« 「暫定」という言葉の意味 | トップページ | ダルマさんがころんだ »

2011年12月24日

東日本大震災にも 起きるだろうか?

平成16年(2004)12月26日に起きたスマトラ島沖地震を覚えているでしょうか?
この大震災も津波によって非常に多くの方が犠牲になりました。その数は20万人以上にも上りました。

このときに日本も原発の津波対策を考えていれば犠牲は少なかったと思います。実際に日本の政府(自民党政権)では津波に原発が対応していないことをこのころすでに認識し、改善を考えたのですが実行には至りませんでした。

さてそのスマトラ島沖大震災の津波により行方不明になっていた少女、当時8歳だったワティさんが年ぶりに発見され両親と再会を果たしたニュースが報道されました

「‘奇跡’とは、実際に起きた事実があるから残った言葉である」とはよく言ったものです。

津波でさらわれた少女が7年も過ぎてから故郷に帰るなどと言う奇跡がそれを立証しています。

今回の東日本大震災でも行方不明者は膨大な人数です。1人くらいスマトラの様なことが起きても不思議じゃない気がしませんか?起きてほしいですよね

|

« 「暫定」という言葉の意味 | トップページ | ダルマさんがころんだ »

コメント

ワティさんが7年ぶりに発見され両親と再会を果たした・・・始めて知りました。一人でも帰ってきてほしい・・・皆さんそう思ってらっしゃるでしょう。

投稿: 山口ももり | 2011年12月27日 10:04

山口ももりさんへpencil

福島県でもまだまだ行方不明者が大勢います。何らかの形でも見つかるといいです

投稿: 玉井人ひろた | 2011年12月27日 12:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/53560090

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災にも 起きるだろうか?:

« 「暫定」という言葉の意味 | トップページ | ダルマさんがころんだ »