« 「“独身”証明書」・・・?! | トップページ | 福島県の「理容店」の店主達の試み(放射能) »

2011年9月27日

「もったいない」推進のマータイさんと福島県

ワンガリー・マータイさんというアフリカはケニアの女性を知っていますか?

アフリカで環境問題と女性人権運動家として有名な女性で、環境分野で初のノーベル平和賞を受賞、同時にこれはアフリカの女性としても初の受賞を果たした方でしたが、先日お亡くなりになりました

この方が講演のために平成17年に来日した際、「もったいない(勿体無い)」と言う素晴らしい日本語に出会います。

マータイさんによれば「もったいないの言葉にはのReduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている」と言うのです

そこで、活動する拠点に戻るとこう話したそうです

「私たちの活動名を<MOTTINAIキャンペーン>にしましょう」

こうしてスタートしたMOTTAINAIキャンペーンは、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会を目指す世界的な活動として今でも展開します

同時にマータイさんのおかげで「もったいない」という日本語が環境を守る美しい世界共通語「MOTTAINAI」として瞬く間に広まり、日本から生まれた「もったいない」が世界をつなげる合言葉「MOTTAINAI」へとなります。

そのことを知った福島県では県の商工会議所を中心に「もったいない運動ふくしま宣言」と銘打ってエコロジーのキャンペーンを同じ年に開始します

するとその活動をどこで知ったのかマータイさんが次年、平成18年2月に来県されたのです

そしてその年、福島県は県として初めての「福島県国際交流親善大使」にマータイさんを任命させていただきましたことは、地元紙では大きく報道されました。

マータイさんは非常に感激し満面の笑みで任命をお受けになられていました。

福島県ゆかりの偉大な人物がまた一人いなくなってしまいました、残念ですし「もったいない」ですね

|

« 「“独身”証明書」・・・?! | トップページ | 福島県の「理容店」の店主達の試み(放射能) »

コメント

がんだったのですね。
「もったいない」って日本語を世界の言葉にしてくれて、
ノーベル平和賞の受賞と、素晴らしい女性でしたね。

投稿: Lisa | 2011年9月27日 21:33

Lisaさんへpencil

知らなかったのですが、活動中は政府に睨まれ投獄までされていたんですね。
勿体ない人が亡くなりました

投稿: 玉井人ひろた | 2011年9月27日 21:43

特に食べ物、日本人は考えなくてはいけません。世界規模で餓えている人が信じられないほどいるんですから。

投稿: 山口ももり | 2011年9月28日 10:00

マータイさんの訃報、とても残念に思いました。

田村町商工会女性部では、今年も10月23日(日)に「もったいない市」を開催いたします。
部員が家庭に眠っている食品、食器、衣類、寝具・タオル類等持ち寄ります。
売上金は、義援金として社会福祉協議会へ届けます。
只今その準備中です。

投稿: いっこんま | 2011年9月28日 14:24

山口ももりさんへpencil

餓えている人々がいる国々への食料を含め援助はたぶん世界一多くやっているのが日本だと思います。
そのほかに食糧問題はTPPとともに国際間の外交取引に弱い日本はこれから正念場です
 
 
いっこんまさんへpencil

そちらの商工会は活動が広範囲で活発なことに、いつも感心させられております

投稿: 玉井人ひろた | 2011年9月28日 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/52845893

この記事へのトラックバック一覧です: 「もったいない」推進のマータイさんと福島県:

» 「もったいない」 [反戦塾]
 ケニアのノーベル賞受賞者ワンガリ・マータイさんがなくなった。彼女については、本塾の前身「反戦老年委員会」で2、3度記事にしているが、アクセス不能のため再録しな [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 09:49

« 「“独身”証明書」・・・?! | トップページ | 福島県の「理容店」の店主達の試み(放射能) »