« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月25日 - 2010年7月31日の7件の記事

2010年7月31日

やはり・・・水難事故発生」か

こう暑いと水で亡くなる人が出るんだろうなぁ」と、なんとなく考えていたらきょうのNHKこんな放送がありました

各地方のNHK全国統計で水による死亡4名、行方不明者1名が確認されています。

毎年、必ずですよね。それも必ず同じところでの事故なんですよね。

「俺は違う」とか「きょうは大丈夫」とか、事故にあわれた方が思っていたとは考えたくないですが、行動パターンまで同じで亡くなられている事実は「う~ん」と考えさせられますよね。

そしてそのニュースを見てほとんどの人が思うのはこれでしょう

「亡霊に呼ばれたのかな?・・・足を引っ張られたのかな?」

違いますか

桑原・・・クワバラ・・くわばら・・sad

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年7月30日

現代の警察と暴れん坊将軍の関係

「北関東連続幼女誘拐・殺人事件」と聞いて直ぐにどんな事件だったか思い出す人はいないと思いますが、「17年間も無実の罪で囚われながらやっと釈放された菅谷さんの事件」と、聞けば「あ!あれあか・・」と気がつく人が少なくないと思います。

41boubudal__ss500_

←その冤罪がどうやって晴らされるきっかけとなったのかが本になったのが「VS.」という「劇画」です。

ここでなぜ菅谷さんはやってもいない罪を認め自供したのかも書かれてあります。

菅谷さんの談
「私は幼いときからとても臆病な人間、それで取調べ担当の刑事がとっても怖くて怖くて・・・つい言ってしまった」

テレビの刑事ドラマでも机をたたき大声を張り上げる刑事の取調べのシーンがよくありますが、事実もその通りというより現実はもっと恐ろしいものだったそうです。

ドラマを見ていてもそうですが日本の警察はなぜか自供を優先させ、その自供に証拠を合わせていく手法がとられている気がしませんか。「証拠より自供優先主義か?」と、思いたくなりますよね。

それは、逆ですよね

続きを読む "現代の警察と暴れん坊将軍の関係"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月29日

それは・・・嫌味でしょう、玄葉大臣

我が福島県選出の代議士に「玄葉光一郎」という民主党所属の人物がおります。
現在民主党本部三役の一つ政調会長と二つの大臣職の三職を兼務するいわば与党の民主党の中心人物の一人です。

このかた、民主党福島県連の代表も勤めていたのですが先の参議院選挙での福島選挙区の敗北責任を取り県連代表を辞する決意であることがすでに発表されています

理由は
福島選挙区で予定の個人候補者全員(2人)を当選させることができなかったから」と、なっていますが、それは「えっ!?」と、首を傾げさせます。

ここで福島県での民主党の成績を見ていただきたい

続きを読む "それは・・・嫌味でしょう、玄葉大臣"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月28日

黄色いシバザクラ

これは、酷いもんです

Img_0239

Img_0240

ピンク色のカーペットを敷き詰めたかのように今年咲き誇ったシバザクラがコンクリート舗装にせり出した部分がご覧のような有様になってしまいました

コンクリートが毎日猛暑のため“焼け石”状態になっているからです。

シバザクラの根に手を当てたらまるでお湯をかけたかのような状態でした。
これではもっとこの焼け枯れが広がっていきそうです。

少し水をかけてやりましたが「焼け石に水」ですね。雨が欲しいです。きょうでもう半月くらいちゃんとした雨が無く40℃近い気温続きです。困った

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年7月27日

足して二で割る

サルスベリという花木、今頃咲く花の代表格でしょうかね

Img_0232

これには二つの名が有ります。

猿滑>・・サルスベリ
この木の木肌は光るようにスベスベなので「木登りのうまい猿でも滑るようだ」=猿も滑る木=猿滑=サルスベリ

百日紅>・・ヒャクジツコウ
この木の花は開花期間が長いところから「百日間も紅の花が咲く木」=百日の紅=百日紅=ヒャクジツコウ

その二つの名称を足して二で割ったのか?は定かではないですが、今では「サルスベリ=百日紅」と言うのが一般的になっていますよね

こういう言葉のって案外日本語には有るようです

続きを読む "足して二で割る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月26日

誰が・・・悪い?

猛暑が続く福島県の二本松市、そこに住む80代の農家の女性が気温が下がる午後3時以降を狙って畑に作業に出かけました。
夕方、家族が様子を見にいったら女性は畑で倒れていました。

すぐに119番通報で救急車がやってきましたが、体温が40に達した危険な状態の熱中症と判断され、救急隊員によって福島県にドクターヘリを要請し付属病院に緊急搬送されました。

そしてそのまま医大付属病院に緊急入院、それから3日後に“容態が安定した”と判断され、女性の地元の二本松市内の病院に移送されたのですが、移送されたその日に容態が急変し「熱中症と心筋梗塞」のため女性は亡くなられてしまいました。

女性は高齢にもかかわらず持病も無く元気だったということです

我が母親も同じ年代のため、高齢者は容態安定でも気をつけてないと危ないことを再認識させられるニュースでした。恐ろしい。

ところで、真相はよく分かりませんがこの場合は誰が悪い(誰が責任を持つ)ことになるのでしょうかね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年7月25日

探し上手

動物というのはどんなに暑くても毛皮を脱ぐことができませんから、少しでも涼しいところをうまく見つけるものですよね

Img_0226

Img_0227 まるで捨てられた汚いぬいぐるみのように寝ている姿をご覧ください
(生きていますよ)

そして、その微妙な位置を見てください

この場所に顔を近づけるとほんのちょっとですが涼しいのです
小さな風の通りが有ったり、床が冷たかったりしているのです。たぶん気温を測れば2~3℃くらい低いはずです。

しかし、無防備で恥ずかしいお姿happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »