« 暴風警報 | トップページ | “平年並”・・・(?) »

2011年12月 5日

胃瘻(いろう)、延命治療

現在の病院では、口で食べられない高齢者、認知症末期の寝たきり患者でも胃に管で人工的水分・栄養補給をする‘胃瘻’という医療行為が普及し、食事ができない、いわば寝たきりの人でも何年も生きられることが常識となりつつあります。

その反面、介護を受け持つ現場からは「延命が必ずしも患者本人のためになっていないのではないか?」という声が増えているのも事実のようです。

<12月5日報道>
高齢者の終末期における胃瘻(いろう)などの人工的水分・栄養補給は、延命が期待できても、本人の生き方や価値観に沿わない場合は控えたり、中止したりできるとする医療・介護従事者向けの指針案が4日、東京大学で開かれた日本老年医学会のシンポジウムで発表された。
 日本老年医学会内で甲斐一郎東大教授が代表を務める作業部会が広く意見を募って修正しながら試案を作成し、2012年の夏までには同学会の指針としてまとめるという。

つまり、「延命行為の中止を可能にする法律を作成してはどうか?」というものですよね。

「選択肢が増やされる」と考えれば良いのでしょうが、私の経験からだと思いは複雑です。

やはりどこかに「どんな形でも生きていてほしい」という思いを合理的に消すことは困難であり、たとえ合理的理性的に決断をしたとしても、その後に、それこそ津波のように襲う死別の悲しみは言い知れぬものがあります。

その時にならないとわたしには判断不可能です

|

« 暴風警報 | トップページ | “平年並”・・・(?) »

コメント

延命治療など不要と思っている若い人は、多いと思います。
しかし死を意識するようになったり、またはその現場に立ち会うとたとえどうあれ生きて欲しいと思うようになるらしいです。

たとえば、肺機能が悪くなって、苦しくなってきたとします。
酸素吸入をすれば、楽になります。どうしますか?って言われれば、「お願いします」と言うのが自然でしょうから。

医療が進めば、いっそうこの問題は大きな課題となっていくでしょう。

投稿: もうぞう | 2011年12月 5日 18:46

もうぞうさんへ

自分自身のことの場合、家族のことの場合、その場合場合によっていざ直面した時は違う考えになると思うんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2011年12月 5日 21:49

自分がイザ死ぬ時・・・これはケッコウむつかしい。命への執着、は死にそうになればなるほど強くなるようで、普段は強そうなこと言ってる人でも、今にも死にそうになると、とたんにナントカしてくれって頼むようです。普段から、自然死をしたいと思っている私ですが、弱みを見せないように、いえ、たとえ見せてもサッサと死なしてくれるようにって普段から息子達には言っています。そのお金で、今旅してるんですから・・・って。健康保険や世界的規模の医療資源の問題も、解決の一助になるのでは???

投稿: 山口ももり | 2011年12月 6日 12:07

難しい問題ですね。選択肢が増えるという意味ではいいのでしょうが・・・。医療の発達で人生観や社会問題まで変わろうとしてますからね。

投稿: 吉田かっちゃん | 2011年12月 6日 12:10

山口ももりさんへ

>サッサと死なしてくれるようにって普段から息子達には言っています
そう言われていても、いざとなると決断は難しいでしょうね
 
 
吉田かっちゃんへ

「医療の発達は良いことばかりじゃない」・・これって矛盾ですよね。困ったものです

投稿: 玉井人ひろた | 2011年12月 6日 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃瘻(いろう)、延命治療:

« 暴風警報 | トップページ | “平年並”・・・(?) »