« JFL昇格決定 | トップページ | 使用‘推奨’期限・・・すいしょうきげん? »

2012年12月 3日

世界で初めて?の崩落事故

中高年の方たちだと「中央高速」という呼び方をすることが多い「中央自動車道」、山梨県を通過するところに有る笹子トンネルで起きた天井崩落事故は、専門家の話だと国内で初めての事故だということです。

それどころか、世界でも過去に例がないということで‘世界初’でもあるようです。

そうなると、世界最高水準と言われる日本の建設技術にも疑問符が付けられたということになるのではないでしょうか?

福島県を東西南北に走る「東北自動車道と「磐越自動車道」にも沢山のトンネルが有ります。

特に険しい阿武隈山脈、奥羽山脈、越後山脈の三つの山脈を越え太平洋側と日本海側に通じる全長200Km以上もある磐越自動車道には非常に多くのトンネルが建設されていて、そしてそれらは2000メートル級の長いものが連続する場所ばかりです。

冬季期間中に事故が多発するのが常の磐越自動車道トンネル付近、そこでトンネル自体が崩落などという事故までおこったとしたら救助隊そのものが現場に向かえない状態が起こりかねないです。

トンネルの技術にとても不安を募らせる今回のトンネル崩落事故です

後の報道で10数年ほど前天板落下事故による大がかりな補修工事が行われた福島県の「東栗子トンネル」も同型のトンネルで、原因は吊り具の老朽化とトンネル変形によって壊れたものだったことが判明しました。

この時の教訓も生かされていなかったようです

|

« JFL昇格決定 | トップページ | 使用‘推奨’期限・・・すいしょうきげん? »

コメント

道路では、橋梁やトンネルを中心に、また新幹線などはほぼすべてに渡って補修に多大な費用が掛かってくるでしょう。
もう新規工事などに割く予算は、ごく限られてきます。

縮小社会に入った今、
ハッキリ言えば、高速道路や新幹線の新規工事は止めた方がよろしい。

投稿: もうぞう | 2012年12月 3日 20:07

もうぞうさんへ

のんびりした元の時代になっても困ることが多い気もしますが、安全だけは確保してもらいたいです

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月 3日 20:25

技術力はあっても適切に使用しなければ何にもなりませんよね。
近年は日本人の美徳であった謹厳とか実直とか誠実が失せ、「ずるい生き方=賢い生き方」という勘違いが定着してしまったような気がします。
今回の事故だって本来ハンマーで叩いて検査すべきところを手抜きしたとか。
まあ、「美徳」なんて言葉自体が死語かもしれませんけどね。

投稿: がんさん@大和の国 | 2012年12月 4日 09:34

がんさんへ

以前に同型の「関門トンネル」と福島県の「東栗子トンネル」の大がかりな補修が行われたときの教訓が生かされなかったようです

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月 4日 15:54

こんばんは。
新潟県内でも磐越・北陸道ども同じ工法のトンネルがあるようです。
怖いです…
トンネルを造る技術は世界No1ですが、そのメンテナンスが手抜きの最悪だったってことでしょうか?

投稿: やまちゃん | 2012年12月 5日 00:24

やまちゃんへ

その工事が行われたころはメンテナンスまでの考えが薄かったんでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月 5日 07:59

一瞬「ウッ」と見つめてしまいました。ねこちゃん???どうやらお鼻が左のほう???色々、工夫ができるのですねえ。私達が年老いて介護が必要になるように私達が創り上げた社会の介護をこれから若い人がしてくださるのかと思うと・・・申し訳ない。トンネルの維持管理なんて、当然やってると思いこんでいました。誰が責任とるの???きっとトップは天下りです。何にも現場のことを知らないヤツなのよ。

投稿: 山口ももり | 2012年12月 5日 08:01

山口ももりさんへ

テンプレートの猫ですか。これは自分の後足を抱えて寝ている状態、つまり丸くなっている猫をそのまま写したものでなにも手は加えていません。

道路の管理運営会社のトップは仰る通りでしょう。何も現場は知らないでしょうね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年12月 5日 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界で初めて?の崩落事故:

» 笹子の安全神話 [反戦塾]
 かつて、「飛行機?、あんなカネでできた重てえものが落ちてこねえわけがねえ」というのを枕に使った落語家がいた。笹子トンネルで天井板崩落という痛ましい事故が起きた [続きを読む]

受信: 2012年12月 5日 19:56

« JFL昇格決定 | トップページ | 使用‘推奨’期限・・・すいしょうきげん? »