« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011年10月30日 - 2011年11月5日の7件の記事

2011年11月 5日

スタートレックの世界・自動翻訳

今新しいものが放映されているようですが、私の知っている「スタートレック」というSF映画はかなり昔のです。
ミスタースポックやミスターカトーなどキャラクターがいっぱいでいろいろな宇宙人が出てくる映画でした。

そこに出てくる未来機器の中で凄かったのが銀河系のあらゆる宇宙言語を自分の解る言葉に変換してくれる「自動翻訳装置」でした。

それが、現実になりつつあるようです

NTTドコモは4日、「通訳電話サービス」の試験提供を開始すると発表しました。

そのドコモの「通訳電話サービス」は、携帯電話で日本語を話すと外国語に翻訳されて相手に伝わり、相手が外国語で話すとその内容が同様にほんやくされるもので、
その会話も音声認識、翻訳、音声合成などの処理を、ドコモのネットワーク上で実施し、スピーディーな会話が可能な日本語に翻訳されるという、まさにスタートレックの世界です。

ただし、対応言語は、日本語‐英語、日本語‐韓国語の2種類のみだそうですが、すごい技術です。

ドコモユーザーは減少続きだそうで、このサービスで一発逆転を狙っているんでしょうね

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年11月 4日

マリーゼの名ががベガルタへ

女子サッカーワールドカップで活躍したサイドバック鮫島彩選手(現在フランスリーグ)、丸山桂里奈選手の両選手が活躍していた福島県にあったマリーゼ(東京電力、TEPCOマリーゼ)は現在親会社の東京電力の影響でほぼ廃部状態の休部になっていて、主力選手はすべて他のクラブチームに移籍してしまいました。

Photo

そのマリーゼを同じ東北の被災県でもある宮城県のJ1ベガルタ仙台が受け入れを表明してくれました。

11月4日、ベガルタ仙台は本拠地のある仙台市内で臨時取締役会を開き、東電福島第1原発事故の影響で休部したサッカー女子、プレナスなでしこリーグの東京電力マリーゼを移管先として受け入れることを正式に決定。
東京電力とはすでに基本合意しており、仙台は来季、なでしこリーグの2部に当たるチャレンジリーグに「ベガルタ仙台レディース」として加盟し本格的に女子サッカーリーグに参戦する計画のようです。

仙台の白幡社長は、仙台でプレーした千葉泰伸氏の監督をすでに決めていることを発表しました。

私としては菅野監督にやってもらいたいですが致し方ないですね。ただ、主力選手が抜けたチームの試合に不安が有ります。

あの選手たち、戻すのでしょうか?見たいな~、マリーゼの選手たちの新しいチーム「ベガルタ仙台レディース」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日

方言は恥かしい?好きですか?

私の場合地元の言葉で更新しているブログ「方言ログ!ぽぉの語り」と言うのがあるくらいですので、本来は福島の言葉でしゃべり暮らしています。

その方言で話すことが恥ずかしいですか?とか、好きですか?という質問をされたらやはりこう答えるでしょうね

「地元では話すが、東京などに行ったらちょっと恥ずかしいし、通じないのではと気にしてしまう。」
ただ‘その言葉が好きですか?’と尋ねられたら「日ごろから話している言葉なので、好き嫌いとは無関係です」と、答えます。

これは、今度放送が始まったBSの「放送大学」でやっている日本の文化と言葉についての放送で面白いと思った全国アンケート調査の結果のことです。

続きを読む "方言は恥かしい?好きですか?"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年11月 2日

ごんぼっ葉餅゛(ごんぼっぱもぢ)

先日、母が友人が作った「ごんぼっ葉餅゛(ごんぼっぱもぢ)」をもらってきました「旨かった~」。

これは簡単に言うと緑色の「草餅」なのですが、草餅と言えば餅に混ぜ込むのは「ヨモギ」の若芽が一般的ですよね。
ですからヨモギのことを私たちは「餅草(もちぐさ)」と呼ぶくらいです。
ただ、ヨモギは春の草餅でその他や冬前の「草凍み餅作り」には「ごんぼっ葉」を使用した草餅が多くなります

ヨモギ若芽と違い「ごんぼっ葉」は大きい(30㌢くらい)ので大量に作れるし、食べても繊維質がほとんどなくおいしくなります。

さて「ごんぼっ葉餅゛(ごんぼっぱもぢ)とは何?」と、県外や知らない人は気になることでしょうね。

「ごんぼ」の言葉からなんとなく分かった人もいるかもしれませんがご説明いたしますhappy01

続きを読む "ごんぼっ葉餅゛(ごんぼっぱもぢ)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 1日

こんどは「テルル129」に「銀110」ですか

文部科学省は11月31日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質の「テルル129m」半減期約34日)と「銀110m」(半減期250日)について、今から5か月前になる6月時点での福島第一原発から半径約100キロ以内(北は宮城県南部、南は茨城県南部が含まれる)の土壌蓄積マップを公表しました。
※、土壌は6月6日~7月8日までに796か所で採取された

テルル129mが最も濃度が高かったのは、福島第一原発から約2キロの大熊町(おおくままち)だったようですが、セシウム137と揮発性や沸点がほぼ同じ性質を持つため広範囲かつ均等に広がったため、福島県に加え北茨城市などでも高い傾向が見られたようです。

銀110mについては最も高濃度だったのは第一原発から約3キロにある双葉町(ふたばまち)だったが、テルルと違ってばらつきがあったようです。

テルルには毒性はあることは間違いないようですが、文科省によると、放射性ヨウ素に比べ、テルルは食物などから体内に取り込まれても蓄積し難い、そして半減期もセシウム134(半減期年)などにくらべても非常に短く、6月時点ですでに6分の1になっていたと推定され健康には影響が無いとみているようです。

だから、調査してから5か月以上も経っての発表なの?

遅いべ~sad) もうどうでもいいころだべ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日

カーナビじゃなく「自転車ナビ」

ナビと言ったらカーナビですよね。

ところが、カーナビメーカであるパイオニアは自転車専用ナビゲーション「SGX-CN700(ポタナビ)」を来年の2月に売り出すことを発表しました。

「携帯電話などのGPS機能を使えば、自転車にそんなのは要らないだろう、売れないよ」とかの声も上がりそうですが、パイオニアはかなり販売に自信があるようです。

パイオニアの考え方は↓これです

  • 健康志向の高まりで、自転車人口は増加傾向にある。若者の間でも、自転車で家の近所や街の散策を楽しむ人が増えているなか「自転車に限らず(iアプリなどGPS機能機器はあるが)専用機へのニーズ必ずある」(と、小谷進社長が力説)

販売はスポーツ自転車の専門店を考えているらしいです。

この自転車用ナビの一番の特徴は、「行先」の案内を優先するカーナビと違い、<寄り道しても目的地を見失わない>、<現在地と目的地、出発地をわかりやすく表示する>と、言ううところに重きを置いたところだそうです。

続きを読む "カーナビじゃなく「自転車ナビ」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月30日

“睡眠不足”=‘太るぞ!高血圧だぞ!’

夜遅くまで起きていることや睡眠時間が少ないという寝不足状態は体に良くないと言われますが、具体的にはどんなことが起きるのか?次のような発表が出されています。

  • コロンビア大学が1万8千人のデータを分析し、平均睡眠時間4時間の人は、7~9時間の人に比べて73%も肥満と判断される割合が高いことが判明。
  • シカゴ大学メディカルセンターによる健康な若い男性に‘2日間だけ睡眠時間を4時間に限る’という調査をしたところ,4時間以上寝ていた普段に比べ彼らは24%も過剰に食事をしてしまった
    しかも,甘いお菓子,塩辛いチップスなどのもの,でんぷん質が多いパスタやパンなどの太りやすい食べ物ばかりを好む傾向が強くなった

その理由には3つほどあるようです。

続きを読む "“睡眠不足”=‘太るぞ!高血圧だぞ!’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »