« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »

2011年1月2日 - 2011年1月8日の7件の記事

2011年1月 8日

アニメのタイガーマスク(伊達直人)・・ランドセル

アニメのタイガーマスクを読んだ世代と言うと雑誌連載されたのが昭和40年代(1966年ごろ~)ですからけっこういい大人でありましょう。もう既に孫がいる方もかなりいる世代ですよね。

作者は50歳という若さで亡くなった天才漫画家で、あの伝説の漫画「巨人の星」「あしたのジョー」などを画いた「梶原一騎氏」です。

アニメでは“孤児院”で育った主人公の伊達直人が「虎の穴」と呼ばれる極悪レスラー要請施設で命懸けの訓練で反則技を使う極悪プロレスラータイガーマスクになり、そのファイトマネーの一部を自分が育った“孤児院”に寄付するシーンがあるストーリーです。
テレビのアニメ等を見ていた人ならよく知っているストーリーですね

その世代の人なんだと推測されますが、全国で養護施設や児童相談所にランドセルが匿名や「伊達直人」の仮名で送られるニュースが相次いでいますね

たぶん一人ではなく複数の方なのでしょう、御奇特な方がおられるものです。

ところで・・・

続きを読む "アニメのタイガーマスク(伊達直人)・・ランドセル"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月 7日

寒中見舞いの利用

今日は1月7日我が地域では「七日正月」などとい言ったりして夜には注連飾りなど正月の物を燃やす「塞の神(さいのかみ)」(どんどやき)が行われます。
ただし、我が家は不幸(葬儀)があったので4日に燃やしましたので、きょうは無しです。

さて、一般的に1月1~7日までを「松の内」と呼ばれるまして、年賀状はこの期間内に‘送る受ける’するものだそうですからきょうが年賀状最終日となりますね

そして丁寧な人は喪中のため「新年挨拶欠礼」をよこされた方へ年賀状の代わりに「寒中見舞い」というものを出しますが、その出すタイミングが松の内の7日を過ぎたときなんだそうです。

わたしは、年賀状より少し遅く着くように以前は松の内を気にせず出していましたが、ちょっとまずかったといまごろになって思っています。
皆さんはどうなんでしょうかね。‘寒中見舞いの出し方’って知っていましたか?

続きを読む "寒中見舞いの利用"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日

途切れた記録

4日の深夜11時50分ごろ、福島県の安達郡大玉村玉井字不動滝(あだちぐんおおたまむらたまのいあざふどうだき)地内を通る県道で自転車で走行中の同村玉井在住の無職鈴木照三さん(76)が、同県道を走行してきた二本松市高平、トラック運転手古川総一郎さん(35)のトラックにはねられ死亡する事故発生しました。

私が住んでいる村でございます。

この死亡事故は今年初めての交通死亡事故になったため、県内のテレビ局各社がすべて現場に来てその一報を放送しました。
わたしもどの局かは確認しませんでしたが、撮影しているスタッフの脇を通って見ていました

昨年平成22年、福島県内には死亡事故多発警報が何度も出され警察も警戒していたのですが、新年になって早々におきたことにショックをうっけているようです

それよりも

続きを読む "途切れた記録"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 5日

今日の我が村の話題のトップ記事と言ったら、これでしょう。

年末ジャンボ宝くじの1等と前後賞、あわせて3億円が我が村にある宝くじ売り場から出たことです

場所は国道4号線沿いの安達郡大玉村大山字玉貫(あだちぐんおおたまむらおおやまあざたまぬき)交差点傍にある「スーパーセンターPLANT-5」の店舗入り口に有る宝くじ売り場です
(※、PULNT-5の「5」とは「売り場面積5000坪という意味、東北最大級の店舗になる

今日、その店の近くを通りましたらニュース等で知ったのでしょう「縁起担ぎ」をする人々がどっとロトシックス等、宝くじを買うために行列をなしていました。以前から3等などはよく出ていたところなのですが、「1等が出た売り場・3億円が出た売り場」という肩書きは絶大のようです。

売り場スタッフは女性一人なのですが、もう食事時間も無い日が続くことでしょう

わたしは買っていませんので論外ですcoldsweats01)が、他人事でも近くで3億円を当てた人がいるという話題は新春から明るい話題ですよね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 4日

怒る、怒る、若い甥

2日に甥が年始の挨拶にやってきました。3日から休みだというのでホッとした顔でいつもの調子で面白い話をいっぱいしてくれました。面白い奴なんです

甥は23歳(?)でゲーム好き、パチンコ好き、酒好きの、そしてちょっとおっちょこちょいで涙もろいが、典型的な現代の若者です。

その甥が、
今年の元日に友達から貰った新年の挨拶メールに頭にきて直ぐに電話して「おまえ、ふざけてんじゃねぇぞangry」と言った。という話しをしてくれました。

そのメール文面がこれです

あけおめ~、ことよろhappy01

続きを読む "怒る、怒る、若い甥"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年1月 3日

なんとなく

なんとなく、お正月気分でショッピングモールに出かけてみましたが買うものは無く店内をぶらついていました。

本屋で、目に留まった一冊の本「これがあの本か!」と、速買ってしまいました。

100歳の詩人「柴田トヨさん」著、詩集「くじけないで」です。
これまたなんとなく年始の夜中に見ていたテレビで特集されていた本で、良い本のようだったので購入してしまいました。

買うときに1~2つ詩を読んだのですが、危なくあふれ出した涙をこぼしそうになり辺りを見回しなり、帽子を深く被りなおしてからレジに並びました。

これは、crying)思った以上に感動の詩の内容でございました。

あすの親戚の葬儀を済ませてた後ゆっくりと泣きながら読みたいと思いますcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 2日

新年、たった二日目にして

新年もまだたった二日目にして、正月気分が朝の電話で薄らいでしまいました。

親戚から「OOのばあちゃん亡くなった・・・」と、いきなりの訃報が届けられました。

昨年の始めごろから、危ないとは聞いて見舞いなどをしていたのですが、「正月が迎えられ良かった」と思った矢先のことですっかり正月どころではなくなりました

あすには正月飾りを外すことになってしまいました。そしてあさっては葬式です。

縁起でもない記事をアップしてしまい申し訳ないのですが、これもまた避けられない人の道ということで、ご了承ください。

「正月は死での旅の一里塚・・」(一休禅師語録)が実感させられる本年の始まりとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »