« C61型蒸気機関車、その名は「SLふくしま復興号」 | トップページ | オリンピックと人種差別と日本選手 »

2012年7月29日 (日)

“良”ではなく「艮」

ロンドンオリンピックが始まりましたね。それを放送する番組では過去のエピソードなども紹介していますが、そのなかにこんなものが有りました。

ある種目の日本人選手が2位の成績になり「銀メダル」を授与されたのですが、金メダルが欲しかった選手はその悔しさを親に話したそうです。

そこで、その選手の母親が言ったことばです。

と言う字は‘金より良い’と書いてあるでしょ、だから銀メダルも素晴らしいことなのですよ」

ほぼこういった内容の言葉でした。

素晴らしい親御さんの言葉だと思います、が、ここには大きな勘違いが有ります。

銀という漢字を分解すると「=きん」という漢字と「=こん・ごん」という二つの漢字で出来ています。

つまり、“良い(よい)”ではないのです。

<「=こん・ごん」とは>

  • 目が並ぶ意味。目が並ぶのは、どちらも下がらない意味で、互いに勝ち負けが無く相譲らず互角を意味する。

つまり「とは金と比較しても全く負けない、劣らない互角の金属」と言う意味になります(「ぎん」の言い方は「こん・ごん」が転じたものらしい)。

ということで、漢字の意味を正確に言えば「銀は金より良い」ではなく、「銀は金と同位である」となりますかね。

銀の漢字を書くときは、くれぐれも、頭に「´」を付けて「良(りょう」」と書き間違わないようにしましょう。

|

« C61型蒸気機関車、その名は「SLふくしま復興号」 | トップページ | オリンピックと人種差別と日本選手 »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
へぇ~、そんな事があるなんて、全然知りませんでしたね。

投稿: H.K | 2012年7月29日 (日) 20:56

H.Kさんへ

おもしろいものですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月29日 (日) 23:09

銀メダルの母親の話は、知っていましたが、艮のことは知りませんでした。
と言うより、「艮」の文字がパソコンで出てくること自体ビックリです。

投稿: もうぞう | 2012年7月30日 (月) 05:40

もうぞうさんへ

わたしも打ち込むとき「出るのか?」と思いました。

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月30日 (月) 07:52

「艮」という字初めて知りました。
「うしとら」とはどのような意味でしょうか。
調べてみましょう、早速。

投稿: 鹿児島かっちゃん | 2012年7月30日 (月) 12:09

鹿児島かっちゃんへ

方角のことですよ。時刻にも使いますがね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年7月30日 (月) 19:13

目が並ぶ意味。目が並ぶのは、どちらも下がらない意味で、互いに勝ち負けが無く相譲らず互角を意味する・・・・。お近くに「艮隆院」と云うお寺があります。長いこと読めなかったものです。ひとつ物知りになりました

投稿: 山口ももり | 2012年8月 3日 (金) 09:03

山口ももりさんへ

そのお寺は「こんりゅういん」と読むのでしょうかね。
皆が栄えることを目指す寺院ということでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2012年8月 3日 (金) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “良”ではなく「艮」:

« C61型蒸気機関車、その名は「SLふくしま復興号」 | トップページ | オリンピックと人種差別と日本選手 »