« 鳴き声がしない | トップページ | 映像報道が無い、福島県の震災地・津波被害地 »

2011年3月18日

快晴、彼岸の入りでございます

早朝から強い余震で目が覚め、村の防災無線からは村の避難所での炊き出しボランティア募集の放送が流れていました。

しかし、朝は霜で真っ白になった外でしたが快晴の天候で気温は上がり、穏やかないい天気の彼岸の入りでございます。

まるで何も無かったかのように墓地の掃除に人々が行っています。わたしも墓地掃除に行って来ました。
近所の先輩が「いや~、顔さ放射能があたって痛ぇごど~happy01)」と冗談を大きな声で言いながらやってきました。
隣では老夫婦が「二人仲良く放射能浴びて死ねたらいいなcoldsweats01)」と、こちらもまた大笑いしながら墓掃除をしていきました。

その青い空を自衛隊のヘリコプターが爆音を響かせ飛んでいきました

最高に穏やかで良い日和の「彼岸の入り」でございます。

|

« 鳴き声がしない | トップページ | 映像報道が無い、福島県の震災地・津波被害地 »

コメント

放射能ギャグ…こんなときこそ笑いのセンスが大事ですよねえ。
私も旦那と一緒なら放射能に浴びて死んでもいいですよ。

あ…やっぱやです。(^_^;

投稿: くぽ | 2011年3月18日 17:21

もう彼岸、早いですねぇ。

冗談を言えるくらいの心のゆとりと笑い。被災地の外の人達もそれを持つべきものかもしれませんね。
戦時中のような妙な自粛ムードが漂っています。冷静になって欲しいものです。

>「二人仲良く放射能浴びて死ねたらいいな」
良いご夫婦ですね。家もこうありたいです。

投稿: セット | 2011年3月18日 18:30

くぽさんへpencil

死への不安がどこかにある近所同士の話ですからこういう冗談になるんだと思います。
これが県外の人なら激怒でしょう
 
 
セットさんへpencil

余裕じゃないんですよ「やけくそ」てやつですcoldsweats01
この老夫婦のその後の言葉は「おれは生き残る」というオチが付いているんですcoldsweats01

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月18日 19:06

なるほど、それだけ事態は深刻ということですかね。失礼いたしました。
放射能は目に見えないものです、くれぐれも気をつけて。

投稿: セット | 2011年3月18日 20:19

セットさんへpencil

非難したいが、ガソリンもないし第一避難所暮らしのほうが辛いですからね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月18日 21:23

つらいですねえ。春・・・気温が上がるということは、でも、一方では腐敗も進むということかもしれません。早く、瓦礫をなんとかしないといけません。

投稿: 山口ももり | 2011年3月19日 11:15

山口ももりさんへpencil

ご遺体の腐敗・・・そうですねえ

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月19日 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/51150811

この記事へのトラックバック一覧です: 快晴、彼岸の入りでございます:

« 鳴き声がしない | トップページ | 映像報道が無い、福島県の震災地・津波被害地 »