« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

2010年12月19日 - 2010年12月25日の7件の記事

2010年12月25日

腕・肩が・・・もう痛い。何だ、難だ、この雪

今日はクリスマスということで、その雑学考察を準備していたのですが、朝起きて外を見たら・・・そんな話題は消し飛びました。

Img_0494

Img_0496_2

続きを読む "腕・肩が・・・もう痛い。何だ、難だ、この雪"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月24日

「確認は?」と、言いかけた

日本は全国的に今日12月24日はクリスマスイブ(クリスマスイブ=25日の夜という意味)でございまして、天台宗のわがやでもケーキなんぞを食べるんでございます。

日本に仏教を広めたのは聖徳太子ですが、その聖徳太子はキリスト教信者だったということは、「太子は星が降る世に馬小屋で生まれた」というキリストとまったく同じ伝説を持ち「馬小屋の王子」という名が示しているといわれますので、日本人がクリスマスを楽しむのも良いんじゃないでしょうかねhappy01

それはともかく、クリスマス用にアルコールがだめな母の為に近くのコンビニでシャンメリー(炭酸飲料)を買い、ついでに妻の為に赤ワインもそこで買いました。

レジに行き、店員がワインに会計用のセンサーを当てるとレジから音声が流れました

「年齢確認が必要な商品です」・「年齢確認が必要です」

すると、店員さん少しもあわてず、表情一つ変えもせず、「OOO円になります」と、普段通りの対応でございました。

誰が見たっておっさんの、それも髭面で出かけてしまった私ですから確認は必要ないのです・・
が・・・、ちょっと言ってみたかった「年齢確認はいいんですか?」と、ねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月23日

なぜそこまで北朝鮮を守るのか?中国

安全保障理事会で非公開による常任理事国(アメリカ、フランス、イギリス、中国、ロシア」だけの会議が行われたそうです。

議題は朝鮮半島問題が主だったようですが中国は当初から議論そのものに消極的だったらしく、中国は「(北朝鮮への非難」という表現、そして「延坪(ヨンピョン)島」という地名すら使用を拒否していたようです。
さらに、国連事務総長名での妥協案をも拒絶したのです。

 その一方で「北朝鮮に対する明確な非難が必要」とする国は米英仏にとどまらず、あのロシアも北朝鮮非難意見に賛同したそうです。

そして、さらに多くの非常任理事国にも賛同する意見が増えている中で、中国は「議論することには同意する」と述べたものの、議長のライス米国連大使が本国から了解を取るよう求めたところ、最終的に中国から無回答に終わったようです

国連でほぼ孤立した状態でも、中国が北朝鮮を擁護する理由は何なんでしょうか?
理解できません。なにかすばらしいメリットが有るのでしょうかね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月22日

冬の花火なら良いが、冬の肝試しは寒すぎ

最近冬に花火大会を催すところがかなりありまして、夏とは違った風情がありまして人気のようですね。
だからと言うことは無いでしょうが、冬に「肝試し」というのをやった人がいたそうです

場所は福島県郡山市熱海町(こおりやましあたみまち)にある「磐梯熱海温泉(ばんだいあたみおんせん」で、20日真夜中の午前0時前後、同温泉地で廃業した旅館で県内在住の20歳代と30歳代の男性2人が肝試しを行ったんだそうです。

物好きなことでございますcoldsweats01)ところが、それがただの肝試しで終わらなかったのです。

暗闇の中誰もいない筈の廃業した旅館内の一室で酷い異臭がしていたのでした。二人は何か胸騒ぎがして警察に連絡したのです。

警察が駆けつけその場所を捜索したら・・・使われなくなった布団の中から女性の腐乱死体が発見されたのです
その後の調べで、女性は福島県本宮市出身の女性(54)で、死後1か月ほどとみられ、“手首に自傷の跡”が残っていたことなどが明らかになりました

冬の肝試しはそれでなくても寒いのに、これは寒すぎでしょうsad)。わたしならやりませんがねえ

ちなみに発見された女性の出身地の本宮市(もとみやし)も、発見された場所の郡山市ともわが村と隣接しています。

そんな近くでサスペンスドラマみたいな事件が起きていたなんて、驚きです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月21日

続発する不審な火災

毎年年末や年度末近くになると増えるのが道路工事、じつに迷惑な気がしますが道路がよくなるのは良いことなので致し方ないものでしょう。

ただ、この次期同じく増えるものに火災がありますよね。それも日のないところからの火災が多く生るのもこの時期だと思いませんか。

現在、福島県の郡山市では付け火だと思われる不審火が続発しています。昨日も駐車場の車2台が燃える不審火が有りました。

もう何件目の不審火でしょうか・・。

これは「迷惑」などというものじゃなく「恐怖」ですよね。いくら日の用心をしても付け火は防ぎようが有りません。
一日も早く解決してほしいものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月20日

そうだったのか・・・知らなかった

サッカーやJリーグのチームを知らない人でも、日本代表を何度も務めているディフェンダーの中沢佑二選手はけっこう知られた選手の一人でしょう。
「ボンバーヘッド」などと言われる、あのモジャモジャヘアースタイルがトレードマークの長身選手です

その中沢選手が18日の記者会見で、現在の日本代表サッカー選手がいかに日本サッカー協会から、世界基準と比べ大きく下回る試合勝利給や日当、負傷して所属クラブの試合に欠場した時の補償。認められない肖像権。等等軽視冷遇されている待遇問題について。「この状態を、日本代表を目指す子供や若者たちにそのまま引き継がせるわけにはいきません」と訴えました。

さらに同選手は、何年か前に同じようなことで日本プロ野球選手会が古田会長を中心に全球団が団結して行った「ストライキ」をいい手本として、「サッカー選手会も団結して次期国際試合ボイコット・ストライキを行う覚悟がある」とまで言い切ったそうです。

この問題は昨日や今日の話じゃなくJリーグ発足当時ころから起きていたそうです。

そんな問題を抱えながら必死に戦っていたなんて知らなかったです。サッカーファンとして情けない限りです。

そういえば、前回の親善試合で腕を骨折してしまった日本代表サイドバックの駒野選手、何も保証の無いまま一人治療をやっているのでしょうか・・
そう考えると、あらためてむごい話です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日

1日に20分以上携帯電話で話す人は・・・が高くなる

10月28日、電磁波が人体に与える影響を研究をしている国際機関「生体電磁学会」が発刊している学術誌「Bio Electro Magnetics」にこんな研究結果を掲載していたそうです

  • 1日に20分以上携帯電話で通話をする人は、通話しない人より脳腫瘍(のうしゅよう)になるリスクが倍になる結果が出た

これはWHO(世界保健機構)でも同様のことを発表しているので、改めてその脳腫瘍のリスクの高さを証明した形となりました。

日本では携帯電話などの通信関係を管轄しているのは総務省ですが、その総務省はこの学術誌の結果を承知しているのだそうです
なぜなら、この「生体電磁学会」とは日本の総務省が出資している研究機関なのです

ところが、この大事な研究結果を総務省は「国民に発表しない」と、決めているそうです。

理由は簡単ですね。ドコモは未だに国の機関的存在ですし、他の携帯電話会社も貴重な税収源であり、マスコミ等は大事な大事なスポンサー様ですし、国もマスコミも発表するわけには行かないお家の事情があるわけです。

ということで、国民は自衛策を講じなくてはならないのですねえ。携帯の長電話、毎日はやめましょうね。だいたい、なにかと迷惑でしょう

続きを読む "1日に20分以上携帯電話で話す人は・・・が高くなる"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »