« 大正4年、福島県の猪苗代湖から始まった | トップページ | 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない »

2011年3月27日

「来週にはガソリンが来る」とは報道されるが・・・

テレビでは「来週にはガソリンが供給されるでしょう」と、報道されているが、先週もそういっていたのに来なかったです。
そりゃ~、1~2店舗くらいはガソリンスタンドが開きましたが、長い行列をして何時間も待って満タンには入れられない(10~20ℓ)のでは“空タンク状態で帰宅”するのと同じです

我が家も段々、心もとないガソリン量、灯油量になってきました。あんなにテレビで報道される、貨物車のガソリン類はどこに行ってしまうのでしょうか?

未だに、1滴も給油できていません

そこで、現在我が村だけでどのくらいのガソリンが必要なのか?推定してみました

  • 村の総戸数      =約2,000戸
  • 自動車平均保有台数=約 3台
  • 自動車の総台数   =約6,000台

上記を基にして、1台あたり平均で30リットル給油、ガソリンスタンドのガソリンだけタンク容量を平均10,000リットルと仮定、タンクローリー車の運ぶ量を最大20,000リットルと仮定、した場合こうなる。

  • 村内全車の総給油量    =180,000リットル(18万ℓ)
  • 上記にそうとうするスタンド数=18~20店舗
  • タンクローリー車の台数   =約 10台

これは、かなり楽観的な推測です。
現実として考えれば、上記の推測にはトラクター等の産業機械の燃料の軽油、暖房用の灯油、それのタンクローリーが運ぶ量はここには入っていないのです。

スタンドの数は半分だし、タンクローリー車がそんなに来るはずが無いわけですから、今週も給油はあまり期待できそうにありません。

どこへ、行ってしまうのでしょうか?福島県へのガソリン。

そして、いつから福島県の津波被害者捜索活動が始まるのでしょう?

そして、いつから福島県の津波被害地の瓦礫撤去が始まるのでしょう?

|

« 大正4年、福島県の猪苗代湖から始まった | トップページ | 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない »

コメント

こんにちは☆

旧HN、からくり庵です。
安達ヶ原交差点のコスモ、ここは連日開いているようで、一昨日2000円分のガソリンと18lの灯油を給油しました。
昨日は仕事で国見に行ったのですが、ここではそう並ばずに満タン給油できました。

プラントのGSでタンクローリー目撃の情報を得ましたが、まだ開いてないようです。

投稿: M.Hermitage | 2011年3月27日 10:37

追記

安達ヶ原のコスモ、今日は3000円分の給油が出来ますが、灯油は在庫が少なくなっているようです。

投稿: M.Hermitage | 2011年3月27日 13:59

M.Hermitageさんへpencil

ありがとうございます。ありがたい情報ですhappy01)。

もう少し近いといいのですが、無い場合ガソリンロスになるので、もう少し近くが開店するのを待ちます

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月27日 14:52

私の車はずっと使用してません(義母の車がガソ切れの場合の代車用)多分米沢に避難する事は無いと思うので、母が勤務先に行くための足にしてもらってます。旦那の車はギリッギリで動いてますが、ガソリン切れたら会社休めるじゃ〜ん♪と言ったら怒られたわぁ(^_^;でしょうねぇ

投稿: くぽ | 2011年3月27日 14:57

くぽさんへpencil

ガソリン切れたら、休みましょう

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月27日 18:35

新潟でも一時品薄でしたが、今は制限なく入れられるようです。
そろそろ福島でも解消するのでは?って、思いますよ。

投稿: もうぞう | 2011年3月27日 20:19

本当に大変ですね。
早く近くのガソリンスタンドが開店して満タン給油
出来るといいのにと思います。

投稿: 浜辺の月 | 2011年3月28日 00:40

もうぞうさんへpencil

そうなることを切に願っています
  
 
浜辺の月さんへpencil

「レギュラー満タン」て、入れたいですねえ

投稿: 玉井人ひろた | 2011年3月28日 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/51227233

この記事へのトラックバック一覧です: 「来週にはガソリンが来る」とは報道されるが・・・:

« 大正4年、福島県の猪苗代湖から始まった | トップページ | 市町村は‘災害ボランティアの人達’をよく知らない »