« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012年8月5日 - 2012年8月11日の7件の記事

2012年8月11日

すっかり脇役の甲子園

ロンドンオリンピックのため今年の甲子園球場の高校野球は、完全に脇役になってしまっている感が有りますが、大会はきょうで4日目に入りました。

そしてその4日目の第2試合に福島県(春夏連続)代表校である「聖光学院」が登場しました
相手は、昨年夏の優勝校である西東京の「日大三高校」でした。

その結果は2対1で、聖光学院が勝利しました。今の聖光学院の実力から行けば相手が優勝候補でも接戦または勝利は想定していましたので、試合は見ていませんでした。

次は埼玉の「浦和学院」との試合です。体調を整え昨年の優勝校を倒した勢いをを保ちつつ決勝まで行ってもらいたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年8月10日

アメリカ選手のナイス“レシーブ”

女子サッカーの試合、見ていました。銀メダルにはなりましたが、ほんとうに日本のサッカーは強いことが証明されました。

今大会中最も失点数が少なかったのも、最もファールが少なかったのも日本です(正式にはまだ発表が無い)。その意味でもレベルの高さの現れです。

敗れた瞬間キャプテンの宮間選手が辺りの目もはばからず号泣して立ち上がれず監督に支えられて立った姿、前回のオリンピックで敗れて大声で泣いていた澤選手を思い出させました。

しかし、宮間選手のフリーキックをアメリカの選手が腕で止められたのは惜しかったです。
あのバレーボール並みの“ナイスレシーブ”がファールにならないあたり、さすがに?????????でしたが、これが国際大会なのでしょう(たぶん)

後は、男子サッカーの銅メダル取得(=アジア最強対決)に期待です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年8月 9日

国会議員とは食っていくための職業か?

自民党・片山さつき参院議員が、芸人の親の生活保護不正受給問題をネットやマスメディアを通じて指摘して、それに対しての国民や国会で起きた騒ぎはずいぶんと過去の話になってきた感が有ります。
もしかすると、とっくに忘れている人も居るんじゃないでしょうかねcoldsweats01
私個人の考えとしては片山さつき議員のたんなる売名行為にしか見えませんでした。

いずれにしても、その結果として国会で生活保護不正支給問題が検討課題になったことは、同議員の“議員活動のおかげ”となるのかもしれません

ところが、片山さつき議員はこれに関してのある記者の取材ではこんなことが有ったんだそうです。

  • 「生活保護費問題」で取材を申し込もうと議員会館に連絡したところ、要件も聞かれず、「(片山さつき議員のマネジメント会社に連絡して下さい」と言われたので、その会社に連絡すると、『(片山さつきの取材料金はおいくらいただけるのでしょうか』と問われた。

その取材記者は、既定の取材料金を説明して支払ったそうです。

続きを読む "国会議員とは食っていくための職業か?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 8日

宗教とオリンピック

昨年の当ブログでイスラム圏の女子サッカーの問題を紹介した記事「イスラムの女性が被る布は“凶器?!”」がありましたが、イスラム圏の女性にとっては各地域の予選試合より自分自身が信じ信仰する宗教がもっとも大きな障壁になっています。

宗教上どうしても女性が外すことができない頭を覆う布、ヘジャブなどがそれです

過去ログのようにサッカーは未だにそれは“凶器”とされているようですが、陸上競技のほとんどは、その障壁は無くなって許可されてきています。

問題になっているのは、柔道やレスリングなどの格闘競技やサッカーのように激しく対戦相手と接触プレイが生じる競技なのです。

柔道でも、「競技中被っている布が誤って首を絞めるなどの危険性がある」として国際柔道連盟(IJF)は五輪開幕前としてヘジャブの着用禁止としていました。

ところが・・

続きを読む "宗教とオリンピック"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 7日

誤発信のFAXを受信したら

間違い電話というのは稀に有りますが、相手と話すのでかけてきた相手に間違い電話であることを指摘できます。

その間違いがファックスだった場合はどうでしょうか?

以前、県庁から村役場への公文書ファックスが、間違って我が家に来たことが有りました。そのときは、そのまま無視しました。

本日、県内のとある企業から村内にあるキャンプ施設管理者への見積書の誤送信ファックスを受信してしまいました。

いろいろと単価や個人名が書かれたものです。今回も無視しようかとも思ったのですが「送信者が誤送信に気が付いていないならかわいそうな気がする」という思いもあり、どうしたものかとちょっと思案しています。

<誤ファックスを受信したらどうしますか?>

  1. 間違うほうが悪いのだから、そのまま無視して廃棄
  2. 本来の受信者が送信者に対し催促するだろうから、気にせず廃棄する
  3. 送信者、または本来の受信者に連絡してやる
  4. ファックスの内容が緊急の場合なら連絡するが、それ以外なら無視
  5. 黙って、本来の受信者に転送してやる
  6. 誤送信側、または受信者側に、二度と起こらないように苦情を言う

皆さんは、どうしているんでしょうかね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年8月 6日

拱く = 30代では50%も

「拱く」=「こまく」、「こまく」は「こまぬく」が訛ったもの(広辞苑より)であるから「手をこま」というのは間違いではないが、本来は「手をこま」言うのが正しい

さてその「拱く」の意味を聞かれたら、どう答えるでしょう?

平成20年度に文化庁が行った調査・「‘拱く’の意味は?」

 1位・「準備して待ち構えること」    = 45

 2位・「何もせずに傍観していること」 = 40

上記のようになっていたそうですが、正解は「腕を組む。転じて、何もしないで傍観することを意味する」ですから、答えた人が少なかった2位の方が正解になります。(30代では50%以上の人が1位の間違った回答をした

つまり「手を拱く」ということわざも「何もしないで黙って見過ごす。傍観する」というのが正しいわけですが、多くの人が「準備して待ち構えている」と勘違いしていることになるようです。(「準備して待ち構える」という意味のことわざは「手ぐすねを引く」になる

日本語は書き言葉からできていることが多く、その漢字の解釈の仕方などで本来の意味とは違ってくることが非常に多いのも事実です。

「拱く」が「こまぬく」から訛った「こまねく」が一般的なっているように、意味も1位になった方が正しいことになっていくんでしょうね

ちなみに私は「手を拱く」という意味を「どうしていいか判断が付かず動けない様子」だと思っていましたが、これも間違いだったようです。でも、近いですよねcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日

うねる道路

昨年の東日本大震災、そして100回以上も頻発した余震で福島県内ではいたるところでがけ崩れ、道路断裂、建物倒壊、液状化による地盤沈下が起こりましたが、原発のため復旧工事開始が遅れた太平洋側はまだですが我々が住む中通りと言う地域はかなり復旧工事が完了し始めました。

先日、久しぶりに磐梯熱海温泉へ日帰り休憩入浴のため通称「熱海街道」と言われる本宮市西部を走行したときのことです。

宮市西部地域は近辺では最も液状化現象が大きかったところで、マンホールが1メートルほど迫り出したり、鉄筋コンクリート3階建ての中学校の校舎は一回が潰れ全壊状態になっています。

その復旧工事が進んでいる「熱海街道」を走行していて気が付いたんです。異常にハンドルが左右に振られるのです。油断すると、大きくハンドルを取られそうになるくらいです

見た目の道路表面は平らで何でもないような道路ですが、大地震のためいたるところで地盤沈下した道路がうねる状態のままになっていたのです。

こういう見た目では分からない被害はたぶん復旧工事さることはないのかもしれません。

これから県内の走行は、この状態があることをいつも頭に置いて走ろうと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »