« 死語の意義、少数民族の誇り | トップページ | 社会の窓≠前チャック »

2011年9月 4日 (日)

60年前に戻ってみた

今年の自然災害の多さは、なんでしょうか?

今年の干支(えとは「辛卯かのとう)」です。今年と全く同じ干支の年は今から60年前(干支は60年周期)の昭和26年(1951)の辛卯年になるんですが「もしやその年にも自然災害が有ったんじゃないか?」と、見てみましたら、やはり有りました。

昭和26年10月に鹿児島に上陸した「ルース台風」というのがありました。

  • 全国の死者572
  • 壊れた家屋=22

その被害は上記のようなもので私が今まで経験したことが無い大災害だったようです。

自然災害はある周期で繰り返すといいますが、今年の台風による被害の多さを見ると60年前のような台風災害がこれから起こる可能性は否定できないものですし、同じく来月ごろまでにまた巨大余震が起きる可能性も否定できないということですし、これは覚悟が必要ですかね

|

« 死語の意義、少数民族の誇り | トップページ | 社会の窓≠前チャック »

コメント

ほんと今年は災害が多いと思います。
復興費用がかかって大変ですね。
大丈夫か?日本。

投稿: もうぞう | 2011年9月 4日 (日) 19:47

もうぞうさんへ

今回の台風の被害も尋常じゃないですよね。不安ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年9月 4日 (日) 21:40

東南海地震は30年以内に確実に来るとか???今まで知らなかっただけなんでしょうか???

投稿: 山口ももり | 2011年9月 7日 (水) 10:14

山口ももりさんへ

いつかは来るんだと思いますが、行政としての発表はその発表に至るまでの決断判断が難しいですから、慎重に調べているんだと思います

投稿: 玉井人ひろた | 2011年9月 7日 (水) 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60年前に戻ってみた:

« 死語の意義、少数民族の誇り | トップページ | 社会の窓≠前チャック »