« 江戸時代のころの「節分」には有って、今は無いもの | トップページ | “尾張武士・三河武士”の反乱?! »

2011年2月 6日

これが欲しかったのか?中国

こんど中国の香港に「中国」と「北朝鮮」の合弁投資法人を設立する予定だそうです。
その法人を使って中国側は北朝鮮の合意の下、民間企業を事業に参加させ、北朝鮮の地下資源開発をするんだそうです

なんと報道によれば北朝鮮の茂山鉱山(咸鏡北道)の地下には鉱、無煙炭大量に埋蔵されているらしく、そこにはレアアース(希土類)も採掘できる鉱山まで含まれているというのです。

鉱山は簡単には見つからず長期的調査が必要とされます。ということはかなり前から中国側は調査していたことになります。

国際批判を受けながらも中国が北朝鮮を擁護し続けてきた本当の理由はこれ(地下資源の占有権)なのかもしれません。

したたかです。中国は

|

« 江戸時代のころの「節分」には有って、今は無いもの | トップページ | “尾張武士・三河武士”の反乱?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/50792917

この記事へのトラックバック一覧です: これが欲しかったのか?中国:

« 江戸時代のころの「節分」には有って、今は無いもの | トップページ | “尾張武士・三河武士”の反乱?! »