« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010年9月26日 - 2010年10月2日の7件の記事

2010年10月 2日

調子にのっちまって

先日、キノコを採った記事を載せましたが、あれだけ採れると欲が出るわけです。そうなったら“自分のシロ(秘密の場所)”に行くっきゃないと思うのです。

Img_0355  まずはハツタケの場所だ!

行ってみたらでかいのがあちこちに出来ていました。
袋いっぱいに採ってきました。

Img_0356

そして次はと行ったところで、思いがけないキノコを発見!→

私たちはイノハナ(猪鼻)と呼ぶキノコ、コウタケ、とかシシタケといわれるキノコです。

このイノハナはものによってはマツタケより高価なものです。
わたしの採ってきたものだと、これだと買えば全部で2~3万円でしょうかね。
大収穫でありましたhappy01

場所ですか?・・・キノコを採る人間には守秘義務があるのです。ゆえに黙秘します

続きを読む "調子にのっちまって"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年10月 1日

‘評価が高い’とは知らなかった

現在行われている衆議院予算委員会でも、日本政府の今回の中国漁船(?)船長の扱いについて野党から激しい追及を受けています。
さきに記事にしましたようにお隣韓国では「中国に白旗を上げた日本」と酷評記事、とうぜん日本国内も「弱腰外交」と激しい記事がほとんどなのです。

私自身もそのような思いに駆られていました。

ところが、アメリカ政府は

「今回の日本政府の中国へ対する処置や外交は冷静な大人の外交であり、釈放のタイミングも良く、高く評価するものである」

このような高い評価をしているそうなのです。その代わりに、中国の行った対日行為は「中国のミス」と語っているのです
(ヨーロッパでも似たような評価が多いらしい)

「あれれれ!」ですよね
欧米各国と日本や韓国などアジアとのこの評価の大きな違いはどういったことなのでしょうか?
アメリカの評価が正しいかのように中国はレアメタルの輸出は即座に再開しました。

私たちの視点はどこか間違っていたのか?見逃しているのか?悩んでしまいました。

続きを読む "‘評価が高い’とは知らなかった"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月30日

雨ばかりの“秋の梅雨”と自然の恵み

夏の間は雨が降らず猛暑が続きましたが、その帳尻あわせなのか?秋になったら雨ばかり降っています。

畑は水を吸ってちょっとした“底なし沼”状態で、油断するとズブズブ~と足が入り転びそうになるのです。
雨の隙間を縫ってきょうはカイガラムシの殺虫剤を噴霧したのですが、結局雨が降り出したのでたぶん効果は半減でしょう。

Img_0354

と、いうわけで畑ができないなら直ぐ傍の里山へ、これだけ雨が降ったんだからキノコぐらいはできているだろうと小雨降る中、山歩きです。

←、予想は的中、約3~40本(0.5㎏)のキノコが採れました

採ってきましたキノコ、私の地域では「イグヂ」と言いますが、煮ると茶がかった紫色になる「アミタケ」というキノコで、おいしいのです。

自然の恵み、今年の初物でございますscissorshappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月29日

<続編> “ずんだ”餅なのか?・・“じんだ”餅なのか?・・

9月24日のブログタイトル{“ずんだ”餅なのか?・・“じんだ”餅なのか?・・}(←クリックするとリンクする)の続編です。
その記事内で「ずんだ餅」の由来の「1番」の文面は下記のものでした

昔、伊達政宗公が領内の見回りに出かけられた折、“とある村”に立ち寄ったとき村人に馳走になった餅がたいそう気に入られ、それを藩内に広めたもので、豆を打ちつぶして作るから「豆打餅(ずだもち)」が訛って「ずんだ餅」となった。

私はこの由来を見つけたときから1番の文章の中の‘伊達政宗公が立ち寄ったある村>’というところで、この村はどこら辺なのか気になっていたのです。

一見すれば伊達家の領地なのだから現在の“宮城県仙台市のどこかだろう”と思われがちですが、伊達政宗の居城(本拠地のお城)としたところの遍歴、そして領地は広範囲なのです。

続きを読む "<続編> “ずんだ”餅なのか?・・“じんだ”餅なのか?・・"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月28日

パソコンやっててこの日を知らない

パソコンをいじっているのにこんな記念日があるなんて知りませんでした
きょう9月28日は「パソコン記念日」という日になっているんだそうです。

知ってましたか?

昭和54年(1979)のきょう、9月28日に日本電気(NEC)が初めてパーソナルコンピュータPC-8000(はっせん)シリーズ>を発売したんだそうです。
このパーソナルコンピューターは“パソコン”という名と共にブームの火附け役となったそうで、それを記念してできた記念日らしいです

初期型の発売されたNECパソコンの販売価格は「16円」で、今と大差ない金額ですから当時は相当高額だったことが考えられます。

それにたしか記憶では、ある程度専門的知識がないと買ってきてすぐに動かすようなことはできない操作の難しい代物だったですね。
この当時のNEC社員も今のように普及することは想像していなかったでしょうね

私なんかは金額的にも一生縁の無いものだと思っていました。
それを考えれば、今は簡単になったものでしょう。でも、わたしはもっと楽になってほしいし、安くなって欲しいですがね

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月27日

違った恐ろしさだ!2件の交通事故

今朝方と言うより26日から27日にかけての深夜と言ったほうが分かりやすい時間、東北自動車道上り線で痛ましい死亡事故が起きました。

27日午前2:00ごろ福島県本宮市‘荒井’もとみやしあらい)の東北自動車道上り線、ちょうど本宮インターチェンジから300メートルほど東京方面に向かったあたりです。

千葉県の男性が運転する一家4人が乗るワゴン車が何らかの原因で中央分離帯に激突して跳ね返りガードレールに再度激突、そこへ後続の大型トラックと普通トラックが避け切れずに衝突、トラックのドライバーは無傷で済んだのですが、最初に事故を起こしたワゴン車を運転していた男性、妻、幼い女の子(1才)は死亡、ただもう一人乗っていた男児(3才)は奇跡的に軽い怪我で済みました。(事故処理のため同自動車動7時間近く通行止めになった

残った男児は一瞬にして孤児となってしまった、幸せな一家を襲った恐ろしい惨劇です。いや~、考えただけでもゾッとしてしまいます。

続きを読む "違った恐ろしさだ!2件の交通事故"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月26日

反面教師にされた日本国

東シナ海にある離於島(中国名・蘇岩礁)をめぐり中国側と争っている韓国は今回の日本と中国の尖閣諸島問題(中国人船長の釈放について)をかなり注視しているようです。

25日の韓国各紙の見出し>

  • パワーチャイナ”が現実になる」(朝鮮日報)
  • 「“17日間の領土戦争日本、中国に白旗」(中央日報)
  • 「中国の強硬圧迫に降伏した日本

韓国メディアは、上記などの見出しを掲げ、日本外交の敗北を大々的に報じているようです。
この報道は日本国内報道の日じゃない過激さですよね。そしてその記事の中身もすごいです
 

続きを読む "反面教師にされた日本国"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »