« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »

2012年7月1日 - 2012年7月7日の7件の記事

2012年7月 7日

驚愕としか言いようがない視聴率

テレビの視聴率と言うのは、一般人も最近ではよく知ることとなりましたがチャンネルが増えた分多様性が出て昔のような視聴率50%台を出した「おしん」のような番組は見られなくなり、今は20%台なら大ヒット番組となるようになりました。

それでもなでしこジャパンが世界一になった時の決勝の試合は近年では驚異的な30%台の視聴率をたたき出して話題になりました。

それが、ヨーロッパでは先日すごい数値が出ました。サッカーのユーロ決勝の平均視聴率が83.4%を記録したとのことです。

日本でもサッカー国際マッチの視聴率は高いですが、ヨーロッパの様な数値は不可能でしょう。これは、見なかった人などほとんどいなかったという数値ですからね、無理でしょう

やはり、国際試合人気はサッカーなんですね。その分毎回視聴率が落ちているのがオリンピック中継でしょう。日本では特にそれが顕著です。

東京都のオリンピック誘致失敗の原因も「日本国民はそれほどオリンピックに関心が高くないようだ」という委員会の判断だったと聞きます。

現代のオリンピックの基本となる精神は「オリンピックは各競技者が勝利するため極限の競技するところに美しさと感動が生まれる」と、なっているようですが、
日本では今でも2代目オリンピック委員長のクーベルタン男爵が語った「参加することに意義が有る」というアマチュア精神がなんとも足かせになっている気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 6日

雷雨に地震

昨夜の激しい雷雨、そうとう雨雲が厚かったのでしょうBSが写らなくなってしまいました。

そして、寝入ったころの深夜の午前3時ごろに、こんどはドカーンという落雷に似た地響きとともに揺れ始まった地震です。

震源地は福島県沖でした。少し寝不足の朝でございました。

その後も体感地震があり、地震頻発がめだってきた思いがさらに強くなっています。

雨に地震に竜巻か・・・、どこか崩れそうだな~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年7月 5日

頭痛で寝たら、もっと痛くなる?!

頭痛というのは、とんでもないときに起きたりする全く厄介なもですよね。片頭痛を持っている方はそれこそ“頭痛の種”でしょう

頭痛は寝不足でも寝すぎても起こる場合が有りますが、これにはちゃんとした裏付けが有るようです

‘寝不足‘の場合は、心身へのストレスがかかって起こるものですが、‘寝すぎ’の場合の頭痛は緊張の緩みが原因となるというのです。

寝すぎると、緊張が緩み頭の血管が広がり過ぎることで、広がった血管が近くの感覚神経(三叉神経)を刺激するとともに、神経伝達物質などの放出が血管の周囲に炎症が広がることで、痛みが起こるといわれているそうです。

リラックスするのは良いようにも思えるんですが、なんでも「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 4日

迷惑な客か?・・可哀そうな客なのか?

スーパーでの会計の手順(流れ)は多少の違いは有るかもしれませんが、だいたい日本全国どの店舗でも同じですよね。

Cocolog_oekaki_2012_07_03_17_41 図の1番の位置に買った商品を置き、店員さんが2番の位置でセンサーで単価を読み込み商品を別カゴに移しながらカウントし、支払いが終わると客は4番の位置に移動し、レジ袋や持参の入れ物に商品を自分で入れて店を出るという流れですね。

ですから、客の並びもピンクの矢印のように移動しやすいように1番の位置にいる人の後ろに並び会計を待ちます。

ところが・・・わが地域は田舎だからでしょうか(?)、ごく稀に逆方向の3番の方向から並ぶ人が居ます。

続きを読む "迷惑な客か?・・可哀そうな客なのか?"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年7月 3日

浪江町長が東電新トップに‘切れてしまった!’

きょう7月3日(火)、、原発事故後にあちこち転々としてから役場機能を二本松市(男女共生センター内)に移した浪江町(浪江町(なみえまち)は原発立地町では無いが、第一原発から約10キロ~20キロ範囲に位置する町である)、その役場を東京電力の新しいトップとなった下河邉和彦会長と廣瀬直己社長が訪れ、馬場 有(ばばたもつ)町長と面会し、新任の挨拶と事故のお詫びをしました

ところが、ここで東電はミスを犯します。

早くに、馬場町長は東電に質問を出していました。

馬場町長の問>
「原発事故の直後にいち早く浪江町に通報すべきだったはずだが、なぜ東電は町役場に全く通報することをしなかったのか?理由が知りたい
東電の回答>
震災の影響で電話などの連絡網が無くなって連絡ができませんでした。しかし、2日後に社員を直接向かわせ連絡いたしました

上記のような回答が来たというのです。

全く原発事故の連絡などを受けていない馬場町長はその回答に驚き憤慨し、再度東電に質問状を出します

続きを読む "浪江町長が東電新トップに‘切れてしまった!’"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 2日

紫外線対策?・・・特に気にしない

昨年の今頃、暑い時期でしたがフード付き長袖ウインドブレーカー(ヤッケ)にマスクをして、放射線対策をしてウォーキングや散歩をする人を我が村でも見かけました。暑かったでしょうが「被ばくの恐怖」には勝てなかったようです。

わたしは、普通に半袖Tシャツなどの夏の格好でいました。暑いですからねcoldsweats01

今年はさすがにそういう人は見なくなりましたが、替わって「紫外線対策」として長袖のシャツやアームカバーなどで肌を出さないで歩く女性の方が震災以前のように目立つようになりました。

最近は紫外線対策を施したグッズが、どこのスーパーやホームセンターなどでも目にするようになりましたよね。
そういうのはこれ見よがしに「UV・・」の文字が書いてありますからすぐに判ります。

じゃ、それらはどのくらいの効果が有るのか?というと効果や使い方などの誤解が多いようです。

続きを読む "紫外線対策?・・・特に気にしない"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月 1日

「シティー」は「県」じゃないでしょ

福島県内のテレビユー福島局では毎月の最終水曜日の夜に「キラリ☆ふくしま」という番組を放送しています。
この番組は、震災や原発事故から復興しようと福島県内で頑張っている地域や団体そして人を紹介し、応援しようというものです。

6月は、東北で最も観光の集客数を誇っていた会津地方の会津若松市内の様子で、以前のように他県からの小中学校の宿泊学習を再開してもらおうとする担当者や、旅館の集客アドバイザーの内容が放送されました。

ことしの観光客は、昨年の2倍になっているそうです。外国からの人々も増えている様子が紹介されました。

その中で、フィリピンから来た旅行客やオーストラリアから取材に来た報道スタッフにリポーターが会津鶴ヶ城(若松城)などでインタビューする場面があったのです。
そこに気になる言葉あったのです。

両国ともインタビューされた外国人の言葉は英語、気になったのはここです。

  • ここ、“フクシマ(Fukushima City)は安全なことが判りました・・・
  • 線量計が表示されていてここ“フクシマ(Fukushima City)”は安心できます・・・
  • ここの“フクシマ(Fukushima City)”は原発から遠いので安心しました・・・
  • 来るまでは不安でしたが、ここ“フクシマ(Fukushima City)”はみなさん普通に暮らしている様子を見て考えを変えました

もう一度言いますが、インタビューされている場所はすべて会津若松市内ですから、「ここ」とは会津です。

それなら英語は「アイズワカマツ シティー(Aizuwakamatu City)」というのが本当ですが外国の方は皆「フクシマシティー(Fukushima City)」と言っていました。でもフクシマシティーでは、県庁所在地の福島市になってしまいますよね。

続きを読む "「シティー」は「県」じゃないでしょ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年6月24日 - 2012年6月30日 | トップページ | 2012年7月8日 - 2012年7月14日 »