« TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」 | トップページ | その 放射線量計、壊れていませんか?古くない? »

2011年6月28日

怒号と罵声、けれど‘ニンマリ’

東電の大震災後初の株主総会は「勝俣会長の不信任案」と「原発事業撤退案」などが提案されたが、すべて「否決」されたようです。

つまり、これからも今まで通り変わらない勝俣体制で会社は進んでいくということに決まったのです。
当然、株主からは怒号とヤジ、罵声が上がり、株主総会会場は騒然となったことは東電当然でしょう。

勝俣会長曰く・・・
 「新しい人で、という考えもあるが、単に辞めるのではなく(東電を)更生させることで責任を取る」

 さらに、こんなことも・・・

 「“異常に巨大な天災地変”の場合、事業者に全ての免責があるとする現行の原子力損害賠償法第3条は今の現状にそぐわない法であり、多大な損害賠償支払いのため当社の事業も立ち行かなくなるリスクが生じるので、事業者が国の損害賠償支払い援助などが受けられる新しい法律<原子力損害賠償支援機構法案>が国会においての早期成立をお願いしている」

勝俣会長調子の良いことを言ってますねえ。この自信、東電にはいまだに政府に圧力をかけられる力が存在している証拠ですね。

なんとも、すごいコネクションをお持ちですこと。

|

« TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」 | トップページ | その 放射線量計、壊れていませんか?古くない? »

コメント

東電と当然、うまいな~

投稿: もうぞう | 2011年6月28日 19:04

もうぞうさんへpencil

そこを見つけてしまいましたかhappy01

投稿: 玉井人ひろた | 2011年6月28日 19:13

私は昼のニュースで「脱原発」議案!と聴いて小躍りして喜びました、、、^^;)一昨夜の「仁」とダブって「日本の夜明けだあ!!」と気持ちが晴れ晴れしましたが、夕方のニュースで、どろっと暗くなりました、、、--;) 日本はもう終わりかも、、--;)少なくとも優れた文化がどんどん失われる、、、ーー;)どよ~~ん!!

投稿: | 2011年6月28日 20:39

空さんへpencil

昔「懲りない面々」とかいうタイトルのがありましたが、文字通り懲りない人々がこの人たちなのです。
科学者の中には「炉心と建屋が残ったこと自体、安全な設計だった一つの証」などとテレビで言った人がいましたね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年6月28日 21:18

全然、反省なんかしていないですよね!
自分達の儲けの事しか考えられないんだshockと、はっきり思い知らされた気がしてます

投稿: 空 | 2011年6月29日 00:13

空さんへpencil

原発事故はもうあの人たちにとって“別問題”なっているのでしょう。

投稿: 玉井人ひろた | 2011年6月29日 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/52067605

この記事へのトラックバック一覧です: 怒号と罵声、けれど‘ニンマリ’:

« TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」 | トップページ | その 放射線量計、壊れていませんか?古くない? »