« 気持ちは解らないでもないが・・ | トップページ | 「070」が復活 »

2012年10月26日

料簡が狭~い、日本プロ野球機構の面々

きょうの話は、野球というもの特にプロ野球に興味のない人には、全く面白くもなんともない話ではございますが、昨日日本プロ野球では来年の新しい選手を指名する「ドラフト会議」と言うものがありました。

今回一番の注目選手は、身長193センチ、その長身から繰り出す160kmの速球は日本の高校生史上最高の速さを誇る花巻東高校(岩手)の大谷翔平投手でした。

“でした”としたのは、同投手は日本国内のプロ野球球団との契約をせず、アメリカのメジャーリーグ挑戦を表明したからです。

それでも、昨日のドラフト会議では「北海道日本ハムファイターズ」が1位指名を強行しました。ただ大谷投手の決意に全くの変動は無く、アメリカ挑戦をするようです。

ただ、大谷投手がアメリカ挑戦への決意に達するまでは大変な迷いがありました。

その理由は、日本プロ野球機構が決めている「契約規約」があるからです。それは、規約と言うより、日本国内のプロ野球に入団意思を示さない選手や契約使用としない選手へ下す「罰則」です。

<ドラフト会議指名拒否をした高校卒の野球選手の日本プロ野球規約>

  • 高卒後にアメリカ(外国)のチームと契約した者は、帰国後年を経過しないと日本国内球団からのドラフト指名を受けられない
    ※、大学卒や社会人の選手は帰国後2年間
  • 高校卒後に社会人チームに入部の場合は入部後から年間はドラフト指名が受けられない
    ※、大学卒の選手は入部後から2年間
  • 高校卒後に大学進学を決めた場合は入学後年間ドラフト指名を受けられない

高卒選手には特に厳しい規約が設けられているのは、プロとして体を仕上げていくのには高校卒業後から始めるのが最も良く、プロ選手としての寿命も長くなりそれだけ球団としては稼げるわけです。

ですから、国内はともかくアメリカなどにホイホイといい選手が行ってしまっては日本の球団としては困るわけで、それを阻止するためにこの規約ができました。
今回の大谷投手のことで、さらに「海外流出阻止」のため厳しい規約になる可能性もあります。

ドラフトで入団するか、他の方法では天と地ほどの扱いや契約金も違ってきます。
体は大きいが、18歳の少年が悩みに悩んだ姿が想像できる気がします。

それに比べ、サッカーの選手が外国チームや他のチーム間を自由に移籍して自分のスキルをアップさせていくのとは全く正反対の考え方です。

ここにも‘島国根性’が根本にあるのでしょうか?

日本の野球体質そのものが閉鎖的なのかもしれません。その元凶があおの‘ナベツネ’のおっさんであることは間違いありません

|

« 気持ちは解らないでもないが・・ | トップページ | 「070」が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/55973488

この記事へのトラックバック一覧です: 料簡が狭~い、日本プロ野球機構の面々:

« 気持ちは解らないでもないが・・ | トップページ | 「070」が復活 »