« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月15日 - 2012年1月21日の7件の記事

2012年1月21日

肺炎球菌ワクチンの‘無料’予防接種に思う

昨年のお盆近くの夏、母のところにA4判台の大きな封筒が届きました。差出人は村役場内の保健衛生課からでした。母は面倒な書類が入っていたのを見て、すぐに「わがんねdespair分からない)」私によこしました。いつものことです。

読んでみると、

「75歳以上の高齢者を対象にして‘肺炎球菌ワクチン’の摂取に助成金が村から出るようになったので、希望する場合保健センターで手続きをし指定医療機関で摂取してください」

※、この予防接種には保険が適応されないので、助成が無い場合1回の注射で約6000~9000円の請求が患者に出されるらしい

と、まあそのような内容だったのですが、つまりは、現在高齢者が肺炎球菌に感染し重症の肺炎をお越し死に至っていることが増加しているので、できることなら高齢者の方は受けるように推奨する文章でした。
※、日本人の死因の4位が肺炎、なかでも肺炎球菌による死者のほとんどが高齢者肺炎予防推進プロジェクトホームページ

料金は2000円くらいだったともいますが、昨年は母がちょっとの間入院を経験していたので助成がされると言っても安くはないし、今まで聞いたこともない予防接種なので気乗りしない母をわたしはせっついて手続きも段取りもすべて整えてやりました。

この肺炎球菌ワクチン予防摂取は1回やると5年以上も効果が持続するものなので、摂取を行った医療機関ではもちろんのこと、ほかの医療機関でも5年間は摂取することが禁じられているようです
母も「5年間はやる必要がなくなる」というのも、摂取決断の要因の一つになったようです。

そして、予約しておいた9月に無事に摂取完了となりました。

それからほんの2か月も経たない11月に、「肺炎球菌ワクチン予防接種が無料になりました」と、いうふざけたお知らせが来たのです

続きを読む "肺炎球菌ワクチンの‘無料’予防接種に思う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日

「OS-1」と「ポカリスエット」飲み比べ

現在私が風邪をひいているということで「風邪に適した水分補給飲料は?」と、思いネットサーチしてみましたら「風邪の対策法」なるサイトを見つけました

風邪も水分不足はウイルスを喜ばせる要因だし、脱水症状にでもなってしまったら最悪の病状になってしまいますので、水分補給は大事なのはよく知っていましたが、「飲み物ならどれでもいいのか?悪いものも有るのじゃないか?」と考えました。

その答えが先のサイトにすべて書かれてあったのです。

そのサイトで、進めている‘良い飲み物’にはこんなものが有りました

    1. 脱水症状経口補水液「OS-1(オーエスワン)」
    2. OS-1が無い場合はポカリスエットを2倍に薄めたもの
    3. 日本茶、特にぬるめの番茶(煎茶は良くない)が良い

風邪ウイルスというのは「鉄分」で増殖する特徴があるんだそうで、日本茶にはその鉄分吸収を阻害する成分が有り、日ごろから常飲していると水分補給の効果も有り風邪予防にもなるんだそうです

病院でよく出される番茶の効能は意外と高い気がしますね。 

続きを読む "「OS-1」と「ポカリスエット」飲み比べ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月19日

ナイトライダー

「ナイトライダー」というアメリカ制作テレビドラマを覚えているでしょうか?日本では昭和62年(1987)から放送されたもので、万能の人工頭脳を持ち話ができ、車自体が一人で動き、水中も走れ、最速の車で、動物が苦手、そして何と言っても絶対壊れない自動車「ナイト2000」と、殉職したはずのもと警察官が整形手術などによって別人として生まれ変わりドライバーの「マイケル・ナイト」となって悪をやっつける痛快なドラマでした。

ナイト2000のベース車は、あの頃人気の、“これがアメ車”という「トランザム」というスポーツカーでした。

その車がフロントの赤いビームをちらつかせ走るときに流れるBGMのかっこいいこと、私はこのドラマの大ファンでした。ハンドルも丸じゃなく飛行機の様なハンドルでしたよね

今思い出しましたが、ナイト2000はそのころではまだ今のようには無かったオートマチック車でした。
あのころからアメリカと日本でオートマチック車が増えだしたのはこのドラマの影響も少しは有るのかもしれません

さて、そのドラマが20年以上ぶりにリバイバルしてテレビドラマに帰ってきているんだそうです

続きを読む "ナイトライダー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月18日

女性には分からない?痛さ

タイトルでピンと「男性だけの痛さ」を思い浮かべた方が大半でしょうが、きょうは違います。

え~、わたくし先週から喉が痛み出す風邪をひきまして、月曜日には病院に行ってきました。それで調子がちょっとよくなったことで昨日の午前中によせばいいのに春に向けての準備で畑の仕事をしてしまいました。

動いているうち微熱も有りますから暑くなってシャツ一枚で作業を終えたんぽですが、風邪は当然悪化してしまい、昨夜は体中の痛みと時折やってくる激しい咳き込みで本日はぐったりしています。

食欲は有るので、何とかなるでしょう。

さて、‘痛み’の話です

風邪をひきまずお世話になるのはマスクですよね。私のように咳き込みとのどの痛みが有るものは特に必須アイテムです

続きを読む "女性には分からない?痛さ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日

後手、後手の“報道”

建築工事用コンクリート材料が高い放射能汚染になっていたところから販売されていたという報道は衝撃でしたよね。全国民も気が付いていませんでした。

マスコミは「またまた、政府の対応は後手になった」と、例によって国民代表の正義感面でまくし立てています。

わたしから言えば、そのくらいの可能性や地元の取材をマスコミ各社はなぜ今までしてこなかったのか?
いつもいつも報道が後手後手になるのか?その無能さのほうが呆れます。

昨年4月初めに原子力保安院から発表された公式文書、そのなかの飛散した放射性物質にプルトニウムも入っていたことが明記されていたのも何か月も知らないでいたわけです。

それもあれだけの報道機関が集まりながら、一社として、誰一人としてきがつかなかったというのは、お粗末すぎです。
自分お粗末さも、「国が悪いからだ」と騒ぎ立てる始末に日本のマスコミはやはり国民を守るのではなく視聴率優先の企業なんだと思知らされました。

昭和20年、原子爆弾が投下された際そのときの大手新聞社は直ぐに「原子爆弾投下される」という記事を書いたそうです。
原爆のことを当時のマスコミは事前知識としてちゃんともっていたのです。

ただ記事は大本営によって「新型爆弾」に強制修正させられてしまいましたがね

昔の報道陣の知識力の方が数段上だった気がしませんか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年1月16日

今年の干支に女性を加えると

知識人と言う方々は、うまいことを言うものだと思います

福島県の三春町(みはるまち)に有るお寺の副住職に芥川賞作家でもある「玄侑宗久さん」が居ます。
この方が地元紙に出されたエッセイにこんなのが有りました。

>今年の干支(えと)は「壬辰みずのえたつ)」です。この干支の漢字に「偏」を足すと(女・壬と女・辰となり)「妊娠」という漢字になります。
だから今年は、新たなものがたくさん生まれ出てくるかもしれません。

お坊さんと言うのは実にうまいことを言うものだと思いました。

「お正月」とい言葉は仏教界で新年に行う大切な行事「修正会(しゅしょうえ)または「修正月会(しゅしょうがつえ)」という言葉が語源だとも言われます。

これは、旧年を修正し新しい年を正しく清め祈る行事だと聞きます。昨年を清め新しい年に良いことがたくさん生まれ出たら本当にいいでしょうね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年1月15日

その研究内容は“嘘?、ほんと?”

赤ワインの中にある成分が心臓病などの予防など、健康に良いという注目の報道はどのくらい前でしたでしょうかね。そのころ赤ワインブームが起こりましたよね

その‘赤ワイン’の健康効果を言ったのは米コネティカット大学の心臓血管研究所所長の「ディバク・ダス教授」の研究結果がもとになったんだそうです。

ところが、この研究成果発表と同時にアメリカでは匿名で「ダス教授の研究成果には疑問部分が有る」という指摘が大学側に届いていたのだそうです。

それを踏まえ同大学では秘かに研究成果の検証を行っていたんだそうです

その結果、「これまで7年間に残した合計6万ページにわたる報告書の中から、145ヶ所のデータ改ざんやねつ造などが見つかった」としてダス教授対「証拠をもとに、同教授の免職に向けた手続きを開始した」ということなのです。

ただ、その立証段階で「赤ワイン=健康に良い」というのも事実だというのです。

このことで、だれが赤ワインの健康効果について信頼性を置くでしょうか?何をどう解釈したらいいのでしょうね。

全く不明の発表のことで、「飲んでいいの?」悩んでしまいますよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »