« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

2011年12月25日 - 2011年12月31日の7件の記事

2011年12月31日

明日から何かが始まるよ・・・君のことだよ

一年前に「良いお年を」の文字を書き、「あけましておめでとう」と、いつもと同じように明るい一年を迎えた・・・はずだった。

「今年は大雪で困ったぞ」なんて言いながら、春を迎えていた。

立春を過ぎ、3月節句の雛祭りも迎えていたその3月から、自然は牙をむき、有ってはならない原子力発電所の(水素)爆発、臨界、放射性物質の拡散、矢継ぎ早に黒い魔の手が住んでいるところを握りつぶしていった、3月、4月、5月・・・・

そんなことも全部まとめて、言いたい。

来年こそ、良い年をお迎えください

と、心底願うものであります

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月30日

「大安」の日は毎年同じ月日である

本日は今年最後の「大安」の日になっておりますので、「大安」についての雑学をやってみたいと思います。

これは「六曜(りくよう・ろくよう)」と言うものの一つで、私たちが慣れている西暦の“7曜日”=「日月火水木金土」とよく似ていていますが、六曜の場合種類は<先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口>のつになります。
※、六曜についての読み方や意味は以前の私のココログに有りますのでアクセスしてみてくださいhttp://iwasironokuni.cocolog-nifty.com/komiti/2008/02/post_e073.html

さて、ここまでは誰でも知っているかと思いますがその六曜がどういう風な法則で月日に当てはめられていくかは殆どの人が知りませんよね。

「大安の日や友引とかを毎年どうやって決めているのだろう?」と、思っている方は少なくないと思います。

これは一見バラバラに見えるのは六曜を西暦の月日との組み合わせで見ているからなのです。

続きを読む "「大安」の日は毎年同じ月日である"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月29日

特殊の年なのか?変ったことばかりが起こる

きょうは29日、明日は30日なので本来の「みそか(三十日)」の意味からすれば明日が大みそ日と言うわけですが、西暦には31日が存在するためそうはならないわけです。

でも、強引に昔風の言葉に当てはめれば、明日の西暦30日が「大三十日(おおみそか)」で、次の日の31日が月の最終を意味する「大晦日(おおかいじつ)」でありましょうかねcoldsweats01
ただし、旧暦の平成23年の12月は29日までしか無い小の月なので、本来の今年の大みそ日は12月29日となり、また当てはまらなくなってしまいますね。

それはともかく、今年は何百年に1度のめったに無い大災害が起き、驚愕しましたがスポーツ界でも異変が起こりました

サッカー界です。J1では今年下部リーグのJ2から昇格したばっかりの柏レイソルスがそのままJ1のリーグ制覇という珍事が起きました。これは震災でJ1の調整がうまくいかなかったせいかもしれませんが、J1チームの反省の年になった気がします

さらに本日、天皇杯の準決勝の2試合で勝ち残った2チームは、共にJ2の東京FCと京都パープルサンガです。J2同士の元日決戦は史上初の快挙です。

史上初という言葉より「前代未聞」という言葉がぴったりのきょうの出来事に、どちらかと言うと“判官びいき主義”の私は試合を見ていて歓喜してしまいました。

また、元日の楽しみな番組が増えました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月28日

木蘭の涙♪

年末に聞きたい歌はたくさんありますよね。そういうのが今年のNHK紅白歌合戦には多くあるようです。

猪苗代湖ズの歌、長淵さんの新曲も聞くと感動で涙が止まらない良い曲が出来上がりました。

でもわたしは、あえてこの歌を紅白のステージで聞いてみたいです

ロックバンドのスターダスト☆レビューの古い大ヒットバラードで、「木蘭の(もくれんのなみだ)」と言う曲です。
いい詩、いい曲なんです。
↓のサイトでその曲が聞けます。
http://www.kasi-time.com/item-25555.html

作詞した「山田ひろし氏」は、若い男性が死別した女性への思いを想像して詩を作ったのですが、なぜかスターダストレビューのボーカル「根本要さん」が歌うと同じ歌詞なのに、亡くなったのは男性の方に聞こえるという不思議な曲でもあります。

聞きたいですねえ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月27日

中国人が、日本の女の子を分析したら・・

寒い日が続きますが、日本の女子中高生はミニスカートで過ごしていますよね。それは雪国地方の東北北海道でも全く同じです。

私的には、見ているだけで寒く感じますcoldsweats01)ファッションとはいえ、よくあの短いスカートでいられるものだと、ちょっと考えてしまいます。

それは、外国人も同じ考えのようでお隣中国ではインターネット上で「日本の女子中高生は寒い日だとちゃんとコートを着るのに、なぜスカートだけは絶対に短いのだろうか?」と、その要因を分析したものが話題になっていました。

中国人の多くのネットユーザーはだいたい次のような3つの理由を推測しているようです。

続きを読む "中国人が、日本の女の子を分析したら・・"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年12月26日

2011 アフターサービス満足度ランキング

日経BP社が毎月発刊する月刊誌「日経ビジネス」というのが有るんですが、読んだことはあるでしょうか?わたしは表紙のみは見て知っていましたが読んだことはありません。

そこでは毎年、その年の企業のアフターサービスの満足度というのをアンケート調査によって情報を集め「アフターサービスランキング」というのを発表しています。
わたしは、今回いつも行く家電量販店のケーズデンキでそのランキング表のパンフをもらったのでそれを知りました。

数値を出すのは同社と系列の日経BPコンサルティングに登録された「調査モニター」と言われる一般人の方のアンケート提出によってなされるようです。
俗にいう「覆面調査員」というものですね。

発表される対象の部門は大きく分けると「ネット通販部門」、「家電部門」、「デジタル部門」、「高級品部門」、「保険部門」、「流通・サービス部門」で合計16部門になっています。

そして総合ランキングですね。

続きを読む "2011 アフターサービス満足度ランキング"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年12月25日

ダルマさんがころんだ

昨日、神棚の掃除をしました。本来は年に何回もやるべきなんでしょうが、我が家では年末の大掃除の一環としてやりますのでこの時期の1回のみとなりますcoldsweats01

高い位置に有りますし、脚立を使って古いお札を取り除いたり結構大変なのです。

今年も、脚立を登っていきその神棚の様子を見たら、下から見たとき大きなお宮は動いていないので、気にもしていなかったのですが・・・

神鏡などの神器類は倒れ転がり、入っていたお神酒や榊をさした花瓶も倒れ水など零れ落ち、そこは染みになっていました。
大きなダルマは皆揃って後ろ向きになっておりまして、小さいのは転んだままのも有ったのです。

そこには3月11日の大地震がそのまま時が止まって残っていました。

さぞかし神様も驚かれたでしょうが、気が付かず申し訳なかったとの思いも込め、今年はより丁寧に掃除をさせていただきました。

あとは、「もういくつ寝るとお正月」ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »