知りませんでした。
その探査機「はやぶさ」が仕事を終え粉々になってまるで花火のように砕け散る映像を見て私は背筋に冷たいものが走りました。

なぜ探査機に「はやぶさ」と命名したのでしょうか?

「一式戦闘機」という飛行機をご存知でしょうか?第二次世界大戦で日本陸軍が製造させた陸軍戦闘機=隼(はやぶさ)がそれです。

海軍の零式戦闘機=ゼロ戦(約1万機製造)に次いで5千機以上生産された日本の自慢の戦闘機でした。
すべて一人乗りで、すべてが激しい戦闘によって玉砕しましたので5000名以上の陸軍パイロットは亡くなられている事になります。

続きを読む "体中がゾッと寒気立つ映像だった"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年6月16日

翻訳の仕方で、記事が変わる

今朝のテレビ朝日の報道番組で先日ワールドカップ予選リーグで勝利した日本チームの様子を、次の対戦相手で優勝候補でもあるオランダ国内ではどのように新聞記事になっているかという現地リポートが放送されました。

現地リポーターはアルファベットのオランダ国内新聞を指し示し大々的に報道されている日本チームの記事を紹介しました

地元オランダでは「‘不発’続きの日本チームにとって(初戦のカメルーン戦でゴールを決めた)本田は“起爆剤”になっている」と伝えています。

というリポートでした

そのリポート終了後スタジオのMCが、少し驚いたような顔になって静かに話し始めました

続きを読む "翻訳の仕方で、記事が変わる"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月15日

また「琴光喜(ことみつき)」・・・か!

日本相撲協会は14日、野球賭博に大関琴光喜を含む29人、花札や賭マージャン、賭けゴルフに36人の計65人の力士が過去5年間に関与していたことを発表しました。(相撲協会は賭博関与者の名前などを記した資料を警視庁に提供

数日前に野球賭博への関与を否定した琴光喜関は一転して認めましたね。

私の頭の中では「闇の金」のことで出た名前に「また・・・琴光喜関?!」の思いが浮かびました。

一昨年だったでしょうか、元横綱「朝青龍」の八百長問題が週刊誌で大騒ぎになったとき最初に名前が出て「あの派手な負け方は異常だ!」とされたのが「琴光喜関」でした。

最後まで「八百長はない」と否定し続けて決着しましたが、横綱になぜか絶対勝つことがなく派手に投げられ、うわさでは数百万円を受けとっていたとか・・いないとか・・

あの時は「まさか!」と思いましたが、朝青龍との一番で金が欲しくて八百長をやっていたのではないかとかんぐりたくなりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月14日

またまた、地デジについて

今までのアナログテレビで地デジ放送を見るには地デジチューナーを接続する必要があります
しかし、その単価が安くならない

総務省では、2007年8月にまとめた答申で、各メーカーに2年以内に5000円以下の地上デジタルチューナーを発売するよう求めたんですが、国内すべてのメーカーは「出来ません」の返答を出しました

それでも、BS・CSを見られないものでは1万円を切る製品が現在は出ていますね。でももっと安く買おうと思えば韓国製のとかになってしまいます

その中でたった一社だけ5000円を下回るメーカーが現れています

昨年の9月からイオングループのジャスコ、サティなどで独占販売されている4980円と低価格な地デジチューナー、メーカーは大阪に本社があるピクセラです

続きを読む "またまた、地デジについて"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月13日

健康のために嫌われる “塩”ですが・・・

人間は塩なしでは生きられません。」 というと「え~・・・」と思う人が多いかもしれませんね。

人間の体はおよそ70%が水分でできていることはよく知られていることですが、その水分はただの水ではなく古代海水と同じ0.85%~0.9%の塩が入った水、つまり塩水です。

その塩水は体液として体のすみずみに栄養素を運び、吸収させる働きをしたり、ミネラルを含む栄養素の浸透圧を常に一定に保つ働きがあるそうです。

その浸透圧を決めているのがナトリウムなのです。

と、言われたってよく分かりませんよね。「じゃ~塩が不足するとどうなるんだ?」と言いたくなります。

<塩分が不足すると人間はこうなる>↓

続きを読む "健康のために嫌われる “塩”ですが・・・"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月6日 - 2010年6月12日 | トップページ | 2010年6月20日 - 2010年6月26日 »