« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »

2011年4月24日 - 2011年4月30日の7件の記事

2011年4月30日

おらの村に‘仮設住宅’が建つ

私が暮らす村では、福島県からの要請を受け、「630戸の仮説住宅」の建設を受託しました(富岡町の方が居住予定)。

建設場所は福島県安達郡大玉村玉井字横堀平(ふくしまけんあだちぐんおおたまむらたまのいあざよこぼりだいら)というところで、ここは以前まで森林組合の杉等の苗を育てるための広大な土地だったのを村が買い取ったもので、その後開発計画も未定で空き地になっていたところなので村民にも影響が少ない場所になったことは幸いでした。

それは、さておき「仮設住宅」についてどのくらいのことを知っているでしょうか?

  • 1戸あたりの値段はいくらでしょう?
  • その建設諸費用はどこが、誰が払うのでしょう?
  • 種類があるのだろうか?
  • 発注はだれが、誰にするのでしょう?
  • それが国なら担当省庁はどこなのでしょう?
  • 今回の東日本大震災では何戸ぐらいが欲しいのでしょう?
  • どんな法律が関係するのでしょう?

答えられる人が居るでしょうか?居ないですよね。私はまず気になったのが1戸あたりの建築単価ですよ。そこから、調べたらいろいろ分かりました。

続きを読む "おらの村に‘仮設住宅’が建つ"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月29日

無い無い尽くしで・・・・泥縄立法

未曾有の大災害が起こるたびに出てくるのが「・・・の法律が無かった」ということですよね。
阪神淡路大震災のときも自衛隊が「自治体からの要請によって自衛隊は出動できる」という法律がネックになって、自衛隊は出動でき無かったことが思い出されます。

それでも、駐屯地の自主判断で自衛隊法の「国民の危機には自主出動ができる」という自衛隊法を拡大判断にして出動した部隊もありました。

今回の東日本大震災でも法律の壁や、行動するための法律が無かったことが出てしまいました。

それが「え~~、なんでなの?」というのが有って唖然としてしまいました

続きを読む "無い無い尽くしで・・・・泥縄立法"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月28日

それは“怠慢”でございましょ?

文部科学省は27日、東京電力福島第一原発から30キロ離れた7地点に設置した簡易放射線量計の測定結果を発表したんですが・・・

その測定結果を発表できた箇所は、同原発から北西に33キロ離れた福島県飯舘村の3地点のみしか発表できないという、なんともしまらない発表になってしまいました。

他の4地点のはどうして発表できなかったかというと、理由はもっと信じられないものです

  1. 原発から西北西30キロの地点の浪江町(なみえまち)津島地区に設置されていた線量計の一つは何者かによって盗まれ
  2. 残りの3地点のは、測定担当者の巡回予定先から外れたためデータは得られなかった

1番の理由の「盗難」には、なんと悪いやつがいるものかと驚きましたが、それよりもわたしが呆れる理由は2番です。

この少しでも情報が欲しい非常事態に際し“巡回予定から外れた”は無いでしょう。これは、原発推進開発担当である文科省の怠慢だと思うのですがねえ。違いますか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月27日

「波」・・・か

日本の国土の海岸線の長さは‘世界第6位’を誇る長さがありますことは、以前も「海岸警備箇所が多すぎて大変である」というような内容で記事にしました。

つまり、それだけ海に面した場所が多いというわけですからこれを利用した発電は当然考えられます。
原発もその海を「冷却」ということで利用している発電システムの一つだとも言えますね。

しかし、今回の事故で世界中で安全な発電、脱原発が叫ばれている中でこの海の“波”の力を利用した発電開発を提唱する意見が出ているのです。

続きを読む "「波」・・・か"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年4月26日

混乱しているのか?‘マジ’なのか?

今現在、我が家は故有って、毎日近くの救急指定病院に行っております。その故は「方言ログ」のページを見てもらうと分かります。

その病院で、妻が見たワンシーンです。

その病院の受付カウンターで、原発事故によってわが地域に避難されてきている老夫婦が病院側から何かを聞かれたか、請求されたからしく、必死に何かを訴えているところに遭遇したそうです。

その会話です。

高齢の女性、「わたしら、福島から来たんです。福島から(避難して)きたんですangry

受付の職員、「え~?あの~・・・・・はぁぁぁ・・・coldsweats02

高齢の女性、「ですから、私たちは“ふくしま”から、避難して来たんですよpout

被災された避難民の方は保険証が無くても病院に掛かれる特例処置を現在行っています。そこで、なにか尋ねられて必死に「避難者」であることを訴えているのですが、混乱しているのでしょうか?
言っていることが変ですよね。

続きを読む "混乱しているのか?‘マジ’なのか?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月25日

やっと餌を貰えると思ったら・・

福島県の原発による避難区域に、残されていた家畜たちもうすでに1ヵ月半以上も何も食べないでいたのです。

力なくか痩せ細っても生きていた家畜たち、久しぶりに現れた人間を見て「やっと餌が食べられる」と思い、衰えた体力を振り絞ってか細い鳴き声を出して喜びをあらわしたら・・注射をうたれ殺されました。

福島県は衛生上の理由から殺処分を今日から開始しました。

南相馬市の牛を飼っていた男性「あのか細く切なく鳴く声を聞いたら、もういたたまれなかった。早く楽にしてやってください・・・」と、泣いて語ったそうです

腹が減っても飼い主を信じ待って、やっとやっと生きながらえていた家畜たちへ「みんな人間が悪いんです。ごめんなさい」

この家畜のように、何人の人が枯れ木下で救いを求め生きていたのでしょう?原発の事故で誰も救助に行かず亡くなって行ったのでしょうか?

哀れであります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月24日

プルト君・・・!?

むかし、むかし、日本原子力研究開発機構が広報用に制作したキャラクターなんだとさ

Photo

「プルト君」という名前だそうです。

これを使った原発キャンペーンは大ブーイングで直ぐに終了したらしいです

こんなものを作っていたとは・・・ん~ん?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月17日 - 2011年4月23日 | トップページ | 2011年5月1日 - 2011年5月7日 »