« 両陛下、来県 | トップページ | 米のモニタリング完了 »

2012年10月14日

菊の花を食べると

あなたは菊の花びらを食べたことがありますか?
菊の花を食べることができますか?

なんてね。聞かれたら、私は当然「食べています」と答えますよ。

Img_1923

でも、これは好き嫌いがありますよね。

だいたい、どの菊もおいしく食べられるものではないし、ちゃんと食用の菊を選ばないとだめです。

それでも、まず花を食べられることそのものを知らない人がかなりいるんじゃないでしょうか。

わが家では、今年も食用菊の花が食卓に出ていますが・・・

食べながらフと思ったのです。「菊の花びらって、食えるだけで栄養とかは殆ど無いのではないか?」

そしたら、‘差に非ず’でした

食用菊は、古くから漢方薬などに利用されていたそうなのです。その効能は↓

  • 解熱作用や頭痛、めまい、頭がほてる等の症状に効果
  • リラックス効果が高く、自律神経を安定させる働きがある

この効能には、菊花の香りの成分である「テルペン」というものが関わっていて、イライラを取り除いてくれるためだと考えられているようです。

さらに、アルカリ性の食品ということから毎日食べ続けると↓

  • 血管内のコレステロールを除去
  • 固まった血液を溶かす働き
  • 高血圧、狭心症、脳動脈硬化の予防にも効果
  • 老人のボケ防止にも良いという話も…

菊の花にこんな効用が期待できるとは、かなり軽視していた私にとっては、いや~、まさに驚きです。

菊の葉をしぼってマッサージすると、あかぎれやしもやけにも効果あるそうですが、菊の葉っぱも天ぷらにすると癖のないとてもおいしさがあります。

食用菊、侮れません

|

« 両陛下、来県 | トップページ | 米のモニタリング完了 »

コメント

山形も食用菊の生産と消費が多いんです。
中でも「もってのほか」は,まさに「これを食べないのはもってのほか」というのが語源になったほど,だそうです。

投稿: ケンヂ | 2012年10月14日 22:10

ケンヂさんへpencil

モッテノホカは有名ですね。我が家でも作って食べています。
語源は諸説あるようで、「たべないのは・・・」もそうですね。
「天皇陛下の菊御紋を食べるのはもってのほか」というのも有ります

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月14日 22:29

新潟でももちろん食べます。

おひたしやごま和え・味噌汁・炊き込みご飯でも
柚子をそえたおひたしは、秋の味覚の代表格です。
当地では赤紫~ピンク色の「かきのもと」が多く出回っています。

投稿: もうぞう | 2012年10月15日 06:44

もうぞうさんへpencil

「かきのもと」も食べます。
味は微妙に違うような・・違わないような・・・ですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月15日 08:00

ピンクの菊の花を食べたことがあります。おひたしにしたと記憶しています。もう大分前のことでお味は忘れてしまいました。もう一度食べてみなくっちゃ。

投稿: 山口ももり | 2012年10月15日 11:44

山口ももりさんへpencil

西日本では、それほど食べることが一般的じゃないんですかね?

いや、そうじゃないですね。山形、新潟、福島が特に多く食べているだけなんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年10月15日 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/55854002

この記事へのトラックバック一覧です: 菊の花を食べると:

« 両陛下、来県 | トップページ | 米のモニタリング完了 »