« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010年7月18日 - 2010年7月24日の7件の記事

2010年7月24日

地蔵盆・地蔵の縁日

お盆を月遅れ(8月)ではなく新暦(7月)でやっている地域では本日24日はお盆の最後の行事となる「地蔵盆」の日に当たりますね。

ただ、お盆の行事すべて明治以前と同じくやっているところは無いと思います
だいたい、昔通りやったら大変だとおもいます

  • 7月1日(朔日)・・地獄のふたが空くといわれ「釜蓋朔日(かまぶたついたち1)」という日で、盆提灯を出す日(地域によってこの日がお盆の入り
  • 7月7日(棚機・七夕)・・「七日盆」とも言われる。
    お盆用の棚や道具を清める。江戸では井戸に溜まった落ち葉等を払い竹を切り出してくる日。(地域によってこの日がお盆の入り
  • 7月12日・・お盆用の花を準備する日
  • 7月13日・・墓参
  • 7月15日・・お盆、中国の道教ではこの日を「中元」と呼び親に感謝を表す日と死者の罪を赦すことを神に願う日だった
    (※、1月15日=上元、10月15日=下元
  • 7月24日・・地蔵の縁日、地蔵盆でお地蔵様にお供えをして拝する日

我が地域は月遅れでやりますので、8月7日を「七日盆(なのかぼん)」と言って、新盆の家はこの日に提灯を飾る風習が有ります。

お盆とは昔は1ヶ月間の行事だったそうですから、家を離れ遠くで働く者にとって長く休めるのはお盆と正月の2回でしたから、期間の長いお盆は待ち遠しい一大行事だったのでしょうね。

「盆と正月」一度に来て欲しかった気持ちが分かる気がします

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月23日

あづま袋(あずま袋)=三角袋⇒レジ袋

関東では「あずま(あづま)袋=吾妻袋、東袋」、関西では「さんかく袋=三角袋」という昔からある日本人の小物入れの手提げ袋を知っていますか?

400300

←がそれですが、地域によってはまた別の言い方かもしれません。
材料は手ぬぐいや風呂敷、それを縫い合わせて作る庶民の道具です。

これ、何かに似ていませんか?

そうです、今目の敵にされているレジ袋(※英語ではプラスチックバック)にそっくりですよね。

それもそのはず、レジ袋はこの日本古来の袋を基にして作られたのです
時は昭和40年代の高度成長期の日本、このころからぶどう狩りやりんご狩りなどを楽しむ「観光農園」というのが多く出始めます。

ある梨狩りができる観光農園では観光客に梨を入れるため竹製の手提籠を準備していました
そこには若いお嬢さん方が多数来園したのですが、そのお嬢さんたちが履いていた流行のストッキング竹籠が引っ掛かって伝線したり破けたりすることが頻繁に起こるようになり「この籠の他に入れ物がないの?」と苦情が出るようになります

続きを読む "あづま袋(あずま袋)=三角袋⇒レジ袋"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月22日

ホタル(蛍)のエコロジー、大きな間違い

私の幼いころ夏の夜に蚊帳をつって寝ているとどこからか蛍が入ってきて蚊帳にとまって光ることがよくありました。
その光りの美しさは格別の喜びと嬉しさをこみ上げるものがありました

今は見なくなりました。それだけ蛍が減ったのでしょう。蛍の住める環境が減ったのでしょう

全国では絶滅も危惧される蛍とその環境を守ろうと自治体や地方団体が川に蛍の幼虫とその餌になる「カワニナ」をいっしょに放流する取り組みを盛んに行っているそうです。
とても良いエコロジー活動ですし、「蛍の郷」などと観光にも役に立っているようです

しかし
その放流の仕方が大きな間違いを犯したが為に逆に蛍の減少・消滅を加速する結果になっているところが沢山出てきてるそうなのです。
それは・・・

<その前に、日本の蛍事情>

  1. 日本全国にいる蛍の種類は40~50種類で、世界でもトップレベルの種類の多さを誇る
    http://kids.gakken.co.jp/hotaru/zukan.html
  2. 日本は世界でも珍しい幼虫時期に水の中で生息する種類(ゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマボタルの3種)が生息する貴重な国である
    ※、普通の蛍は陸で生まれ陸で育ち暮らすものだが、日本ではこれを「土蛍」などと言って逆に別扱いしている
  3. 同じゲンジボタルでも6種類ヘイケボタル4種類、地域によって違う生態の存在が確認されている
  4. 陸に住む蛍の餌は、カタツムリなどの陸貝類やミミズなどである
  5. 水で暮らす種の幼虫の餌は、主にカワニナやミヤイリガイなどの淡水性巻貝類である
  6. 蛍はほとんどの種類が毒をもっている
  7. 蛍が光りを発するのは「求愛行動」として知られるが、
    「蛍の天敵への毒注意という“威嚇”ではないか?」などまだはっきり分かっていない
     
    http://kids.gakken.co.jp/hotaru/index.html

上記のことをよく踏まえてから次の「間違った放流のしかた」の内容を理解してください

続きを読む "ホタル(蛍)のエコロジー、大きな間違い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月21日

金賢姫OOOO

<金賢姫>

  • 日本での読み方をカタカナ表記すると→「キム・ヒョンヒ
  • 韓国での読み方でカタカナ表記すると→「キム・ヒョン・ニ

この名前の後に日本では「元死刑囚」の文字が加えられて報道されるのが常になっています。

ところが、今回の来日ではマスメディアに少し変化が起きています
それは、報道機関によって「金賢姫元死刑囚」と報道するところに加え「金賢姫元工作員」とするところが目立ってきていることです

「日本テレビ」の番組では「元死刑囚」と紹介されていましたが、我が福島県の地元最大手の「福島民報新聞」の紙面上では「元工作員」とタイトルされていました。

ネット上では「元死刑囚の呼び方はいつまで続けるの?」とか言った言葉がかなり飛び交っていて、その影響が報道機関に反映されているのでしょうかね?

しかし、金賢姫・・・はどういった具体的行動をするための来日だったのか?報道が少ないのはまだかなり危険な立場(暗殺・・)なのかもしれませんね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月20日

訪問販売と電話での勧誘・・・対応のタブー

今日何気なく病院の待合室で見ていたテレビで電話での強引な勧誘がかかってきたときの対処法等を説明するコーナーをやっていたのです。

対処法は、私としてはすでに知っているものばかりなのでぼんやりと見ていました

でも、最後の方で「なるほど」というものがありそこからは少し注視してしまったのです。

電話での応対でやってはいけないことは「あいまいな返事や言葉を絶対に言わない」というのは誰でも知ってると思いますが、もう一つ言ってはならないことが有ったのです

それは
勧誘等を断るときに「その断ることについての“理由や言い訳を絶対に言わない”」だったのです。
言い訳をすると、その言い訳や理由に対し「それは・・、それでしたら・・・、どうしてなのか・・・」とか次から次へと話を繋ぎ止められ、結果として契約するはめになる場合が少なくないのだそうです。

そう言えば、私にも心当たりが有りました。
断るときは余計なことを言わず、きっぱりと断るのが一番ですね。

それでもいらない商品を買ってしまった場合クーリングオフを利用すれば良いのですが、そのクーリングオフができない場合があることを知っていますか

続きを読む "訪問販売と電話での勧誘・・・対応のタブー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月19日

黄色い花?

ユスラウメの葉っぱに黄色い何かが居るのを発見!

Img_0187

鮮やかな黄色の体毛?があるのが、ジッとしたまま動きません

これは面白いと部屋にカメラを持ちにいき戻ってきてもまったく動いていませんでした

パチリと撮ってからあちこちとなんだろうかと調べました
そしたらやっと解りました

リンゴドクガ」という蛾の幼虫でした。
なかなか見つからなかったのはまだ生まれて間もない体長数ミリと小さいせいでした。

画像をクリックして拡大すると分かりますが、ポチッとオレンジの毛が見えるのが特徴で、これは後姿だったのです。

いろんな昆虫が最近家の周りで見られるようになりました。先日は背中に「ナナフシ」が落ちてきましたっけ。

虫が増えているんでしょうかね

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010年7月18日

コマネチ!

1976年、日本では昭和51年の今日(7月18日)世界中がカナダ、ケベック州のモントリオールで開催されていた「モントリオールオリンピック」の女子体操に注目が集まりました

日本ではルーマニアの妖精とか言われていました、ルーマニアのコマネチ選手が男女合わせても歴史上初の10点満点を体操で出した日でした

この後女子体操では「どうかな?」というのまで国内外で10点満点がやたら出され、そしてそれは男子にも波及し日本の森末選手が鉄棒で男子史上初の10点満点を出すまで続き体操界はあちこちで論議がおき始めましたね。

その後協議され10点満点は出さないように決められましたが、あのコマネチ選手の演技はまさにパーフェクトでした

現在はたしか・・アメリカに国籍を移して暮らしているはずですが、北野たけしさんの「コマネチ」のギャグの本元を知らない若者が増えてきましたねえ。

考えてみたら、あの年に生まれた子供も、すでに30歳を越してしまったんですよねぇ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »