« 無知な警察捜査員、それを報道する無知なマスメディア | トップページ | 福島県人でも、こんな光景見たこと無い »

2012年1月11日

知らないなら、そのまま報道しろ

昨日も、無知な記者の記事について書きましたが、きょは報道ーバラエティー番組での‘無知’なMCの報道のことについて言わせてください。

それはある警察官の北国での仕事の様子を追った報道で、偶然起きた雪道での乗用車同士の正面衝突事故の検証処理を行うことになったときのものです

原因は凍結した緩いカーブでスリップしたAさんの車が対向車線に出てしまい、対向してきたBさんの車とぶつかってしまったもの、双方に怪我は無かったという冬の北国には珍しくない事故です

Cocolog_oekaki_2012_01_11_09_08_2 現場はこんな様子の事故でした

現場の放送での警官と50代くらいの男性の会話はこんな風でした

警官、「運転手さん、どうしたんですか?」

男性、「(笑いながら)ちょっと、ブレーキを“強くかけ過ぎ”ちゃったcoldsweats01

凍結道路や圧雪道路などのカーブを曲がるときのドライビングと言うのは、ハンドルと微妙なブレーキの踏み加減で曲がっていきます。
そのブレーキの踏み方はベテランほど柔らかく強くもなく弱くもなく、タイヤがロック(回転停止状態)する寸前での踏み方が要求されます。

ベテランなら、それは体で覚えていますのですがスピードやタイミングなどで強く踏み込んでしまう場合が有り、そうなると前輪から滑り出すためカーブなら対向車線にゆっくりと曲がりながらはみ出してきます。
ドライバーの話と衝突の様子でですぐにそのドライバーが雪道に慣れた人だと分かりました。

しかし、スタジオのMCこの様子を見ていて、真顔でこう切って捨てたのです

MC、「凍った道での“急ブレーキ”は危険です。凍った道路では急ブレーキはやめましょうね」

「お馬鹿だな~このMC。よく今の取材を見たのか?angry誰が急ブレーキを踏んだって言った?」と、私は憤慨し呆れてしまいました

急ブレーキによる事故ではないのにMCの勝手な言葉によって、この事故は“急ブレーキによる事故”と変えられてしまいました。
わたしが、事故の当事者ならテレビ局のMCにクレームを入れます。

もし、急ブレーキを踏んでの事故なら↑の図のように直線的に滑っていきますから、ぶつかる前(ぶつかったとしても)に道路から飛び出しています。

知らないなら、状況をそのまま伝えるか「凍結道路は危険ですねえ」程度にコメントをとどめておけばよかったのです。
なぜ、最近のアナウンサー、特にMCと言われる1回放送で何百万もの金をもらう人は自分の主観で事実を歪曲してしまうのでしょうか?イラつきますね

|

« 無知な警察捜査員、それを報道する無知なマスメディア | トップページ | 福島県人でも、こんな光景見たこと無い »

コメント

ありがちな報道でしょう。
MCは雪道の運転経験があまりないのでしょうか?
最近はABS付きのクルマも多くなっているのですけどね。
もっともABSだって万能ではありませんからね。

投稿: もうぞう | 2012年1月11日 19:26

もうぞうさんへpencil

ABSて、極端に言えば急ブレーキをかけないと作動しないしろもので、ベテランほど作動する可能性が低くなるんです。
困った代物です

投稿: 玉井人ひろた | 2012年1月11日 20:13

本当に雪道、凍結、道路の運転は、細心の注意を払っても何しろ相手が自然物ですから、ケースバイケースで難しいです。
最近追突されて、整骨院に通っていますが、そこの先生もぶつけられてしまったそうです。
幸い、車に少々傷がついたくらいだったそうですが。
もしかすると、冬道で何もない人のほうが少ないかもしれません。
雪のない地方の人(かつての私もそうでしたが)は、こういうこと、雪かきとかの労働も含めて、実感としてはなかなか想像しにくいでしょうね。
ていうか、わからないでしょう。

投稿: kisa | 2012年1月12日 10:09

Kisaさんへpencil

解らないのだと思いますね。
ただ、報道人としては知らないなら主観を入れたり、事実を曲げないで報道してもらいたいです

投稿: 玉井人ひろた | 2012年1月12日 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/53709898

この記事へのトラックバック一覧です: 知らないなら、そのまま報道しろ:

« 無知な警察捜査員、それを報道する無知なマスメディア | トップページ | 福島県人でも、こんな光景見たこと無い »