« 「八百長(やおちょう)」とは“相撲用語”だった | トップページ | その金額に、目まいがした »

2011年2月11日

おらの県のマラソン大会、知ってっかい?

福島県内では唯一、日本陸連が公認しているフルマラソンコースがいわき市に有ります。そこで行われる「いわきサンシャインマラソン」は今年で2回目になるのですが・・まだ1度しか行われていないからでしょうか?いま一つ県内外での知名度が無いですね。

たんにわたしが知らなかっただけなのかもしれませんがcoldsweats01
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

昨年の参加者は定員(6400人)には惜しくも足らない6230人だったそうですが、今年の第2回大会はそれを上回る「7105人」がエントリーし、東北では最大級のマラソン大会となります。
これは意図的にでしょうが、募集定員をオーバーしています。

<募集定員内訳>

  • フルマラソン(一般男女)=4,000人
  • 10キロ(高校生以上)  =1,200人
  • 5キロ(中学生以上)= 500人
  • 2キロ(小学生のみ)= 300人
  • 2キロ親子(小学1・2年生と親1人)=200組(400人)

上記のように定員では6400人なんですが、今回はフルマラソンが193名オーバー、その他コースで512名オーバー、のそれぞれの合計705人増を認めたためエントリー人数が増えたようです。

大会は2月13日日曜日午前9時スタートになりますが、大会がもっと参加人数が増えるか、日本代表選手の選考レースに指定されないと、知名度は上がらない気もします。

でも、東京マラソンなどに走れなかった人などが地域的にも東京からそんなに離れていないし、だれでも参加しやすいのでこれからもっともっとエントリー人数が増えることは間違いないと思います。

それでもやはり実行委員会としては「知名度を上げたい。参加者を増やしたい」気持ちが強いのでしょう。

今回も第1回に引き続きゲストランナーとして元マラソン選手でスポーツコメンテーターの増田明美さんを呼んでいます。
そしてもう一人はシドニーオリンピック日本代表・元東洋大学陸上部監督の川嶋伸次さんが市民と一緒に走るゲストランナーとして呼ばれたようです

東北のマラソン大会なら福島県いわき市の・・と言われるようになったら、県民としては少し鼻が高くなりそうです。

福島県そのものが東北でもなく関東でもなくという位置関係に見られているらしく知名度が低い気がします。
東北は「青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島」の6県なんですが、たまに福島県が外されて“新潟県”を入れている人までいるくらい知名度が低いですからね

少し、この大会で県外の人にもアピールできたら良いかも知れません

|

« 「八百長(やおちょう)」とは“相撲用語”だった | トップページ | その金額に、目まいがした »

コメント

近県の人は分かりますが、遠い県の人は、位置関係が苦手の人も多いようです。
私の苦手は、四国や中国地方です。
四国は高知県だけはハッキリ分かります。
中国は山口県だけですね。
あとは全部分かっているつもりです。

投稿: もうぞう | 2011年2月11日 19:28

もうぞうさんへpencil

致し方ないことですね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年2月11日 20:37

こんばんは。多くのランナー集まりましたね!
確かに東京落選組かもです(笑)
この時期は、全国でも大会のピークですから、ビッグな大会になっていくかどうかは、運営しだいだと思います。
ちなみに、岐阜の知名度は福島以下です(T . T)

投稿: NIKE | 2011年2月13日 03:03

NIKEさんへpencil

お久しぶりです。やはり、日本代表の選考レースに指定されないと地方の大会は知名度が上がらないんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年2月13日 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/50835091

この記事へのトラックバック一覧です: おらの県のマラソン大会、知ってっかい?:

« 「八百長(やおちょう)」とは“相撲用語”だった | トップページ | その金額に、目まいがした »