« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011年6月12日 - 2011年6月18日の7件の記事

2011年6月18日

サッカー日本代表の左サイドバック、ときたら

サッカーの日本代表のサイドバックといったら、イタリア・インテル「長友選手」を思い浮かべると思いますが、それは男子フル代表です。

私がさすのは、ドイツワールドカップに出場する女子日本代表の左サイドバックです。

「鮫島 彩選手」、です
http://sports.livedoor.com/photo/detail-18827.html?p=1&w=%BB%AD%C5%E7%BA%CC

現在、所属がありませんが今日の韓国との強化試合、アメリカでの遠征試合でも先発メンバーに選ばれる日本一の女子サッカー左サイドバックの選手です。

そんな選手が移籍先を探しながら練習を続け日本代表のメンバーにも選ばれているのです。チームは現在活動を完全自粛(解散状態)「東京電力マリーゼ」です。

久しぶりに鮫島選手が試合で走る様子を見て、マリーゼみんなの顔も思いだし涙があふれました。

この撫子ジャパンのトップリーグチームの選手監督スタッフも東電の原発事故の被害者であります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日

“邪道”・・・だな

私はコーヒーをよく飲みます。それもインスタンドです。
さらに、自販機の缶コーヒーにかんしては無性に飲みたくなるところがあります。

こういう飲み方をするのは、コーヒー豆を炒ってからつくる本格コーヒーを飲む人にとっては邪道と言われてしまうことでしょう。

Img_0951

どう言われようと、すきな飲みかたなのでどうしようもないです。
最近、そのコーヒーに左の容器のものを入れて飲み始めました。

←これは、母特製の「生姜粉末」でございます。

これと赤砂糖を小さじで少しコーヒーに入れるんです。
完璧に邪道なコーヒー飲みですねcoldsweats01

これがちょっと生姜の辛みと赤砂糖がなんとも言えない風味になって意外といけるんです。
ただし、生姜粉末が気管に入る場合があって、そのときは困りものです

他人はどうあれ、自分なりに「体に良い飲み物」と思って飲んでいます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年6月16日

災害義援金(義捐金)を受け取ると“生活保護打ち切り”

厚生労働省は先月(5月)、各地の自治体にこんな通知と指導をだしていました。

 震災の義援金や東京電力福島第一原子力発電所の事故の仮払い補償金を受け取った場合、その世帯の自立のために生活用品などの購入にあてる金額などは収入としないものの、(受領した義援金の)総額が自立のためにかかる費用を上回った場合は、それ以上の金額を収入と見なす

これはどういう意味をもつことかといいますと、「生活保護受給者に十分暮らせる収入ができた」=「補助金は無くてもだいじょうぶなのだから、補助金を減額もしくは打ち切りにできる」と、なるのです。

続きを読む "災害義援金(義捐金)を受け取ると“生活保護打ち切り”"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年6月15日

リモコンが無いテレビ

昔のテレビというのはリモコンが無いテレビなのが常識でした、チャンネルを変えるのも、音量もテレビ本体の操作でやっておりました。
祖父が生きていたころ、私はよく「音を高くしろ」とか今のリモコン代わりにテレビ操作を言いつけられておりました。

そしてリモコンができたときは便利になったものだと思いました。そのころにはもう祖父は他界していました。

ところが最新のテレビはそのリモコンすら要らないものが出てしまいました。ジェスチャーコントロールというものでテレビ操作をするんだそうです。
http://panasonic.jp/bdplayer/products/hv200/detail03.html

画面の前で手をかざし、左右や上下に動かすだけで音量やチャンネルが変えられるんだそうです。

何年か前のSFの世界の話が、また現実になってしまいました。家電の進歩はすごいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月14日

やっぱり、親子でございます

石原都知事と言えば「暴言」が多いので有名な人物で、その長男である石原伸晃衆議院議員は「いつも冷や汗ものです」と、よくテレビで答える姿がニュースなどになっていました。

親子でも、息子のほうが理性的だというイメージが伸晃氏にはあったのですが、きょうの報道でそれは間違いで、やはり石原氏は同じDNAが受け継がれていることがわかりました

自民党の石原伸晃幹事長の6月14日の記者会見のことです。イタリアで行われた原発再開の是非を問う国民投票で原発反対派が勝利したことについての発言

  • あれだけ大きな事故(福島第1原発事故)があったので、集団ヒステリー状態になるのは心情的には分かる」しかし「国の基幹エネルギーは(原発をやめて)『こっちだ、あっちだ』と簡単に替えられるような問題ではない」と指摘

つまり、逆上し冷静さを無くして原発を無くすと騒ぐのは愚かな考えであるということです。

原発事故で強制避難や行け不明の家族を探してもらえなかった人々、家畜をむごたらしく餓死させてしまった農家の人々、子供が心配で外へ出さないようにしている人々、それらの心情を逆なでするには充分すぎる言動でございました。

原子力発電を安全だとして推進し、電力会社から政治資金を受けていた自民党としては当然といえば、当然のような言葉ですが、激しいバッシングが待っていることは必至ですね。

やっぱり、親子なんですねえ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月13日

「鉄人の日」鉄人とはだれ?

Q、この5名の人たちに共通するものが複数ありますが、それは何でしょうか?

  1. 王 貞治(おうさだはる)
  2. 山下泰裕(やましたやすひろ)
  3. 衣笠祥雄(きぬがささちお)
  4. 秋元 貢(あきもとみつぐ)
  5. 高橋尚子(たかはしなおこ)

わかった、人はすばらしいです。

その1> 日本を代表する有名なスポーツ選手
その2> 全員が「国民栄誉賞」を受賞している
その3> 国民栄誉賞を存命で受賞している
その4> 国民栄誉賞を若くして(30代)受賞している

※、森光子氏を含め6名が存命での受賞、植村直巳氏は行方不明のまま受賞、他全て死去後に受賞である
http://www8.cao.go.jp/intro/kunsho/eiyosho.html

スポーツ好きでも、4番の「秋元貢氏」は誰だか分からないでしょうね。現役時代は「横綱・千代の富士」という四股名で活躍したあの人です。

続きを読む "「鉄人の日」鉄人とはだれ?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月12日

“うけ狙い”のタイトル「準優勝」

おもしろい、ニュースのタイトルをつけるものです。

「伊藤みどりさん」と言えば、かつての日本のオリンピック代表フィギアスケート選手ですね。
この方が今回、かつてのオリンピック選手が競い合うアダルト世界選手権(ドイツのオーベルストドルフ)に出場しまして、2回転半ジャンプ(ダブルアクセル)などを決め、2位の成績を収めました。

ですから、ネットニュースでのタイトルは「伊藤みどりさん国際大会で2位」になりました。
それは間違いはないことなのですが・・・

伊藤みどり選手が出場したのはこの大会の中の「マスターズ・エリートの部(36~46歳の部)」だったのですが、出場選手はアメリカの選手1名と伊藤みどり選手だけ、つまりたった2名だけのエントリーですから勝った方が1位で負けた方が2位になることが決まっているのです

言いかえれば、伊藤みどりさん=最下位でもあるわけです。

報道の記事を見て、御本人はどう思ったでしょうか?たぶん大笑いだったと思いますね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »