« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月13日 - 2011年3月19日の10件の記事

2011年3月19日

福島県の発表

<1回目>単位=μGy/h(マイクログレイ毎時
9.46マイクログレイ/毎時(11時00分)=二本松市役所
4.26マイクログレイ/毎時(2時54分)=二本松市東和支所
5.48マイクログレイ/毎時(11時20分)=大玉村役場
7.41マイクログレイ/毎時(11時30分)=本宮市役所

<2回目>
9.27
マイクログレイ/毎時(12時45分)=二本松市役所
4.27マイクログレイ/毎時(16時32分)=二本松市東和支所
4.98マイクログレイ/毎時(13時25分)=大玉村役場
7.46マイクログレイ/毎時(13時15分)=本宮市役所

わが地域の19日今日の数値です。

※、「1マイクログレイ/毎時」は「1マイクロシーベルト/毎時」とほぼ同じ数値

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年3月18日

映像報道が無い、福島県の震災地・津波被害地

マスコミの報道は画一化しはじめています。

津波と震災の悲惨な地域=「岩手、宮城県」で、苦しい避難所生活の様子が毎日報道されています。

それにくらべ、地震の津波によって死者と行方不明者が4000名以上と阪神淡路大震災にほぼ近い被害を出している福島県はまったく報道映像が無い。

いわき市にある最大の水族館「アクアマリンふくしま」では停電で2万点以上もの生物の生命維持が不能になっているとか、マスコミは報道しない。

原発ばかりの映像です。福島県は原発だけじゃないぞ~angry

分かっていますよ。
「放射能レベルはまだ人体に影響が無い、安全だ」と「み○も○た」とか「○倉智○」とかがもっともらしい顔をして口では言っていますが、「福島県の取材は危険」としテレビ局はリポーターとカメラマンを入れることに尻込みしているのです。
マスメディアとはそう言う者達です。

人間ですからしょうがないですが、・・・福島県の悪い風評を全てのマスコミによってどんどん作り上げられている気がします

| | コメント (12) | トラックバック (0)

快晴、彼岸の入りでございます

早朝から強い余震で目が覚め、村の防災無線からは村の避難所での炊き出しボランティア募集の放送が流れていました。

しかし、朝は霜で真っ白になった外でしたが快晴の天候で気温は上がり、穏やかないい天気の彼岸の入りでございます。

まるで何も無かったかのように墓地の掃除に人々が行っています。わたしも墓地掃除に行って来ました。
近所の先輩が「いや~、顔さ放射能があたって痛ぇごど~happy01)」と冗談を大きな声で言いながらやってきました。
隣では老夫婦が「二人仲良く放射能浴びて死ねたらいいなcoldsweats01)」と、こちらもまた大笑いしながら墓掃除をしていきました。

その青い空を自衛隊のヘリコプターが爆音を響かせ飛んでいきました

最高に穏やかで良い日和の「彼岸の入り」でございます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月17日

鳴き声がしない

今朝、気が付きました。

野鳥の鳴き声がまったくしていません。毎朝晩飛びながら鳴いていた白鳥の声も無い。

聞こえるのは空を行きかうヘリコプターの爆音と時折する緊急車両のサイレンだけなのです。

さて、どこへ行ってしまったのでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月16日

嘘の噂、チェーンメール、悪徳商法が横行している

いろんな噂が横行しています。

  • 原子力発電所が臨界に達したのを国は隠している・・・とか
  • 放射能には“わかめ、昆布”を食べると良い・・・とか
  • うがい薬を飲むと放射能が中和される・・・とか

上記はです

しかし、我が家にも母の友人が「わかめを食べなさい」と電話をよこしましたし、知り合いでわけも無く「南へ逃げる」と連絡をよこした者とか、チェーンメールでパニックを起こしている人たちが多く出始めています。

中には、「放射能に効く薬」と称して効果の無い偽薬を販売しているやからもいると聞きました。
場所によっては援助物資の盗難まで起きているようです

外国からその冷静な態度が賞賛されていますが、現実はこんなことが起きているのです。

人は不安なときは藁をもつかむもの、それを楽しむ輩が日本にも少なくないことが分かってしまいました。腹が立ちます。

全国ニュースではやっていないでしょうが、ガソリン不足のため郡山市などではごみ収集作業が中止になっています。
わが村は今のところゴミ収集は行われているが、先は不明です

こんどはゴミの山があちことに増えそうです。

母曰く、「戦争よりひどい」、そして福島県ではマスコミによってこんな言葉ができました、
原発難民」、「震災難民」、どちらも何万人というものすごい福島県人数が西へ西へと移動でございます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月15日

外出自粛の発令

原発から60キロ以上離れたわが村でも、昼12;00過ぎ村独自判断によって「外出自粛要請」が発令された。

さらに、放射能の危険性もあるとし村内の幼稚園、小学校、中学校は18日(金)まで臨時休園・校となり来週の21日まで休みとする決定がなされた

| | コメント (6) | トラックバック (0)

絶え間なく続く余震、飛び交うヘリ、救援輸送トラック、 震災名

まだまだ、続いている強い余震、夜中また3度ほど余震で起こされ寝不足です。明るくなると救援ヘリが低空を北へ南へ引っ切り無しに飛ぶ爆音が響き渡ります。
わが地域はヘリの飛ぶコースのほぼ真下に当たるので、それはすごい爆音です。

遠くに見える、緊急車両専用になった東北自動車道では大型トラックと救急車が、やはり北へ南へと絶え間なく行きかう様子が見えます。

テレビでは放射能の恐怖が報道され、気象予報の風向きに一喜一憂する我が家です。

著名人たちの寄付や援助の報道が流されていますが、間違いなくわが地域にはその浄財は来ないわけでして、自力で壊れた箇所等を直すこととなるでしょうから、義援金の話は遠くの事のような気がしています。

ガソリン節約のためひたすら出かけずにいます。
人によっては遠くまで自転車や徒歩で買い物に出かける姿も珍しくなくなりましたが、そうなると放射線が気になるわけです。

四面楚歌なり」、ただ我が家は水に困らないので、その点では助かっています。

続きを読む "絶え間なく続く余震、飛び交うヘリ、救援輸送トラック、 震災名"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2011年3月14日

東日本大震災、二日目‘2011.3.12’

「2011年・東北地方太平洋沖地震(気象庁・政府の公式地震名)」は、まったく余震が止まらない。もう既に震度3以上の揺れだけで50回以上になってしまった。被害を再度確認して歩く、

1_img_0647

Img_0628 Img_0607

我が家の玄関、近所の家々、頭上からの落下物で危険

続きを読む "東日本大震災、二日目‘2011.3.12’"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月13日

震度6」の大地震が襲ったその日‘2011.3.11’

3月11日の曇りの朝、我が家ではこんなわたしとパートに出かける前の妻との何気ない会話から始まった。

、「きのうの夜、いや~おっかない夢 見たんだよな~
妻、「まだ、死んだ人でも出だのがい?」
、「いや違!妹ど甥が泊まりさきてで寝るころなったらな、すごい地震が来たんだ。
その地震の揺れのデカイごどデガイごど。家の壁が左右に2メートル近ぐ振られんだ。

妻、「そして?」
、「おれは必死に「動くな!頭抑えろ!」てみんなに絶叫して、おさまったころ目が覚めだんだ。おっかない地震だった
妻、「‘夢’でよがったないhappy01

そんな、たわいも無い台所での笑い話だった・・・・のだが・・、その日の午後、それは実際に起き、わたしの夢は「正夢」となってしまった。

午後3時近く、ゆらゆらと小さく揺れ始めた地震は次第に大きくなり止らない。めったにしないことだが、外に出られる窓を開けた、でも外には出ず止むのを待つが揺れはもっと大きく激しくなる。
ついに巨大な揺れとなり、わたしは地震で初めて経験する揺れに「家が倒壊する」と直感し外に飛び出した。
テラスのサンダルを履こうと思ったが、揺れが大きく足元がすくわれてまともに歩くこともできない。立っているのがやっとだ。それでもふらつきながらサンダルを履き、高齢の母親の様子を見るため畑のほうに向かった。

続きを読む "震度6」の大地震が襲ったその日‘2011.3.11’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

郡山市の妹の家に出かける

震度3前後の余震つづく、いつ終わるのか不明だ。道路は至る所で地割れ陥没が発生している。ガソリンスタンドには長蛇の列、郡山市内を流れる阿武隈川(この川の河口の宮城では津波被害)の橋が通行止めがあってすんなりいつものルートを走れず遠回りして妹宅に到着した。みな無事を確認、安堵

我が家はひかり電話が不通のまま復旧の見とおしがない。睡眠不足で頭痛がひどい

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »