« 1日で500件の暴動 | トップページ | 「足長おじさん」という虫がいる »

2012年10月 4日 (木)

白鳥の第一陣が飛来

きょう、福島県の会津若松市・郡山市・猪苗代町の3市町にまたがる、福島県下最大の湖の「猪苗代湖」に白鳥の第一陣が飛来しました。

飛来した時期は、昨年と同じだそうです。あの震災や原発事故の有った昨年もちゃんといつも通り白鳥などの渡り鳥は飛来していたことに、今更ながら再確認してしまいました。

私の地域と言えば、猛暑で遅れに遅れていた彼岸花がやっと、ようやっと咲きだしたところです。
これほど、秋の彼岸を過ぎてから咲く彼岸花を見たのは初めての経験です。

それでも、あの暑さと雨不足でも球根が腐ってしまっていなかったことに安堵しました。

猛暑と日照り続きだった福島県、今年は一気に冬へ進んでいくような予感です。

わが家では本日炬燵を出しました。
まだスイッチを入れるほどではありませんが、炬燵はそこにあるだけで暖かい気がしますから不思議ですね。

|

« 1日で500件の暴動 | トップページ | 「足長おじさん」という虫がいる »

コメント

紅葉は遅れ気味だとか?
今日は少しエアコンをつけました。10月につけたのは初めてじゃないかな~
でも白鳥は正確なんですね。

投稿: もうぞう | 2012年10月 4日 (木) 19:26

もうぞうさんへ

エアコンは暖房、冷房のどちらで使用したのかが不明ですが、自然界はきっちりと季節を感じているようですね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月 4日 (木) 21:44

猪苗代湖も行ったことがあります。
振り返ってみると、いろんな所に行ってますね。
大抵母と一緒でした。
今年は暖冬だって言ってますね。
例年と同じがいいんですけどね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2012年10月 5日 (金) 07:51

がんさんへ

昨年冬も「暖冬」と予想されましたが、物凄い積雪と寒波が来ました。
福島県でもミカン栽培もされるほど温暖な地域である原発が有る太平洋側からの避難者は、わが村の仮設住宅で「こんな寒い冬は耐えられない」と、内陸の寒さに震えあがりました

それでも気象庁は暖冬だったとの見解で、我々の考える暖冬とは違う定義が有るようです

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月 5日 (金) 08:43

「自然界」はこれが「自然」なんでしょうけど、でもね・・・。暑いの暑い!寒いのは寒い!・・・ですよね。

投稿: 鹿児島かっちゃん | 2012年10月 5日 (金) 17:33

鹿児島かっちゃんへ

致し方ないことですね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月 5日 (金) 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の第一陣が飛来:

« 1日で500件の暴動 | トップページ | 「足長おじさん」という虫がいる »