« 東日本大震災が無かったら・“ありえない風景” | トップページ | 「被ばく」、‘ひらがな’では変でしょう »

2011年6月22日

記憶に有る人はいるか?

今回のような未曾有の災害が起こると、食料品以外に必ず無くなってしまうのが「トイレットペーパー」です。

専門家に言わせれば「どうして買占めが発生するか?確かな要因が見つからない」らしいのですが、それはともかく。

その不足したトイレットペーパーには、一重の「シングル」と二重の「ダブル」というのが有りますが、こういった異常な不足に見舞われた際メーカーはまず「ダブル」を優先して製造するんだそうです。

理由は、ダブルのほうが巻く紙の長さがシングルより短いせいでトイレットペーパー1個にかんしての製造時間が短く、そのため出荷を早められるからだそうです。
知らなかったですねえ

3か月前の店頭の様子を覚えている人がいたなら、本当にダブルのほうから品ぞろえが始まったか判るんですが、
「そういえば・・」なんて、覚えている人は居ないでしょうね。

|

« 東日本大震災が無かったら・“ありえない風景” | トップページ | 「被ばく」、‘ひらがな’では変でしょう »

コメント

知りませんでした。
短いのは理解できますが、総量というか総重量は同じ?いやむしろ多くなる気もしますが・・・

投稿: もうぞう | 2011年6月23日 05:38

もうぞうさんへpencil

全メーカーではないのかもしれませんが、大手ではこの方式で生産時間を短縮し、小売店のニーズに答えたそうです

投稿: 玉井人ひろた | 2011年6月23日 09:06

トイレットペーパー…覚えてないなぁ。消費者にとってお得なのはシングルってことになりますかね。

投稿: くぽ | 2011年6月23日 09:49

くぽさんへpencil

混乱していましたからね。覚えていないですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年6月23日 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/52014290

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶に有る人はいるか?:

« 東日本大震災が無かったら・“ありえない風景” | トップページ | 「被ばく」、‘ひらがな’では変でしょう »