« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月4日 - 2012年3月10日の7件の記事

2012年3月10日

長い、長~い、黙祷

20年目のJリーグ開幕、前会場で試合返し前に東日本大震災で亡くなられた方に哀悼の意を表し、全員で黙祷がささげられました。

その黙祷、非常に長いものでテレビの前で一緒に涙して黙祷していた私は途中で目を開けてしまいましたcoldsweats01

宮城の会場で始まった私の応援する鹿島アントラースの試合は、ホームのベガルタ仙台に1対0で敗れてしまい、黙祷から始まった感動はすっかり暗い気持ちになってしまいました。

試合運びも点差よりひどくて、ガッカリです。

外は、今朝がたまた積もった雪がやっと融けたようですが、夜また気温が氷点下になるようで心身ともに寒い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日

ドライバーの“適正体重”・・・?!

自家用車を持って運転する人なら必ず携帯しなくてはならないものは「運転免許証」、そして運転する車には「車検証・自賠証書」を携行ですね

そのなかでも「車検証」というのは自動車管理者としてとても重要な書類なのですが、たぶん見ない人は一度もその内容を見たことが無いかもしれませんね。(わが妻もその一人)

今回はそういう人は、ちょっと考えず皆さんみていることとして話を進めますcoldsweats01

普通乗用車の車検証にはその車の重量が記載されている部分が有ります。
そこには2種類の重量値があります。一つは「車両重量」、そしてすぐ隣に「両総重量」というのが記載されています。
さらに、「前前軸量」と「後後軸量」というのも記載されていますが、その合計が「車両重量」になりますので今回は省きます。

二つの重量の違いは次のようなものになります

  1. 車両重量」とは、燃料やオイルなど標準装備品がすべて入ってすぐに運転可能状態にある自動車の重量
  2. 車両総重量」とは、1の「車両重量」にその乗用車の定員人数が全員乗った状態での重量

続きを読む "ドライバーの“適正体重”・・・?!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 8日

‘はしたない’ですよ。その言葉

会話で日常的に使われている中に、「その言葉を使うことは日本の作法的にはどうなんだろうか?」と、以前から気になっていたというものってけっこう有りますよね。

料理研究家でNHKのテレビなどでもよくお見受けする鈴木登紀子さん、88歳の米寿から来る気品というものなのでしょうか、いかにも育ちのよい上品かつ軽妙な語りくちの方です。

この方が日本人のマナーについて次のようなお話をされたそうです。

お祝いごとは家族揃って外食、おすしはおすし屋さんで…というかたもいらっしゃるでしょう。そんなとき、ちょっと覚えておいていただきたいこと(マナー)がございます。」

という語りだしから始まったそうで(上品だ)、つまりはお寿司屋さんに行った時のマナーと言うわけです。

続きを読む "‘はしたない’ですよ。その言葉"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 7日

「日本人観光客」のご評判は?そして‘今昔’

Q1、アメリカのエクスペディアホールディングスが世界各国のホテルマネージャーを対象に行った国別観光客のイメージ調査において3年連続で『世界最良の旅行客』に選ばれたのは・・・どこの国の人?

Q2、調査会社「Mandala Research LLC」がクーポン共同購入サイト「リビングソーシャル(Living Social)」を通じてオンライン調査で実施した観光客の評判に関するアンケート調査において「世界でもっとも歓迎される観光客」に選ばれたのは・・・どこの国の人?

その答えは、「日本人観光客」なんだそうです。その理由は両社の調査とも同じようなものになっていました。

  • Q1の調査で、日本人観光客は「礼儀正しい」、「行儀が良い」、「部屋をきれいに使う」、「騒がしくない」、「不平不満が少ない」、の5項目すべて1位
  • Q2の調査では、「マナーやエチケットをよく守り、礼儀正しく、物静かで慎ましく、クレームや不平が少ない」などが挙げられた

これらの報道をどこの国より大きく伝えているのがお隣の中国メディア(中国国際放送局など)だということも面白いですねhappy01

続きを読む "「日本人観光客」のご評判は?そして‘今昔’"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 6日

‘厄日’だったのか?

昨日は厄日だったのか。凡ミスが家じゅうに蔓延していたことに今日気が付きました

朝、起きて最初に気づいたのは炊飯器のスイッチが入っていないこと、これには参りました。

次に気が付いたのが、毎日飲んでいる薬を飲むのを昨夜は忘れてしまったことです。
さらに、書類を整理したときにしまおうとばらまいておいたクリップを忘れて放置していたことに気が付きました。

そして、昨日3月5日のブログの記事投稿がされていると思ったら、全くされずに下書き状態でいたことに気が付きました。

夕方、近所の先輩が来て年度末の集会の面倒な書類作りを頼みに来て話し込んでしまったため、そのことに気が行っていたのもありますが、ドシャ降りの一日の天候のせいかもしれません。

気圧の変化というやつでしょうか。私は意外とそれに反応しやすいため頭が重い気がします。そのせいだけじゃないと思いますが、凡ミスが重なる日は重なるものですね

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 5日

第2回「野口英世アフリカ賞」

野口英世アフリカ賞」と言うのがあるんですが、知名度が低いですよね。

2月20日に野田総理も出席し、「野口英世アフリカ賞」委員会の会議が開かれました。
これは第2回「野口英世アフリカ賞」の授与者の選定などを話し合うものです。

来年(2013年)6月には横浜で「アフリカ開発会議」が開催を予定しているそうで、その会議に合わせて「野口英世アフリカ賞」の授与式を開催するらしく、その準備段階の話し合いでもあるようです。

小泉総理のときに設けられたこの賞ですが、それ以前も福島県独自でアフリカで医療や支援活動に尽力した人たちに「野口英世賞」を行っていたもので、それを新紙幣に採用されたのに合わせて国の賞となったものです。

対象者はノーベル平和賞に匹敵すような方々が多く、そういう賞を目指してもいるようです。
賞金の1億円は、国家予算の一部と寄付によってそれは賄われます

そんな福島県が生んだ偉人「野口英世氏」、今の現状の福島県を見て、何を思うでしょうか?

「ふぐしまの人らの体は さすけねがい?」て聞いてみたいものです。

続きを読む "第2回「野口英世アフリカ賞」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日

WOWOWが・・“無料”?!

地デジ放送が開始され、それを見ることができるテレビにはB―CASというカードを差し込み登録をしないといけなかったのは、もうだいぶ古い話のような感じになってきました。

今はNHKと、BSの「WOWOW」などの有料放送を見るためだけに存在するようになりましたね。

ところが、このカードの違法版がインターネット上で1枚4万9800円くらいで販売されているらしいのです。
これを買ってテレビに挿入すれば有料放送が“無料で見放題”になるんだそうで、有料放送を提供する各社は製造・販売元を訴えるべく調査しているそうです(不正競争防止法に違反。使用者にも損害賠償請求)。

B―CASカードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズと放送を管轄する総務省も調査を開始したそうですが、違法カードは既に2000枚余りが流通していると推測されるようです。

たしか?これは「NHK受信料滞納者の対策」の一環も兼ねていたと思いますが、それを逆手に取った違法商売ですが、かなりの多くの人は「改造カードは直ぐに出るんじゃないか?」と思っていたんじゃないでしょうか?

そして「やっぱり出た。買おう」となった人たちがカードを手にした気がするんです。こういうのは必ず行政などが後手に回るのが常識、いたちごっこはいつも違法業者が勝っている気がします。

正規にNHK受信料を払い、正規ななものを使う我々にとって、一度くらいは(本当は毎回)行政機関が勝利してもらいたいと心から思います

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »