« アイドリングストップ付き車に試乗する | トップページ | 同じ“お茶ドリンク”されど違う? »

2011年8月24日

無料走行が終了

国土交通省は本日の24日、6月20日から実施している東北地方の高速道路(自動車道)の無料通行処置のなかで、トラック、バスに関しては(当初予定通り)今月いっぱいの8月31日(水)迄で終了することを正式に発表しました。
http://www.c-nexco.co.jp/navi/freeway/touhoku/

尚、被災者支援専用車の全車種については、今後も当面継続するようです。

ただし、その支援車両や内容については今後見直しが検討され変更される可能性が有ることを示唆したようです

さて、被災証明書で無料走行している一般車両はその‘被災支援車両’とやらに入るのでしょうか?(続行)
私的には一般車両の無料走行に関しては何らかの制限をしたほうが良いような気がするんです。

現在、高速道路といっても私の場合「東北自動車道」と「磐越自動車道」しか見ていませんが、普通の日でも交通量は今までより多くなっています。
今の状態で事故などが起こった場合、大事故になりかねないと思うんです。

ほとんど高速を利用しない私の考えですから、反対もあるでしょうが流れがあまりよくないのでは、来月から料金を払って仕事で運転するようになる物流関係者には不公平な発表だと思ってしまったんです。

|

« アイドリングストップ付き車に試乗する | トップページ | 同じ“お茶ドリンク”されど違う? »

コメント

昨日、テレビを視ていたら、その現地がレポートされていましたが、東北に向かう振りして水戸ICから入り直ぐにUターン&Uターンして関西方面へ向かう大型車で混乱して酷い有り様でした。
世知辛い世の中ですねぇ!

投稿: 空 | 2011年8月25日 00:40

空さんへpencil

ニュースで言っていた「・・・で混乱させている車両が見られる」とは、それだったんですね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年8月25日 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/52558930

この記事へのトラックバック一覧です: 無料走行が終了:

« アイドリングストップ付き車に試乗する | トップページ | 同じ“お茶ドリンク”されど違う? »