« 断層?それも危険だが‘津波対策’が先だったはず | トップページ | インターネットは文書図画 »

2012年12月19日

突然、東電から手紙が届いた

きょう、突然に東京電力株式会社からの手紙が届きました

Img_1994何事かと、中を見ましたら「賠償金ご請求書」の解説と記入例が記載された書類と、請求書が入っていました。

「あれ!出し忘れたはずはないのに、どうしたのだろう?」と読んでみたら、“精神的損害等に対する追加賠償”だったのです。

Img_1993

対象は我々が住んでいる地域(フォトの黄色のエリア)である「自主的避難等対象区域」と呼ばれている地域だけです。

報道も無かった気がしますし思いもよらないものでしたのでちょっとしたクリスマスプレゼントをもらった気分ではあります。

ただ金額は片手以下(4万円)という、“賠償”というイメージとは程遠いもの、どちらかというといまどきの子供のお年玉に近いかもしれませんcoldsweats01

なぜ総選挙終了直後の年末の時期なのでしょうか?解りません。

まさか、本当に“クリスマスプレゼント”や“お正月のもち代”のつもりなのでしょうか?そうだとしたらちょっとふざけ過ぎですが・・・

|

« 断層?それも危険だが‘津波対策’が先だったはず | トップページ | インターネットは文書図画 »

コメント

賠償金と言うからには、単位は万なんでしょうな?

投稿: もうぞう | 2012年12月19日 19:26

もうぞうさんへpencil

ハイそうです。一桁の万です

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月19日 19:29

精神的追加はもっともっと払ってもいいと思うけど。
今も終わった話じゃないし。

投稿: kiyoka | 2012年12月20日 12:57

kiyokaさんへpencil

我々が住むところは大仰に‘自主的避難等対象区域’と言う名称になっていますが、同じ福島県内でも賠償に関しては‘おまけの地域’なんです。

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月20日 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46632/56351946

この記事へのトラックバック一覧です: 突然、東電から手紙が届いた:

« 断層?それも危険だが‘津波対策’が先だったはず | トップページ | インターネットは文書図画 »