« 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない | トップページ | 当たり前のことを、改めて知る »

2011年3月29日

福島県の県歌をあらためて思い起こす

福島県の県の歌の1番の歌詞をなんとなく思い出してしまった今日です

♪ 石楠花(しゃくなげ゙)匂う 山脈(やまなみ)に 

 呼びかけよう 若い理想をかざして

 あしたの夢が はてなく伸びる 

 明るいふるさと 福島をつくろう

 緑光る この空いつまでも ああ 福島県 ♪

明日には、原発が納まる、明日には余震が収まる、明日にはガソリンが来る、明日には洗濯物を外に干せる、と期待しています。

村の放射線量の数値は着実に減少していますが・・・

二本松市の岳温泉の老舗旅館が放射能風評被害で廃業を決意、須賀川市の農家が野菜販売出荷止めで自殺、長時間のガソリン待ちの車の中で暖房にしていた練炭で一酸化中毒死、地震で壊れた屋根を何とかしようとした男性が転落死、我が地域はこれから地獄が始まるようです

|

« 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない | トップページ | 当たり前のことを、改めて知る »

コメント

農家や酪農家さんは本当にマスゴミに殺されてますよね…
うつくしまふくしま。のキャッチコピーがむなしく響くわ
宝刀は復興を心から願っている。でもふくしまだけ、本当に置いてけぼりだわ。ドイツで原発施設を建設する事に対してデモがあったけど、チェルノブイリと同レベルでとらえてて、『フクシマとチェルノブイリを忘れるな!』とか言ってたわよゲルマン人が…

投稿: くぽ | 2011年3月30日 00:57

久しぶりです。お便りありがとうございます。
さて3/25日~28日、実は福島北高校の避難場所の炊き出し奉仕に行ってました。
高速も通じたので、仲間8名で支援物資も届けました。
大玉によりたかったのですが、団体行動で叶わずお許し下さい。

安達太良サービスエリヤで休憩したときに、大玉を見渡し感無量でした。
まだまだ、大変ですがお互いに頑張りましょう。

大玉を愛してる、伊勢の汗太

投稿: 伊勢の汗太 | 2011年3月30日 11:46

お久しぶりです。
実は、3/25日~28日福島北高校で避難所の皆さんに、
仲間9名で支援物資を届けたり、炊き出しを行っておりました。
福島県は、他県からのボランテェアを受け付けていませんが、
私の団体は、裏磐梯に施設を持っていることを活用し
許可を得ることが出来ました。
大玉によって行きたかったのですが、団体行動で
残念ながら叶いませんでした。
ご連絡もしないでお許し下さい。
安達太良サービスエリヤから大玉を見渡し感無量でした。
この時、そしてこれから共に乗り越えて行きましょう。

おたよりありがとうございます。

投稿: たけだ | 2011年3月30日 12:56

くぽさんへpencil

そのデモの様子、テレビで私も見ました。
本人たちは必死で悪気は無いんでしょうが、福島県民にとって嫌なデモでしたね。「俺たちはそこに暮らしているぞ」と言いたかったです。
 
 
伊勢の汗太さんへpencil

ニック、確認しましたscissorshappy01
手紙、着きましたか、郵便局員が「かなり遅れますよ」と気まずそうな顔で受け取りましたので、来月になるかと思いました。
ボランティア活動、ご苦労様でした

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月30日 13:06

福島県・・・あこがれていた土地です。お城はどうなりましたか???誰もお城のことは言っていません。

投稿: 山口ももり | 2011年3月31日 07:38

山口ももりさんへpencil

鶴ヶ城(会津若松城)の外壁等が地震で壊れたり崩れたりしていまして、入場禁止になっています
白河の白河城は、城は大丈夫でしたがその周囲の石垣がほとんど全壊の状態になって、近づけない有様のようです

ただ、どちらも修復はいつになるか解らないようです

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月31日 08:29

そう・・・・ですか・・・一刻も早く修復して・・・しなくても・・・観光客が集まって地域活性化して欲しいですが・・・こんな気楽なこと言ってすみませんが・・・

投稿: 山口ももり | 2011年4月 1日 08:18

山口ももりさんへpencil

どちらの公園も、桜の花見はできると思いますが、観光客は交通規制がしかれ無理かもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2011年4月 1日 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/51245991

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の県歌をあらためて思い起こす:

« 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない | トップページ | 当たり前のことを、改めて知る »