« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011年6月26日 - 2011年7月2日の7件の記事

2011年7月 2日

‘3本足りない’のと違います?

昔から言われる故事ことわざのなかに「猿は人間に 毛が三筋(みすじ)足らぬ(三本足らぬ)」というのがございますね。
これは、「どんなに利口そうに見えてもしょせん猿は猿、その知恵など人間には及ばない」という猿を揶揄し見下す言葉です。

すると、WEBの質問サイトには「猿は本当に毛が人間より3本足りないの?」というのが必ず来ているものです。
その回答には、こんなのが有りました。

生物学的回答

  1. 生物学的に数えた結果が存在している、実際に人間より猿の毛は少ない
  2. 未確認だが、猿には「髭」、「わき毛」、「陰毛」が無い・・らしい

「け」は‘毛’のことではないという回答

  1. 猿に足りない「」とは、「色気(いろ)」、「情け(なさ)、「洒落っ気(しゃれっ)」の三つの「」が足りないのだ。

続きを読む "‘3本足りない’のと違います?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年7月 1日

天災と原発事故も、入れてください

昭和30年(1960)5月の閣議で「産業災害」、「交通事故」、「火災等」の災害防止を図る為に日を「国民安全の日」ということに制定したのだそうです。

さらにこの時期には暑さからくる気の弛みから事故が多発する傾向が有るため、7月1日~一週間を「全国安全週間」になったそうです。

今年の場合、その中に自然災害、復旧作業災害、そして何よりも原発事故災害も入れてもらいたいものです。
避難先で交通事故も、それに遭遇してしまったらなにもならない、せっかく助かった体なのに気を付けましょう。

「国民安全の日」なのですから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月30日

連鎖へ?余震、九州の火山、会津磐梯山、安達太良山

ここ数日、福島県の内陸を震源とする地震が多く起きていたところに、こんなニュースが流されたら「連鎖か?」なんて思ってしまいます。

今年の1月、2月にも噴火した鹿児島、宮崎県境の霧島連山・新燃岳で29日午前10時27分、噴火が観測された。
23日に続いて今月3回目。鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さは約2か月半ぶりに上空1000メートルに達した。
鹿児島大の井村隆介准教授(火山地質学)は「火口の地下へのマグマ供給が続いており、活動が起こりうる状況になりつつある」と警戒を呼びかけている。

関係は無いですよね?

福島県内陸には過去に大噴火をお越し甚大な被害を出した休火山の「磐梯山」、「安達太良山」が2~3年前から有害なガスを噴出したりしています。

もし、地下のマグマが九州のと同じ状態なら、とんでもないことです。まさかね~sweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月29日

その 放射線量計、壊れていませんか?古くない?

現在、消費生活センターなどにはインターネットで購入したガイガーカウンターの苦情が非常に多く寄せられているそうです。
内容はというと、「届いた時点で壊れていた」、「2度使っただけで壊れてしまった」といった内容が多いようです。(主に通販で多く販売されているのは手ごろな価格の中国製

以前にもブログ記事にしましたがサーベイメーター(放射線計測器)の中でもガイガーカウンター(ガイガ計数管)は精密機械、センサー自体も期間を過ぎたものは取り替えが必要な消耗品です。
そして、機械自体もとても壊れやすい(放射線量が多すぎても壊れる)商品だから外国製などは航空輸送する際に壊れてしまうことも多いのだそうです。

ですから(100万円ほどのもある)高額なものほど、「壊れにくい」「精度が高い」「国内動作保障」などがつく商品になってくるのだそうです

続きを読む "その 放射線量計、壊れていませんか?古くない?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月28日

怒号と罵声、けれど‘ニンマリ’

東電の大震災後初の株主総会は「勝俣会長の不信任案」と「原発事業撤退案」などが提案されたが、すべて「否決」されたようです。

つまり、これからも今まで通り変わらない勝俣体制で会社は進んでいくということに決まったのです。
当然、株主からは怒号とヤジ、罵声が上がり、株主総会会場は騒然となったことは東電当然でしょう。

勝俣会長曰く・・・
 「新しい人で、という考えもあるが、単に辞めるのではなく(東電を)更生させることで責任を取る」

 さらに、こんなことも・・・

 「“異常に巨大な天災地変”の場合、事業者に全ての免責があるとする現行の原子力損害賠償法第3条は今の現状にそぐわない法であり、多大な損害賠償支払いのため当社の事業も立ち行かなくなるリスクが生じるので、事業者が国の損害賠償支払い援助などが受けられる新しい法律<原子力損害賠償支援機構法案>が国会においての早期成立をお願いしている」

勝俣会長調子の良いことを言ってますねえ。この自信、東電にはいまだに政府に圧力をかけられる力が存在している証拠ですね。

なんとも、すごいコネクションをお持ちですこと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月27日

TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」

TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」は6月26日(日曜)最終回の視聴率26~29%という最近では驚異的な高視聴率をたたき出したようですね。
原作全巻(20巻)を読み切っている私にも、このテレビドラマは感動のものでした。

なぜ原作を知っているのに感動するかというと、かなり原作とは違ったり無かったりしたシーンが多いのです。
ですから、原作とはまた違った感動が有ったから面白かったのです

このドラマの魅力の一つに実在の人物が主人公との関わり合い方もあります。

それらの登場人物も、原作には出てこない人物がドラマには登場していますし、その逆に原作では何度も登場し大事な役割を担っている人物が全く出ていない人物もいました。

そこがまた、原作とは違う新たな「JIN-仁」というドラマになっていたので面白く、そして何度も涙を誘われてしまったのですcoldsweats01

私と同じように原作を知る人はどんな感想を持ったのでしょうかね

続きを読む "TBSのSF時代劇ドラマ「JIN-仁」"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月26日

職人の地獄の思い「誰もいないところへ行きたい」

3月の大震災で、我が家の周りで目立つ被害と言えば瓦屋根の頂上部「棟瓦」という部分が壊れ落下したものです。
その壊れた瓦屋根にはブルーシートがかけられ応急処置が施されました。

その屋根は6月下旬になってもほぼ全部の家が手つかず状態になっています。

原因は日本家屋の建築が少なくなり、それに伴って瓦職人が減り、瓦工場も廃業するところが急増してしまっていたのが最大の原因です。

現在、福島県内の瓦屋根修理を請け合う業者は、1件で2000戸以上もの依頼を抱え、矢のような催促の嵐を受けたうえに、「お前の昔やった屋根が欠陥だったんだろう」とか罵声などを浴びせられ福島県内では業者2名が「もう限界です」「誰もいないところへ行きたい」と、自殺者まで出ています。

続きを読む "職人の地獄の思い「誰もいないところへ行きたい」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »