« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011年5月22日 - 2011年5月28日の7件の記事

2011年5月28日

実は・・・よく解明されていない

福島県では県内全域の学校で、ある実験をしました。

それは・・・

校舎内の放射線量は、‘窓を締め切った状態’、‘開け放った状態’ではどのくらい放射線量に差が現れるのだろうか

というものでございました。測定の仕方はこんな具合です

  • 窓際の床から1m.と50cm.の高さで測定する
  • 教室中央部の床から1m.と50cm.の高さで測定する

上記の測定場所で、窓を開放した教室と締め切った状態の教室で行われました。

続きを読む "実は・・・よく解明されていない"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2011年5月27日

おもしろい防災グッズだ

東日本大震災直後、品不足となったものと言えば・・・まず食料品で特に「パン類」と「カップ麺」はすごかったです。
そして、トイレットペーパーやティッシュペーパーでした。そしてなんと言ってもガソリン、灯油などの燃料が無いのは辛かったです。
しかし、これらの物は大体1ヵ月後には、制限はありましたがほぼ通常通り品物がそろいだしました。

その中で、もっとも最初に店頭から消えて最も長く入荷しなかったものと言えば「乾電池」でしょう。
現在使われている乾電池と言えばほぼ90%が「単3型」でしょう。単1型は懐中電灯ぐらいにしか使用されていませんし、メーカーの生産も少なかったそうですからそうなるのは当然で、それが震災の停電で一気に懐中電灯用にと買いあさったのですから大変です。

我が家は、私が必ず年末に家中の乾電池使用製品をチェックするので買わなくて済みましたが、停電の最中の3日ほどは店頭に無いというのは不安なものでしたね

続きを読む "おもしろい防災グッズだ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月26日

30km圏内、さらに50km圏内でも・・“県内”

福島県は、北海道、岩手県、に次いで日本で3番目に面積が広い県です。と、言っても県外の人には実感が湧かないでしょうね。

その広さを今回の原発事故に当てはめて説明をすると、福島県人も驚く広さだと感じることが分かりました。

福島県の場合>

  • 原発から30km.圏内の都道府県=福島県のみ
  • 原発から50km.圏内の都道府県=福島県のみ

続きを読む "30km圏内、さらに50km圏内でも・・“県内”"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月25日

福島県の名湧水「こわ清水」・・・には

ここにいつもコメントをお寄せいただく隣市にお住まいの「kojiさん」のブログ「休日は風を切って」に今回アップされた記事のなかに福島県の名水である石川町(いしかわまち)の「小和清水(こわしみず)」のフォトと内容がありまして、そこでふと考え付いたのです。

福島県には「こわしみず」という同名の名湧水が複数あるんです。それぞれに、思い入れがあり、名前だけだと人によってまったく別の場所を思い浮かべることになるわけですよhappy01

福島県内の人は「こわしみず」と言ったらどこを真っ先に思い浮かべるのだろうか?
また、県外の人はどこを知っているだろうか?

気になるところです。

まずは県内で私が判った分だけご紹介してみましょう

続きを読む "福島県の名湧水「こわ清水」・・・には"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月24日

その言い方、間違っていますよ

福島県内外で政府が出した年間積算放射線量の基準値「20ミリシーベルト(20000マイクロシーベルト)」について「子供にとって危険な数値だ」と反論が巻き起こっていますね。
子供の安全を心配する親御さん達にとって、当然だと考えます。

その論調や報道はこうですね

「年間積算20ミリシーベルトという基準値は子供にとって“高すぎる数値”だ。もっと基準を“低くして”元の年間1ミリシーベルトに戻すべきだ!」

上記の言い方には、大きな間違いがあることに気が付いている人はどのくらいいるのでしょう?

報道しているテレビや新聞のマスメディアでも、そのとんでもない間違いを誰も指摘しないところを見ると、気付いていないのでしょうか?

それとも「親御さんからのクレームが怖いし、間違っているが意味は解るのでそのままにしよう。」とでも思っているのでしょうかねhappy01

続きを読む "その言い方、間違っていますよ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月23日

地デジ放送の欠点=緊急速報の遅れ

ご存知の方は既に承知のことですが、地デジ放送には画像や音声がアナログ放送より少し遅れると言う特徴が有ります。
これは地デジ放送の最大の欠点で、特に音声映像などは最大で3秒程度遅れて表示されることが確認されています。

そのため総務省が、地震の大きな揺れを事前(約5秒前)に知らせる「緊急地震速報」の地図入り画像音声が地デジ放送では間に合わないことが今回の震災で起こっているのです。

これは、地上デジタル放送は画像や音声などのデータを圧縮して電波を送り出し、それを各家庭のテレビが内部で圧縮データを復元してから映し出すというアナログにはないシステムが入るために起こる現象ですが、このままでは困りますよね。

対応策は「文字スーパー方式」だそうです

続きを読む "地デジ放送の欠点=緊急速報の遅れ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月22日

こんどは、ヨーロッパか?

日本時間5月22日の本日(当地日付では21日)、ヨーロッパのアイスランドの火山が噴火したようですね。

噴火したのは、首都レイキャビクから東のヨーロッパ最大の氷河、バトナ氷河にあるグリムスボトン火山で、噴煙は20キロ上空に達したためその火山空域の周辺200キロ圏内飛行が禁止されました。

忘れていましたがアイスランドでは、昨年の4月にも別の火山が噴火し、大量の火山灰がヨーロッパ上空に広がり、ヨーロッパ各国で空港の閉鎖が相次ぐなど影響が出たことが有りましたね。

今回の噴火は東日本大震災と関係している、なんて事はないでしょうね。

、世界中で火山活動や天変地異が続発し、その後氷河期のような寒さがやってくるのが温暖化現象が進むと起こるんだそうですが・・・・

まさか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »